ホーム > タグ > 習慣

習慣

風邪予防に効果がある5つの簡単な習慣

受験シーズンの冬は風邪という天敵が存在する季節でもあります。

風邪をひかないように気をつけていてもひく時はひいてしまいますが、予防次第で風邪をひく可能性を大幅に下げることができます。

ごくごく簡単な風邪予防と注意点をまとめてみました。

●手洗いうがいをする

風邪予防の基本中の基本ですが、手洗いうがいは最も効果の高い風邪予防法です。

外出するとウイルスを吸い込んでしまうため、うがいでウイルスを取り除きます。

まずはハンドソープでしっかり洗って雑菌を落とし、それからうがいをしましょう。

うがいをする場合も最初の1回は喉でうがいせず、口の中をゆすぎましょう。

1回目からうがいをしてしまうと、口の中のウイルスが喉の方へ運ばれてしまいます。

1回目は口内をすすぐだけにし、2回目以降にしっかりうがいをしましょう。

●湿度を40%以上に保つ

風邪のウイルスは乾燥を好むため、部屋の湿度は常に40%以上をキープするようにしましょう。

乾燥しているとウイルスが室内を浮遊してしまいますが、湿度があるとウイルスは重さで下に落ちていくため、風邪をひきにくくなります。

●マスクをする

よくマスクをしていてもウイルスを防げないと言われますが、マスクはウイルスの侵入を防ぐだけが目的ではありません。

ウイルスは乾燥を好むため、マスクをすることで口の乾燥を防ぐことができます。

●充分な睡眠をとる

睡眠不足になると体力が低下し、ウイルスへの抵抗力が弱まってしまいます。

ウイルスに負けないように睡眠は充分とりましょう。

●充分な栄養をとる

睡眠と同じですが、体力を維持するためにしっかりと栄養をとりましょう。

ビタミンA、Cを摂取し、栄養バランスがとれた食事を心がけましょう。

これらの風邪予防は簡単にできる上、どれも効果が高い予防法です。

特に帰宅してからすぐの手洗いうがいは風邪予防に高い効果を発揮します。

水でのうがいでも充分効果がありますので、風邪をひかないために手洗いうがいは習慣づけておきましょう。

風邪を予防する正しいうがいの方法

寒くなってくると風邪をひきやすくなります。

風邪は人からうつることが多く、ウイルスが原因で風邪をひいてしまいます。

風邪よりも怖いのがインフルエンザで、インフルエンザが流行する時期は特に注意が必要です。

受験は1~3月に行われるわけですが、冬のまっただ中であるこの季節は特に風邪がひきやすいです。

せっかく1年間頑張って勉強しても試験当日に風邪をひいてしまっては実力が発揮しきれません。

受験生にとって風邪は天敵であり、風邪をひかないよう体調管理をしなければなりません。

風邪の予防に一番効果があるのはうがいと手洗いです。

昔から帰ったらすぐにうがい・手洗いをしなさいと言われていますが、風邪の予防に効果があるため昔から言われているのです。

うがいは風邪のウイルスや細菌を取り除くために行なうのですが、うがいをする人としない人では風邪の発症率が40%も違うという研究結果も出ています。

うがいをするだけで効果的な風邪の予防になるため、帰宅したらまずうがいをしましょう。

手洗いをしてからうがいをするのが正しい順番です。

手にも細菌が付いていますので、その手で水をすくってうがいをすると自ら細菌を体に運んでしまうことになります。

ですのでまず手を石鹸やハンドソープでよく洗ってからうがいをします。

次にうがいの方法ですが、回数は3~5回行ないます。

1回では効果が薄いので最低でも3回はうがいします。

正しいうがいの方法は1回目は口に水を含んですすぎ、2回目以降で上を向いてガラガラと喉をすすぎます。

喉だけでなく口の中にも細菌が存在するため、いきなりガラガラと喉をすすぐと口内の細菌を喉に運んでしまうことになります。

ですので1回目のうがいではガラガラしないようにしましょう。

2回目以降のうがいで10秒ほどガラガラと喉をすすいで終了です。

3回うがいするだけでも風邪の予防効果が大きいですので、帰ったら必ずうがいをしましょう。

昔から言われているうがい・手洗いをしなさいという教えは、ちゃんと根拠があるのです。

夏休みの宿題の意味は?

