ホーム > タグ > 英検

英検

品川に新しくネットワーク教室が開講となりました!

新ネットワーク教室が開講となりました!

「ウザワイングリッシュスクール 品川校」

品川区東品川3-10-1

責任者 矢野 いづみ

対象  小学生

お問い合わせ先  090-6038-8857

izm.yano@gmail.com

よろしくお願い致します。

英検は英語学習の最終目的なのでしょうか!

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

    先日お会いした方から、「他の英語塾に比べると4年生で4級というのはずいぶん遅いですね」

    と言われました。

 

  一瞬?と思いましたが、教材を見せて頂いて納得です。

   たくさんの短文が書かれていて(訳つき)、CDもあり、それを子供はご家庭の協力で暗記して

   いくそうです。

 

   そしてもちろん絵本のCDをかけて音読も毎日しなければならないそうです。

 

   英検のための表現、単語もたくさん覚えさせなければならないので、

   お母さんも大変でしょう。

 

   でもこれならたしかに頭のよい子供なら小2,3で4級か3級まで

   なら取れるかもしれません。

 

   ウザワの考えとは全く違うので、比べられても首をかしげるばかりです。

 

   小さいころからこんなに暗記させていったら、随分固い頭になるだろう、

   と私にはその方が怖い気がしますし、長い目でみれば、

   認識は「全体から個へ」であって決して個から全体に至ることはありません。

 

   私が小学生に英検を進めるのは、学校で点数が付くわけでもないので、

   英語を勉強している効果を何か実感してほしいからです。

   要するに英語を勉強する動機づけです。

 

   英検用の勉強は何もせず、いつもの勉強で受かるなら、

   それも一つの刺激だと思っていました。

 

   でも世間がこんなに小学生の英検に価値を置くなら、

   ウザワでは余程生徒が望まない限り小学生は英検など受けず、

   ひたすら本当の英語の勉強をしていくのも悪くない選択肢だな、と思います。

 

   まだ入会して半年ばかりですが、小1から色々と英語を勉強してきていてようですが、

   急速に伸びた生徒さんがいます。

 

   彼は先日4級をやってみたら8割以上できました。

 

   しかし今4級に受かっても意味がないから、と言って受けませんでした。

 

   たしかに彼の英語は4級などでは測れないものです。

 

   日々の授業が充実していれば英検はいらないかもしれません。

 

   英検は2級を取って初めてある実際的な価値が出てきます。

 

   それまでは本当に受けたい人だけ受けるようにしようかと思い始めています。

 

   生徒の英語力を知り尽くしている講師は、英語力は英検だけでは決して測ることが出来ないこと

 を実感していますし、英検が受かったためにうぬぼれてしまう生徒もいます。

 

   1点の差で合格と不合格が出て、落ちれば自信をなくします。

 

   それも人生でしょうが、そういう経験は中学以降でよいでしょう。

 

   今小学生の英語の授業はとても充実しているので、

   きっと英検なしでも生徒たちは楽しく頑張っていくことでしょう。

 

 

 

 

 

「日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法」 鵜沢 戸久子著 フォレスト出版

 

 

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

【英語の資格~工業英語能力検定~】

英語の資格といえば、英検、TOEIC、TOEFLなどが一般的ですが、英語に関連する資格は、それだけではありません。

英語が得意なので、何かに役立てたい…と思っている方は、ぜひ英語を活かせる資格を取得してみましょう。

数ある英語関連の資格の中には、一風変わった語学系の試験もあります。
今回は専門知識を必要とし、公的資格である「工業英語能力検定」をご紹介しましょう。

工業英語能力検定とは、英語検定ではあるものの、工業に関する英語の能力を試されるものです。

工業といっても範囲は様々で、理工系の広い範囲のものが含まれています。

工業英語能力検定で資格を得ると、工業製品を扱う企業への就職が有利だといわれています。
実際に、工業英検合格者に単位を認定する学校も増加しており、会社では、技術者を対象に工業英語の教育をし、工業英検の習得までを実施している企業が増えています。

3級以上を習得しておくと就職に有利で、エンジニア関係者は2級以上は取得しておきたいところ。

工業英検の中で出題される分野は、機械、電気、電子、通信、化学、建築、土木、情報処理などの理工系の内容が主となっており、出題が分類されているわけではなく、すべての分野の内容が出題されます。

