「新宿区・渋谷区の英語教室・英検対策」のウザワシステム教育研究所 「レベル」というのは面白いものです。 - 英語教室・英語学習のウザワシステム教育研究所ダイアリー@渋谷区・新宿区

ホーム > 中学生 | 小学生 | 教育 | 未分類 | 英語 | 高校生 > 「レベル」というのは面白いものです。

「レベル」というのは面白いものです。

こんにちは!

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

木曜日に大学受験生専用のクラスがあり、かなりハードに授業をやっています。

その中の一つにリスニングがあります。

前期はスピードもゆっくりで、量も少ない基礎的なものを使いましたが、

9月からすごいスピードで量も多く、ヒアリングの悪い私にはほとんど聞き取れないような

高度な教材にしました。

すると!今までの点数では20人近い生徒たちがばらばらと分布していて、

高い点数の生徒たちが5,6人固まっていましたが、

難しくなった途端に、一番できる生徒(今度英検一級に挑戦の高2)が一人高い点をとり、

他のできる5,6人が50点以上にバラけ、残りは30点以下にまとまりました。

受験用の問題でも同じで、東大の問題をやらせましたら(今回は受ける生徒はいませんが)、

頭がとてもよいためCDのかけ流しをあまりやっておらず日本語的ですが、いつも最高点を取っていた生徒が30点に落ち、

英語の回路ができていて英語の知識がある生徒たちが高得点をとりました。:grin:

レベルアップしたヒアリングと同じ傾向を示したのが興味深かったです。

リスニングが悪くても受験問題は出来ていた他の生徒も軒並み落ちました。

また、リスニングはいいのですが、英語の量の少ない女子たちも点数が取れませんでした。

レベルを上げると今まで見えなかった能力の差が一気に浮上するのですね:idea:

一流大学の英語をクリアするには英語回路をつくることが先決で、

その上での文法であり、読解力であり、語彙力であろう、と思います。

せめて中学からでもウザワで学んだ生徒たちはよく音を入れますが、

高校から入会の生徒たちはどうしても音を信じないで書く勉強を信頼します。

そして訳はただ英語を日本語にすればよく、文脈も内容も無視です。

文法は答えを聞いて暗記しようとします。熟語もそうです。:cry:

熟語なんて多くは日本人が作ったもので、一つ一つの単語の意味、品詞、使い方がわかっていれば

別に熟語として覚える必要はありませんが、そんなことばかりしたがります。

受験突破のためにはまず「音」、そして文脈であり、英語の構造的な理解です。

それを納得させるために毎年のことですが、日々が闘いです。

小学校での丸暗記力を評価する風潮はここまで続いています。:cry:

 

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

関連する投稿




RSS リーダーで購読する

コメント:0

コメントフォーム
プロフィールと個人設定

トラックバック:0

このエントリのトラックバック URL
http://uzawa-system.com/uncategorized/2009-10-19/%e3%80%8c%e3%83%ac%e3%83%99%e3%83%ab%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e3%81%ae%e3%81%af%e9%9d%a2%e7%99%bd%e3%81%84%e3%82%82%e3%81%ae%e3%81%a7%e3%81%99%e3%80%82/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
「レベル」というのは面白いものです。 から 英語教室・英語学習のウザワシステム教育研究所ダイアリー@渋谷区・新宿区

ホーム > 中学生 | 小学生 | 教育 | 未分類 | 英語 | 高校生 > 「レベル」というのは面白いものです。

カレンダー
« 10 月 2009 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る