少し時期はずれですが、夏休みなどの長期休暇での宿題の意味についてちょっと考えてみましょう。

夏休みの宿題というのは学習したことを忘れないため、勉強の習慣を損なわないため、といった意味があります。

もし夏休みの宿題がなかったとしたら、自主的に学習しようとする子供は少ないのではないかと思います。

ある意味強制的に勉強させるというのも夏休みの宿題であると言えなくもないですが、全ての子供に同じ内容、同じ量だけの宿題を出すというのは教育的観点から見れば少し無茶な気もします。

学習の速度というのは子供によって異なるので、本来ならば子供ひとりひとりに合わせた宿題の内容・量を考えるべきです。

しかし学校の先生がひとりひとりの宿題を考える時間があるのか、と聞かれれば難しいと言わざるを得ないでしょう。

それに子供によって宿題の量を変えるとあの子は宿題が少ないのに私は多い、という不満にもつながりかねません。

この辺りはすごく難しい問題ですが、現実的に夏休みの宿題は公平に出されるのが一般的ですのでそういった不満はないでしょう。

親が夏休みの勉強を見るというスタイルをとれば、子供に合わせた学習が期待できますが、それも現実的には難しいです。

そうなると現状では夏休み中の学習は、公平に出さざるを得ないということになります。

ただ、宿題の量が多すぎるというケースもあり、先生がうまく量や内容をコントロールすることも必要だと思います。

そういえば、サザエさんに登場するカツオくんは宿題をやらずに遊んでよく怒られてますね。

カツオくんは遊びたいざかりの年齢ですので宿題せずに遊びに行ってしまうのもよく分かります。

宿題というのは学習習慣を身につけることがひとつの目的なので、カツオくんはまだ学習習慣が身についていないということですね。

宿題という形で強制的に学習をさせられるよりも、やはり自主的に復習や予習をした方が身につきますので、宿題が与えられなくても学習ができる習慣が身につくのが一番です。

有名な洋楽曲のタイトルで学ぶ楽しい英語勉強法

英語を楽しく勉強する方法として、洋楽の歌詞を勉強に取り入れる方法を以前紹介しましたが、今回は洋楽の曲のタイトルで英語を学ぶ方法を紹介します。

やり方は至って簡単で、有名な曲に含まれる英単語や熟語を調べるだけです。

普段は何気なく聴いている曲も、曲名に含まれている言葉を知れば語彙力アップにつながります。

調べるのは自分が好きな曲でいいのですが、ここでは有名な曲のタイトルをいくつか紹介するとします。

「My heart will go on」

映画『タイタニック』の主題歌として世界的にヒットしたセリーヌ・ディオンの曲です。

「go on」は「続ける、存続する、進む」という意味があり、「My heart will go on」は「私の心は生き続ける」「私の想いは色褪せない」という意味です。