特徴的なのが、出てくる単語や理工系の単語が多く、通常の英語検定には出題されることのないような単語が出題されること。

上級になると、英語能力だけでなく、より高度な理工系の専門知識が求められます。

そのため、工業英検は、ひとつの分野に精通しているだけではなかなか合格につながらず、幅広い分野での知識が必要とされていることが特徴です。

合格率は、3級で50%、1級では6%程になります。

就職が有利になる工業英検ですが、企業内では、技術的な翻訳や通訳としての業務に携わる有資格者が多いようです。

また、独立して工業英語専門の翻訳家として活躍している人もいます。

工業と英語、という2つの専門知識が必要だからこそ、より知識が豊富であることが認められ、よりやりがいを感じる業務にあたることとなるでしょう。

【英語の資格~翻訳技能認定試験~】

英語の資格といえば、英検、TOEIC、TOEFLなどが一般的ですが、英語に関連する資格は、それだけではありません。

各分野で特に必要とされる英語のスキルを測るための資格が、その他にもたくさん存在します。

英語が得意だけど、どこで活かしたらいいのか…なんて方は、英語の資格取得に挑戦してみてはいかがでしょうか。

今回はそのたくさんの資格の中から、翻訳技能認定試験をご紹介したいと思います。

翻訳技能認定試験とは、社会法人日本翻訳協会が主催しているもので、「英訳・和訳」をはじめ、中国語の資格も取り扱っています。

平成15年からは「公的資格」ではなく、「民間資格」として新たな制度が始まりました。
1~4級および基礎級に分けられ、専門分野によって4つの分野が設定されています。

A部門は文化、芸術、スポーツ、レジャー。

B部門は法律、政治、経済、社会、財政・金融など。

C部門は工学、化学、科学、機械、電気、情報処理など。

C部門は医学、薬学、バイテクノロジー、農林・水産など。

合格基準のめやすとなる能力は、以下のように定められています。

翻訳技能認定試験1級は、すでに社会的に一流と認められていることが条件で、英訳の実力はもちろん、日本語としての美しく完成度の高い文章を備えていることが能力基準です。
また、実務経験6年以上程度の能力を持っている人に与えられます。

翻訳技能認定試験2級は、一流のレベルに達していなくても、訳した文章が実用するに値する程度の能力を持ち、実務経験3年以上程度の能力を持つ人に与えられます。

翻訳技能認定試験3級は、上級者の人に指導してもらいながら翻訳ができ、それが実用に値する程度の能力をもち、実務に就くための言語理解力や専門知識の基礎を持ち合わせている人に与えられます。

翻訳技能認定試験4級は、上級者の人に指導してもらいながら翻訳ができても、実用には値せず、相当の修正が必要とされるレベルです。

翻訳技能認定試験 基礎級は、翻訳業務に就くための、基礎的英語力が必要となります。

プロとして活躍している翻訳家は、2級以上の資格を取得していることが多いといえます。

英検の結果について二つのトピック

こんにちは。

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

今回ほぼ中1から入会の中2が2級に合格しました。:razz:

小6で入会しましたが中学受験中のため、ほとんどCDもかからずに終ったので、

事実上は中1からです。

帰国子女や、小学校からウザワや音が入っている英語教育を受けていた生徒の中には中2で2級合格もありますが、

中1から英語を初めて習い、たった2年で2級合格は快挙です!:shock:

確かに頭のよい生徒ですが、必ずCDがかかり、毎回必ず宿題を提出していました。

本当にこちらが言う通りにやってきた2年間でした。

そしてそれを為し得たのは本人の「やる気」に尽きるように感じています。

中1用のLittle Womenを9月には終えて、

10月からは中2用のDaddy Long Legsに加えて大学用教材のStory of Englishを併用しました。

Daddy の方はほとんど一人で読み、訳し、暗記ができるようになっていました。

公立中学ですが、帰国子女受け入れ校とのことで、すでに2級を持っている友達がいるようで、

準2級が合格していたので、本人から2級に挑戦してみたい、という申し出がありました。

文法もすでに話法まで進んでいましたので、学校の進路を気にする必要がまったくなかったので、

12月からは週2回2時間の授業はCD教材の一連の活動以外はすべて2級の過去問をやらせました。

もくもくと一人で取り組んでいました。

そして40%くらいから始めて、12月末にはとうとう合格点近くまで伸びていきました。

1月に入ると下降し始め、無意識に蓄えている英語を探り、回路を繋げて正解する、

という作業が限界に達したかのかもしれない、と感じていました。

ところが本番、ギリギリですが合格していました:!:

どんなにかCDをかけたのでしょう!

