ホーム > タグ > 費用

費用

大学試験にかかる費用はいくらぐらい?

大学受験は合格してから入学金や学費などが必要となりますが、その前に受験にも費用がかかります。
センター試験をはじめ国公立・私立大学の試験を受けるには受験料が必要となりますし、遠方の大学を受験する際は交通費や宿泊費も必要となります。
通常は併願で複数の大学を受験するため、受験大学数や大学の所在する場所によって別途費用が発生します。

センター試験は3教科以上を受験する場合は18,000円、2教科以下の受験は12,000円となっています。
国公立大学を目指す際にセンター試験の費用は必要ですし、センター試験後に国立大学の二次試験を受験する場合は1校につき17,000円が必要となります。

私立大学の受験料は一般的には35,000円となっており、医学や薬学系の大学では40,000円~60,000円と定めている場合もあります。
3校受験すれば35,000円×3で95,000円必要となり、5校受験すれば35,000円×5で175,000円の受験料がかかります。

遠方の大学を受験する際に必要となるのは交通費と宿泊費です。
交通費は自宅と大学の距離によるので一概に言えませんが、例えば大阪から東京へ受験しに行く場合、新大阪駅から東京駅へのぞみで片道約13,000円、往復で26,000円ほど交通費が必要になります。
駅から受験地まで交通機関を利用するなら交通費がさらにプラスされます。
今は飛行機の航空券が安くなっていますので、場所や日程によっては新幹線よりも安いこともあります。

宿泊費についてもホテルによって値段は変わりますし、大学や最寄り駅周辺にあるホテルによっても違いがありますが、宿泊費は8,000円から10,000円ほどかかります。
遠方の大学を複数受験する場合はその都度交通費と宿泊費が発生します。
遠方でも同じ都道府県の大学を近い日程で受けることで費用を軽減するだけでなく、受験生本人の交通の負担を軽減することにもつながります。
受験大学数や受験大学の場所よって増減しますが、遠方の大学を受験した場合にかかる費用は約30万円ほどです。
ですので受験にかかる費用も事前に予定に組み入れておく必要があります。

大学受験までにはどんな費用が必要?

大学受験の準備には、様々な費用がかかるものです。
予備校にもタイプがありますし、浪人生として受験準備をするならばまた別の費用がかかるでしょう。
浪人生のための予備校のコースは、高校と同じように毎日授業があるものですから、費用は現役生よりも割高になるでしょう。

こちらでは、現役高校生が大学準備をするまでにかかる、一般的な費用をご紹介したいと思います。
学年にもよりますが、高校3年生の場合は、週に2~3回、塾や予備校を受講することが一般的でしょう。受講する科目は、私大を第1志望に絞っている場合にはその大学に合わせた科目だけを選んだり、私大のためのコースが設けられているのでそれを利用することになります。
予備校には一斉授業のものと、個別授業のものがあります。
一斉授業の場合、1科目週1回の受講だとすると、10,000円~15,000円程度が一般的で、個別授業の場合は週1講座で月15,000~20,000円程度が一般的です。
パソコンやDVDなど機材を駆使した講座も行われていますが、そのような講座ではもう少し高くなるようです。

大学受験の前に、センター試験があります。
センター試験は3科目以上の受験では18,000円、2科目以下の受験では12,000円で、成績開示を求める場合には+800円がかかります。
次に大学の受験料ですが、国立大学は一律17,000円、私大は2~3万円程度です。滑り止めを増やせばその分費用もかさみます。
私大では、近年受験の多様化が進んでおり、一般入試に出願すればセンター試験が受けられたり、1回の出願で全学部共通日程と、学部独自の日程を両方受けられるところもあります。
滑り止めを確保するにはどうしても入学金を支払わなくてはならず、そのため入学手続きは入学金のみを対象にする学校がほとんどです。

以上を踏まえると、一番お金がかかるところといえば、予備校の費用でしょう。
受講日を増やしたり早くから通わせていればその分費用はかさみます。しかしそれも大学受験を成功させるため。お子さんにもご家庭にも負担にならない程度に受験準備をしていきましょう。

ホーム > タグ > 費用

カレンダー
« 9 月 2018 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る