曲名なので意訳されることが多いですが、自分なりに意訳してみるのも勉強になりますね。

「Time To Say Goodbye」

織田裕二主演の映画『アマルフィ 女神の報酬』の主題歌にも使われたサラ・ブライトマンの代表曲です。

この曲はイタリアの歌手、アンドレア・ボチェッリの代表曲『Con Te Partir?』を英訳して歌われた曲です。

「Time To Say Goodbye」は英語の歌詞によく出てくる表現で、「別れを告げる時が来た」という意味で使われます。

親しい人と別れる際に使う表現です。

「Heal The World」

世界平和を願うマイケル・ジャクソンの曲です。

「heal」は「癒やす、治す」という意味の英単語で、「世界を癒やそう」という意味の曲です。

「Hard To Say I’m Sorry」

1982年にリリースされて大ヒットしたアメリカのロックバンド・シカゴの代表曲です。

邦題は「素直になれなくて」となっており、邦題の方を知っているという人も多いのではないでしょうか。

「hart to」は「~し難い」という意味で、「hart to say」は「言い難い」という意味です。

つまり「I’m Sorry」を言いたいのに言えないことから、「素直になれなくて」と意訳されています。

こうして曲名の意味を紐解けば、邦題が付けられた意図もよく理解出来るので面白いですね。

記録をすることで勉強の継続力を身につける

「記録」は勉強を継続する力を身につける方法としてとても有効です。

頭の中で目標を決めて勉強をするよりも、紙やパソコンに目標や達成度を記録していくことで継続力が身についていきます。

勉強の達成度を視覚化することでモチベーションを維持しやすくなりますし、今どれだけのペースで自分が最終目標に向かっているのかを常に確認することが出来ます。

記録は簡単なチェック表やグラフで構いません。

例えば一日に参考書を何ページ解くのか、単語をいくつ覚えるのか、どれだけ予習・復習するのかなど勉強したことを書いてみましょう。

目標だけでなく、達成した事項も書いておきましょう。

パソコンを持っているならエクセルに記録していってもいいですね。

毎日記録をつけるのは面倒だと感じるかもしれませんが、記録をつけ始めると目標を達成するという楽しみが出来てきます。

達成出来た日や達成出来た目標に◯をつけていき、一日ずつ◯の数が増えていくほど充実感・達成感を得ることが出来ます。

逆に出来なかった日にきちんと☓をつけると明日はちゃんと達成出来るように頑張ろうという気持ちになります。

例えばランニングを毎日継続しようと思ったら、どれだけの距離を走ったのかを毎日記録すると挫折しないで継続しやすくなります。

目標を達成して記録表に◯をつけるのは自分へのご褒美です。

達成感があればまた明日も頑張ってランニングしようと思えますよね。

記録することは誰でも出来ますが、継続して目標を達成し記録を続けることは誰でも出来ることではありません。

勉強を続けられる人と続けられない人の差は、一日一日目標を達成し継続する力です。

急に勉強が出来たり知識が増えるわけではありませんので、一日一日コツコツやっていくしかないのです。

継続していくことで確実に目標に近づいていくことが出来ます。

目標に近づいていることを確認するために記録が役に立つのです。

勉強を継続するには無理せずペースを守る

勉強をやるぞ!と思って一日、二日、三日目もなんとかは頑張れるものの、三日目を過ぎたあたりからモチベーションが下がっていつの間にか三日坊主になってしまうということはないでしょうか?

大人、子供に限らず多くの人がそんな経験をしたことがあるでしょう。

せっかくやる気を出したのに三日坊主で終わってしまうのはもったいないですし、継続出来なければ目標を達成出来ません。

ではなぜ三日坊主になってしまうのか?

まずはじめに根本的な原因から考えてみましょう。

三日坊主でやめてしまう一番の原因は無理をしてしまうことです。

スタートダッシュで勢いよく始めた時は少々無理をしていることが多く、モチベーションが下がった時にしんどさを感じてやめてしまいます。

モチベーションをずっと維持出来ればいいのですが、集中力と同じでずっと高い意志を持ち続けるのはなかなか難しいです。

ではどうすれば継続して勉強が出来るか?

勉強方法は人それぞれですが、無理せず継続出来るように計画を立てて勉強してみましょう。

自分でペースを決めて勉強することで継続しやすくなります。

その日の気分や体調でペース配分を決めてしまうと、気分が乗らない時にさぼってしまいがちになります。

「昨日頑張ったから今日は少なめで」というように考えてしまうとペースが乱れますし、さぼる言い訳を探してしまいます。

一日のうちに自分が達成出来る勉強する量を決め、ペースを決めて毎日勉強することで継続力が身につきます。

体調が優れなくてしんどい日もあることでしょう。

そういった日もいつもと変わらず勉強をすることが出来れば三日坊主で終わらず、継続して勉強出来るようになります。

試験前など頑張って勉強時間を多くしないといけない場合もありますが、毎日の勉強を継続するには無理をせずペースを守って一日の目標を達成することが大切です。

これまで勉強が三日坊主で終わってしまった経験がある人は、まず自分がクリア出来る一日の目標を設定し無理せず一日一日ペースを守って勉強してみましょう。

そうすればきっと継続して勉強が出来るようになります。

シュタイナー教育とは?~シュタイナー教育の基本理念②

シュタイナーは、人間が生まれながらに持っている個性と、親からの遺伝の混合によって人間性が作られると考え、その気質を4つのタイプに分けました。

タイプ別に、その子どもとの正しい接し方を提示しています。ただし、子どもはどれか1つのタイプに当てはまるのではなく、4つの気質を持ち合わせているということには注意しなければなりません。その時々の気質に合わせて接することが必要です。