そして一人で頑張って問題に取り組んできたこと

(間違いを直すときも正解は教えても説明は何もしませんでしたし、本人も単語を覚えたりすることは皆無でした)

それが本番の結果だったと思います。

本番での彼女の脳の中はめまぐるしく活動していたはずです。

意識的に理解し記憶しているものだけが知識の全てではないことを、しっかり証明してくれて、

その意味でも大変嬉しいと思います。:oops:

一方で特に小学生の英検では、合格してもしなくても、偶然合っているだけで何も分かっていないので、

正解が出せても意味がない、というご両親からの反応が結構ありました。:cry:

だんだんにご理解下さるだろうと考えていますが、無意識、半意識の知識の存在がどんなに大きいか:!:

そしてそれがやがて明確な知識に育っていくというプロセスは、理解して頂くのが本当に難しいと、痛感しています。

生徒たちはきっと自分達は英語がわかっている、と肌で感じていると思いますが‥‥。

「日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法」 鵜沢 戸久子著 フォレスト出版

 

 

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

認識の「裏の道」

こんにちは!

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

あと2週間弱で英検です。

小学生たちは物語の読みや訳や暗記の他は、英検の過去問を解くことに専念しています。

単語も分からないだらけ、文章の内容もどこまで読み取っているか分からない、そんな状態の中で、

どうして正解してくるのか、分かるはず、と確信しているので、小3に5級とか、

小5に3級を受けさせるわけですが、その私でもしばしば、どうしてそれを選んだの?

と聞きたくなります。:shock:

絶対ききませんが‥‥。急速に伸びてきた4,5年生のクラスがあって、

去年の10月に5級、1月に4級に合格した生徒たちは、当然のように3級に挑戦しています。

私は彼女らが学んできた英語は全部知っていますから、

perform message continue boring believeなどなど、どうしてこういう単語を的確に選んでくるのか、

不思議です。:shock:

小3で4級挑戦の生徒たちも、35分の間になぜこんな量の英文を読んで、

正解を出してくるのか、これもまた不思議です。:shock:

さて種明かしはこういうことです。

これはいわゆる脳の「裏の道」を使っています。

人間の脳の仕組みには、本人はまったく意識しない「裏の道」があって、

正しい判断を出す、と言われています。

よく、理屈ではこうなるけれど、でも絶対こっちがいい、と思うことがあり、

それは結果として正しい選択になりますね。

多分本能的な判断でしょう。

生徒たちの裏の意識が、無意識層に溜まっている英語を使って、正解を出しているのです。

だから「どうしてそれを選んだの?」は禁句です。

そう聞かれた途端に、目が覚めたように表の道に出てしまい、浦島太郎のように、

一気に現実の小5、現実の小3になって、「こんなの分からない、難しいからいやだ!」となってしまうからです。

そっと、そっと、おだてて、楽しく当てさせています。

低学年には「匂いをかいでごらん、いい匂いがするのが正解だ」と冗談を言いますと、

本当にくんくんやるので笑ってしまいます。

小学生のうちに「裏の道」の使い方を覚えると、一生役に立つことでしょう。

こういう話をすると「怪しい‥‥」と思われそうですが、

ウザワシステムが絶対に怪しげなものではありませんのでご心配なく。

 

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

人には「潜在的な知識」があることを分かって下さい!

こんにちは!

