「新宿区・渋谷区の英語教室・英検対策」のウザワシステム教育研究所 年末にあたって - 英語教室・英語学習のウザワシステム教育研究所ダイアリー@渋谷区・新宿区

ホーム > グローバル | テスト | 中学生 | 小学生 | 教育 | 未分類 | 英語 > 年末にあたって

年末にあたって

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

    激動の一年も残り少なくなりました。

    大震災を始め世の中は益々混迷度を増している一年でした。

    そして将来を考えれば子供たちの教育こそ最優先されるべきであるにも関わらず、

    現実の教育はそれから程遠いものがあります。

 

     ウザワは一人でも多くの子供がまともな方法、人間が本来持っている

     自然の仕組みに沿った教育を受けられるように頑張ってきました。

     そして今年はそれが実り始めた年だったと実感しています。

 

     知的教育の基本は小学生、それも低学年の教育にあります。

     従来自分は原理を考え、具体的方法を考えるだけだった、と深く反省し、

     自分自身で小学1年生の英・算・国を自分で教え、もっと大きい生徒たちのクラスも

     たくさん持って4年間が過ぎました。

     その結果が目に見えるようになったのが今年です。

 

      そしてうれしいことに間違っていなかったことを多くの生徒たちが実証してくれています。

 

     その中の一つですが、先日一人のお母さまから大変うれしいメールを頂きました。

 

     今年中学に入ったその生徒さんは、帰国子女受け入れの公立中学に進みましたが、

     2学期が終わって、学年一番をとるほどに英語が出来るとのことでした。

     ネイティヴの講師の評価も高く、勉強としての英語の面では帰国子女を凌ぐまでに

      成長しているようです。

 

     しかも英語はウザワで勉強するだけで、特に家で一生懸命勉強するわけでもなく、

     楽にやっている、その上他の教科も同じようなやり方で楽にクリアしている、

     というお便りでした。

 

     彼女はたしか小2からの入会だったと思いますが、とても気が小さいところがあり

     低学年の頃は授業ではほとんど声も出さず、発表会でもセリフが言えない

     時期が続いていました。

   でもご両親が大変ウザワを信頼して下さっていて、ずっと続けさせて下さいました。

  そして何より有難かったのは、結果が出なくても、こちらの言う通りにして下さったことです。

 

  5年生くらいからめきめきと力を伸ばし、それにつれて気持ちも強くなり、明るい、

  積極諦な性格になっていきました。

  これが人間本来の知的発達だと思います。

  

  すべてのご両親に、このように100%の信頼を頂けることは中々難しいのですが、

  来年もまた、成果を踏まえてご理解いただけるように努力していきたいと思います。

 

  皆様よいお年をお迎え下さい。

  そして来年の世の中が少しでもよい方向へ向くように願っています。

    

 
 

 

   「奇跡の英語術」 フォレスト出版

 

 

         

「日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法」 鵜沢 戸久子著 フォレスト出版  

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

関連する投稿




RSS リーダーで購読する

コメント:0

コメントフォーム
プロフィールと個人設定

トラックバック:0

このエントリのトラックバック URL
http://uzawa-system.com/uncategorized/2011-12-29/%e5%b9%b4%e6%9c%ab%e3%81%ab%e3%81%82%e3%81%9f%e3%81%a3%e3%81%a6/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
年末にあたって から 英語教室・英語学習のウザワシステム教育研究所ダイアリー@渋谷区・新宿区

ホーム > グローバル | テスト | 中学生 | 小学生 | 教育 | 未分類 | 英語 > 年末にあたって

カレンダー
« 12 月 2011 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る