・胆汁質

自己主張がはっきりしている・意志が強い・決断力と行動力がある・些細なことで周囲と衝突を起こす・自分の能力が認められると行動力と集中力を発揮する・意志が通らないと癇癪を起こし、激しく反応する・土をしっかり踏みしめるように歩く

胆汁質の子どもに対しては、子どものやっていることに注目し、関心を持つことが大切です。常に向上心を持っているタイプなので、少しハードルの高い課題を与えるといいでしょう。逆に、ハードルの低いものやレベル相応の課題を与えると、簡単にクリアしてしまうことで自信過剰になる恐れあり。エネルギーを発散させるようなはけ口があることで、バランスをとれるようになります。

・憂鬱質

非社交的・敏感で傷つきやすい・物事を悲観的に考えやすい・自分に対しての関心が強い・重そうに、引きずるような感じで歩く

憂鬱質の子どもは、大人が辛い体験を話すと共感します。悲しい体験をした人を愛するタイプであり、そのような人が周りにいないと孤独感を感じてしまいます。

・粘液質

人から注目されることが苦手・休むこと、食べること、眠ることが好き・おっとりしている・一度やる気を起こすと長続きする・歩き方はゆったり確実

粘液質の子どもには、興味をもっていろいろと気づいてあげることが大切です。しかし、「ほうっておいてほしい」と思っているため、気づいたことを子どもに伝えると嫌がります。親の反応に刺激を受けることで、自ら関心を持つようになるのです。

・多血質

いろいろなことに関心を持ち、一つのことにじっくりと取り組む・活気に満ちている・楽観的・人当りが良く優しい・刺激を受けやすく、喜びや悲しみに敏感・新しいものに関心をもつが、長い間集中できない・飛び跳ねるように軽やかに歩く

多血質の子どもは、常にキョロキョロ焦って行動することも多いので、大人がゆっくりと導いてあげることが必要です。または、子ども以上にせかせかした行動をとり、子ども自身に気づかせてあげる方法もあります。

親の喫煙は、子どもへの悪影響を避けられない!

近年、禁煙への意識が高くなり、喫煙をする人が減少しています。しかし、まだまだ喫煙者は多く、絶対に辞めないと公言している人もよく見かけます。

ご家庭では、どうでしょうか。父親が食後に一服…というのは以前はよくある光景でしたが、最近ではそのようなご家庭も減っているのではないでしょうか。

タバコを吸う人よりも、その副流煙を吸っている周りの人の方が健康を害するといわれていますが、特にお子さんには多大な悪影響を与えてしまいます。

特に呼吸器系への影響は大きく、急性気管支炎、肺炎、喘息などを起こしやすくなり、発作の回数を増やしてしまう原因にもなります。副流煙を吸ったことで、気管の感染防御機能が妨げられてしまい、異物が外部へと運び出されにくくなることが原因です。

耳や鼻も同じで、感染防御機能が妨げられることで、中耳炎などの炎症が起りやすくなります。

また、免疫力の低下も引き起こし、知能低下や発育障害などの原因にもなってしまいます。

受動喫煙をさせないために、ベランダや換気扇の下でタバコを吸う方もいるでしょう。しかし、これでは子どもへの悪影響は避けられないことがわかっています。

実は、喫煙者の呼気には、発がん性物質を含むタバコの有害物質が多く含まれています。

子どもから離れた場所で吸っても、その後に子どもに話しかけることで、子どもへ有害物質を吐きかけてしまうことになるのです。

子どもへの悪影響をなくすためには、親がきっぱりとタバコをやめるしかありません。

また、両親ともに喫煙者である場合、子どもの喫煙開始に大きな影響を与えます。両親ともに非喫煙者の場合は、子どもの喫煙率は一番低いそうです。特に、母親が喫煙していることが、子どもの喫煙開始時期を早めるといわれています。