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

また英検の時期になり、どういうわけが小学生たちは燃えています。

きっと学校で成績がつくわけでもないので、無意識に自分の英語力を計りたいと思っているのかもしれません。

こちらとしては、識字力を強くするために、

そして潜在的な英語力を使えるものへ転換する手段として、

英検を受けさせているのですが。

 さて、余りCDもかからず、宿題もほどほど、授業ではしばしば眠くなるような小3でも、

週一回、休まずに通い、必ず発表会に出て(これは大きいです)いれば、最初から5級を5割近く正解します。

するとおうちでは、「みんな当てずっぽうだから、これでは役に立たない」と心配します。

毎回のことですが、今もそんなお母様方の声に気をそがれます。

簡単な単語やちょっとした会話?しか知らない小3に英検5級をやらせたら、ほとんど正解しないでしょう。

まして、中1から英語を始めた中3が2級に受かるでしょうか:?:

当てているように見えますが、ウザワの子供たちは、実はとてもたくさんに英語が潜在的にあって、

それを使って無意識に正解しています。

ウザワの根本的な考えである、「すべては全体から個へ」「たくさんの潜在的な情報を入れて、

それから個々の情報を意識させていく」という考え、そこが一番世間に分かってもらえないことだと、

痛感しています。:neutral:

英語だけでなく、すべての教育において、多くの大人がそこさえわかっていたら、

どんなに子供たちは楽しく、高度な知識を習得できることか。。。。

世の理解のために努力を重ねていこう、と思っています。:razz:

でも一方で人の気持ちを変えるほど難しいことはない、ということもよくわかります。

私もきっと専門外のことは同じように世間的な考えに固執していて、

専門家を悩ませている一人なのだろう、と思います。

 

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

発表会後の小学生英語クラス

こんにちは!

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

緊張して、そして満足した発表会のあと、どのクラスもなんだか一皮剥けたような、

少し大人になったような、そんな感じの子供たちでした。:oops:

何人か高学年で中々文字が読めるようにならなかった生徒がいましたが、

みんな文字が読めてきていて、当然とは思いながらも内心とても嬉しい思いでした。:razz:

特に英検5級が、リスニングはほとんど満点なのに文字が読めないためにライティングが取れず、

2,3点足りず、ある時は1点足らなくて不合格だった生徒が、

初めて担当してちょっといじったら、すっかり読めるようになりました。:roll:

一気に読めるようになるということは、この子の脳には英語の卵は本当にたくさんあるということです。

それが孵り始めた-意識し始めた-ことですね。:!:

その子の脳の中で英語の卵があちこちで、パチパチ孵っているのをイメージした次第です。

学校にしても、塾にしても、子供は多分教育の場にいさえすれば、どんなにぼーっとしていても、

潜在的に情報が入り、卵を作ることは出来ていると思われます。

これは多分どの教師でもできます。

でもそれを意識化することは、難しい。:neutral:

日常生活の中でも、本を読んだり、大人の話を聞いたり、

テレビを見たり、ゲームの中かれでさえ、多くの知識の卵は得られます。

だから学校や塾の本当の役目は実は子供の脳の卵を意識化して使える知識にすることだ、と思うのですが。

受験塾は一見それが出来ているように見えます。

しかし、それは一部の大変頭のよい生徒だけで、あれほど難しい中学入試の勉強をしてきた中学生が、

国語も数学も基礎さえできていなくて驚くことが多くあります。

時間と能力の許す限り、私自身そこをもっともっと極め、そして熱心な教師なら、

必ず生徒の卵を使える知識に孵すことができる方法を伝えていきたい、と思っています。:oops:

ここで、講師の交替があるのを機会に、今まで他の講師に任せていた土曜日の小学生も、

しばらくはみんな担当することにしました。

これだけ現場に直接関われば、きっともっと何かを見つけることができるだろう、と期待しているところです。:razz:

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

ウザワはみんなができるようになる教育を目指しています!

こんにちは!

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

先日小2で英検2級を目指したいのですが、と問い合わせをもらいました。

うちはそういうことには余り適していないので、とお断りしました。

ウザワでは多くの英語が出来る生徒が育っていっていますが、そう言う教育は目指していません。

とても優秀な子供が、或いは時間とお金をたくさんかけて、

小さいのに驚くほどの学力をつけることは十分にありますが、ただそれは特殊な例だと思います。

私は教える仕事を始めたときからずっと、みんなが伸びる教育がしたいと思いましたので、

入会希望の方はすべて受け入れ、一杯になればそこでお断りしました。

中には、入会の時に、小学生でも通信簿を見せてもらい(英語なのに)頭のよい子しか取らない、

というフランチャイズの先生もいました。

それはそれで別に悪いことではなく、その方は長く仕事をされて多くの優秀な生徒を育てました。

ただ、私は違う立場から指導法を模索し続けています。

というのは、栄える国とは、少数の優秀な人々ではなく、

多くの優秀な普通の人々が支えている国だと考えているからです

私は誰でも伸びると信じています。:oops:

