「新宿区・渋谷区の英語教室・英検対策」のウザワシステム教育研究所 「馬を水際までは連れて行けるが、水を飲ますことはできない」つづき - 英語教室・英語学習のウザワシステム教育研究所ダイアリー@渋谷区・新宿区

ホーム > 中学生 | 国語 | 小学生 | 教育 | 未分類 | 算数 | 英語 | 高校生 > 「馬を水際までは連れて行けるが、水を飲ますことはできない」つづき

「馬を水際までは連れて行けるが、水を飲ますことはできない」つづき

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

前回のつづきです。

でもやっぱり水を飲んでほしいなぁ、とつくづく思い、水を飲ます方法を色々と考えてしまいます。

実は結構うまくいくこともよくあって、

たとえば勉強が嫌いで、仕方なくウザワに来ている、と顔に書いてある小学生。

いつもお兄ちゃんにいじられていて頭にきています。:evil:

その日もお兄ちゃんのこぼし話をしています。そこでささやきました。

「CDきいたらきっとお兄ちゃんよりずーと英語が出来るようになるよ」:grin:

それから彼は本当に一生懸命英語に向かうようになって、今では英語が大好きです:!:

よく出来ます。

この分ならきっと小学生のうちに少なくても3級、うまくいけば準2級も夢じゃない、と思います。

ある女の子は来ることはいやではないらしいのですが、すべてが人任せで自立度ゼロ、

当然英語もなんとなくは分かるのでしょうが、一見何も知らないように見えます。

お家ではよくCDを聴かせてくださっているのはわかっていました。

時々口にする英語がとてもきれいなので。

そこで自分でCDをかけないか、ときいてみました。無理だ、と言い張ります。

そこでお母さんにお願いして、自分の勉強机の上にデッキをセットしてもらい、

指で押せばかかるようにしてもらいました。

なんと次のレッスンに現れたら、表情まで締まっていて、まるで別人です。:shock:

レッスンも今までが何だったの?とききたくなるほど集中して参加して、

あぁ、今までのレッスンがムダではなかったと感動したほど出来ます。:oops:

小学生はこのようにどこかツボを押すと結構突然水を飲み始めます。

一度飲めば、飲み方も分かり、水の美味しさも分かります。

あとは少々上がり下がりがあっても順調に伸びていきます。

難しいのは中高生、特に受験などで無理やり水を飲まされてきた生徒たちです。

でもまだ生まれて十何年しか経っていません。

きっとそれぞれのツボがあるだろうと思います。

自分で飲む水がどんなに美味しいか!

一度味あわせたいと思っているのですが‥‥。

 
 英語が初めてという方から帰国子女までどんな方でも高い英語力がつく!ウザワシステム

 ウザワシステムは楽な努力で誰でも高いレベルの英語をモノにすることができる、
 今まで誰も思いもつかなかった斬新な方法です。
英語に自信のある人はどんどん高い英語力がつくので満足するでしょう。
英語が苦手な人はいつの間にか英語が一番得意で好きな科目になっていて驚くでしょう。

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

関連する投稿




RSS リーダーで購読する

コメント:0

コメントフォーム
プロフィールと個人設定

トラックバック:0

このエントリのトラックバック URL
http://uzawa-system.com/uncategorized/2009-08-28/%e3%80%8c%e9%a6%ac%e3%82%92%e6%b0%b4%e9%9a%9b%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%af%e9%80%a3%e3%82%8c%e3%81%a6%e8%a1%8c%e3%81%91%e3%82%8b%e3%81%8c%e3%80%81%e6%b0%b4%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%81%be%e3%81%99%e3%81%93-2/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
「馬を水際までは連れて行けるが、水を飲ますことはできない」つづき から 英語教室・英語学習のウザワシステム教育研究所ダイアリー@渋谷区・新宿区

ホーム > 中学生 | 国語 | 小学生 | 教育 | 未分類 | 算数 | 英語 | 高校生 > 「馬を水際までは連れて行けるが、水を飲ますことはできない」つづき

カレンダー
« 8 月 2009 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る