タバコによる多くの悪影響をお子さんにもたらさないよう、もしもご家庭で喫煙者がいるならば、是非禁煙を考えてみるべきでしょう。

教科書を上手につかって勉強しよう~中学社会編

どんな教科であっても、勉強の基本となるものが「教科書」です。教科書は、その教科を習得するために上手にまとめられているものですから、教科書だけで勉強をしても必要な知識はすべて得られると言っても過言ではないでしょう。

教科書を授業中にただペラペラとめくっているだけではきちんと頭に入りませんから、上手に教科書を使っていく方法を知っておきましょう。

こちらでは、テスト対策のためにどのように教科書を使っていくべきかをご紹介しています。

教科書の中でも、学校に置いたままにしてしまう確立が高い教科書が、社会の教科書です。ほとんどの人が、学校でしか使わないのかもしれません。

でも、社会の教科書は勉強しなければいけない個所がとってもわかりやすくまとめられています。

社会は、小学校の頃だったら授業中に全て覚えてしまうことも可能だったかもしれません。特に興味がある項目だったら、飲みこみも早いものですよね。しかし、中学になるとなかなかそうはいきません。

中学一年生のうちは、復習に力を入れることをお勧めします。

まずは授業中にその日勉強した内容を理解し、家に帰ってからはその日勉強した範囲の教科書を毎日読むようにしましょう。

社会に苦手意識がある人でも、これを毎日続けるだけで大変良い定期テスト対策になります。

中学の社会は、暗記が重要です。しかし、暗記が大切だからとテスト前まで復習を怠り慌てて詰め込んだとしても、やはり本当に身になりはしません。

また、人名や歴史的事件名をそのまま暗記するのではなく、人間関係に注目して読み物として教科書を読んでみましょう。あれだけ簡潔に書かれている書籍は教科書くらいですから、すんなりと頭に入ってくることでしょう。他の参考書を一旦読みこんでから、重要なところは教科書で知る。この繰り返しの勉強法で、少しずつ身についていくはずです。

復習の一つとして教科書を毎日読むことは、少しの時間でできますが、いい勉強方法になることは間違いありません。

受験生は夏休みの過ごし方で差がつく!

高校や大学の受験を控えている受験生の、キーワードとなるのが「夏休み」です。
夏休みの過ごし方により、受験勉強のはかどり具合も大きく違ってきますので、受験生は夏休みに入る前に学習スケジュールをしっかりとたてるようにしましょう。

では具体的に、受験生は夏休みをどのように過ごすべきなのでしょうか?
夏休みに過去問題集で学習する受験生も多いかもしれませんが、夏休みに過去問をするべきではありません。
過去問で出題されている問題にはまだ習っていないものも含まれていますので、つまずいてしまう可能性があります。
夏休み中の学習は、受験へのスタートダッシュとして自信をつけておきたい期間ですので、なるべくつまずかないような学習法を選ぶのがベスト。自主的に過去問に取り組んでもかまいませんが、その点にはぜひ気をつけるようにしましょう。

夏休み中は、受験勉強というよりも、今まで学習した内容のまとめをする気持ちで臨みましょう。
分厚い参考書を購入する必要はありません。学校でもらったテキストなどを学習しなおすことから始めましょう。
社会などの暗記が主のものは、受験前に一気に追い込みをかけることも可能ですが、数学や英語はしっかりと復習し、それが応用できるようにならなければなりません。
夏休みとはいわず、できる限り早い時期から復習に取り組むようにしましょう。
試験は、教科書の順番通りに出題されるわけではもちろんありません。
試験のことを考え、順不同で復習していくのもいいのではないでしょうか。

しかし、一人で、今まで学習してきた内容の総まとめをするのは難しいかもしれません。
そこで、夏期講習を検討してみるのはいかがでしょうか。
効率的に受験勉強をできるだけでなく、ライバルたちに囲まれて、切磋琢磨できるはずです。
一人で勉強するよりも、断然受験への気持ちも高まるでしょう。

夏休み中は、復習することで苦手を克服し、受験へと気持ちを切り替えていくための受験勉強を始めることが、何よりも大切です。

ホーム > タグ > 習慣

カレンダー
« 8 月 2018 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る