全員が5が取れるという意味ではなく、今日より明日、明日より明後日、と伸びて続けるという意味です。

今の日本はまったく逆の方向に行っています。

特に人気にある「能力別クラス」というのは、人間の脳の仕組みをまったく無視した教育だと考えざるを得ません。:cry:

人間の脳ほど複雑で面白いものはありません。

まったく出来ないと思われていた生徒が後でどんなに伸びるか、これは本当に驚きです。:shock:

能力別にしたらそういう生徒は結局伸びないままで終ります。

これは罪ですね。

だからウザワは時間数も授業料もほどほどで、多くの普通の家庭の子供さんに来て欲しいと考えています。

その限られた時間とお金の中でどれだけよい教育が行えるか、どれだけ効率よく学力をつけられるか、

それを追求してきましたし、今でももっと、もっと、よい教育がしたいと模索しています。

優秀な子供が小2で2級を取るためのものではなく、

普通の子供たちがみんな小2か小3で5級がとれるようにしたい、

そしていつまでも伸び続け、コミュニティを支えるしっかりした大人になるための基礎を育てたい

それがウザワのテーマです。:oops:

 

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

英検の結果後の初クラス

こんにちは!

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

  8名全員が5級、4級、3級をそれぞれ受けた4、5年生のクラス、残念ながら3名がもう少しで不合格でした。:cry:

 でも彼らもこの1ヶ月本当によく頑張り、文字が読めてきて、潜在的な英語が急に意識されるようになりました。:grin:

一人はあと1点でした。

これから急速に意識的な英語力がついてくるでしょう。

新入でまだ力不足は十分に知りつつも挑戦した生徒もぐんと伸びました。:oops:

3月の発表会に向けて、配役を決めたのですが、みんな満足感があるらしく、いよいよ熱心でした。

 このクラスは入会以来騒いでクラスを妨害し、無理にやらせればすぐトイレに行って帰って来ない、

水を飲みに行って戻ってこない、など集中が5分も続かないという生徒がおり、

若い講師は完全にノックアウト、クラス崩壊の危機になり、止むを得ず私が時間を無理して担当したクラスです。

担当して直ぐに彼は本来は頭のよい生徒だと思いましたので、

「人の迷惑にならない」「親御さんがお金を払っているのだからいやでも勉強しなさい、」

と相当にきびしく勉強させてきました。

彼も怒って、止めてやる、などとサブ講師に随分文句を言っていたようでした。

今回5級(多分4級合格の力はあると思いますが)を受けたいとうまく思わせ、

それなりに勉強させました。

集中力がないので本番心配しましたが、無事に合格しました。:razz:

するとどうでしょう!:shock:

何と:!:入会以来1年8ヶ月、初めて2時間集中して顔を真っ赤にして勉強していました!!

今度の6月には4級が取れるかもしれません。そうすればまた、やる気を出していくでしょう。

担当した頃のみんな白けてのってこなかったクラスの様子を思い出し、じーんとくる嬉しさがあります。

当然これから何度も山あり、谷ありでしょうが、今だけでも喜ぼうと思っています。

そして子供(大人もそうですが)を変えるのは「ことば」ではなく、目に見える結果なのだと改めて思いました。:neutral:

どんな生徒でも、なにかやる気を起こさせ方法があるはずだ、と模索するのですが、それが中々分かりません。

この年まで40年、一筋、そればかり考えてきて、このごろやっと少し分かってきたかもしれません。

4年で4級に受かった私立の生徒が「先生、学校のテスト見たい?」と聞きます。

「見たいな、よかったの?」と聞きましたら、

「うん!50点満点でみんな出来たぁ~。今度土曜日(国語のクラスです)もってくるね、」と言いました。

本当に可愛いです。:oops:

土曜日が楽しみです!

  

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

ホーム > タグ > 英検

カレンダー
« 10 月 2017 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る