ホーム > タグ > 海外留学

海外留学

海外では通じない間違いやすい和製英語

和製英語は基本的にカタカナで表記されますが、海外では通じない和製英語はたくさんあります。
海外でも通じるだろうと思いがちな代表的な和製英語を、英語での正しい表現とセットにいくつか挙げていきたいと思います。

【ノートパソコン】
ノートパソコンは海外では「laptop computer」と表現します。
「laptop」だけでも通じますし、日本でもノートパソコン=ラップトップという表現は結構知られています。

【ブラインドタッチ】
同じくパソコン関連の用語・ブラインドタッチ。
一見正しい英語のように感じますが、「touch-typing」と表現します。
キーボードを見ないでタイピングするのでブラインドタッチ(blind touch)でも通用しそうですが、和製英語であるため海外では通じません。

【オーダーメイド】
オーダーメイドは日本では商業の場面でも広く用いられていますが、実は和製英語です。
正しくは「custom-made」です。
「order made」と英表記するとなんだか正しいような気もしますね。
でも「custom-made」が正解なので、これは覚えておきましょう。

【リフォーム】
住宅を改装することをリフォームと呼び、日本にはリフォーム会社もたくさんあります。
実はリフォームも和製英語で、「renovation(リノベーション)」が正解です。
「reform」には「改善、改正、改心」という意味がありますが、住宅の修繕には「renovation」を用います。

【サラリーマン】
サラリーマンも日本独自の言葉で、「salary(給料)」を貰う人でサラリーマンというのも分かりますが、正しい表現は「office worker」です。
ビジネスマンという似た言葉もありますが、「businessman」は和製英語ではありません。
「businessman」は「経営者、管理者」という意味なので、「会社員」は「business person」と表現します。

正誤問題などで試験に出る可能性もありますし、将来留学した時に間違って使わないためにも覚えておくと役立ちます。

留学の失敗談から学ぼう!先輩たちの失敗談集

留学する日本人の数が年々減少している、と近年いわれるようになりましたが、同時にグローバル化が叫ばれるようになり、留学について考え直した方も多いかと思います。

見知らぬ土地に行くのですから、不安はつきものです。

現地に行ってから後悔しないよう、準備は是非万全に!

こちらでは、留学を経験した先輩方の失敗談を集めてみました。失敗談から学び、是非留学に役立ててみてください。

・帰宅したら大騒ぎに。私の捜索願いが出ていました

友達と楽しくおしゃべりをしていたら、あっというまに夕食の時間。もっと話そうということになり、そのまま食事に出かけて、また盛り上がってしまっ て・・・。遅くなるときにはホストに電話するように、とガーディアン(保護者代理)から言われていましたが、日本でも連絡せずに遅くなることはあったの で、気にしていませんでした。そして、家に帰ったのは10時頃。家に着いたとたん、ホストマザーは抱きついてくるし、ガーディアンは家に来ているし、おま けに警察にも連絡したと聞いてびっくり。事情を話したらみんなに本気で叱られました。なんでも、女の子が連絡もせず夕食までに帰宅しない、ということは現地ではあり得ない話で、誘拐とか事件や事故に巻き込まれたと心配していたそうです。ちなみに携帯は電池切れでした。

(参考:http://www.koukou-ryugaku.net/story/001.shtml)

・歯医者は保険対象外?

虫歯がひどくて歯医者に行ったら、海外旅行保険は歯の治療費には対応していないらしく高額な治療費を請求されちゃいました。しかも英語がわからないから、 どこがどう悪いのかを説明するだけでも一苦労。ホストファミリーの行きつけの歯医者だったから優しく対応してくれて良かったけど、後々調べたら、現地の学校の学生証を見せれば、もっと安く治療を受けることができたらしい・・・・・。保険は確認しておかないとダメですね。

(参考:http://www.koukou-ryugaku.net/story/001.shtml)

・ホームステイ先の食事が・・・

ホームステイ先によって食事の内容が全然違います。日本と違って食生活に無関心な人は本当に無関心! 僕が最初にホームステイをしたところは、夕食にジャ ガイモ一個焼いただけのものが出てきたり、昼食も薄っぺらいパンにジャムを塗っただけのものだったりなんて当たり前という家でした。ライスに醤油をかける だけでも、ご馳走に感じるような日々で、体調がボロボロになりました。

(参考:http://www.koukou-ryugaku.net/story/001.shtml)

・お酒を飲んで国外退去処分。もう学校には戻れません

友達の誕生パーティで、みんなでお酒を飲んでしまったんです。部屋でこっそり飲む分にはいいだろうと(もちろんこれも違法行為なんですけどね)。でもその後、酔った勢いで外に出て、公園で飲んで騒いじゃったんですよ。そんな目立つことしたから警察に捕まってしまい、厳しい高校だったからみんな退学処分。僕は留学生だったから国外退去処分になってしまいました。捕まって3日目にはもう飛行機の中でした。

(参考:http://www.koukou-ryugaku.net/story/001.shtml)

・気付いたら友達は日本人ばかり。英語が上手くならない!

留学してすぐは英語が分からなくて、前からいた日本人の人達に助けてもらうことが多かったんです。親切にいろんなことを教えてくれて、頼りにしていたんですよ。放課後はもちろん、週末も一緒に遊ぶ毎日でしたね。自分でも、そのグループにいると居心地が良くて、つい集まってしまう…。でも、話すことと いったら、学校や生活での愚痴ばかり。なんか理由もなく友達やめるわけにもいかなくて、気付いたら英語を使わない生活になっていました。

(参考:http://www.koukou-ryugaku.net/story/001.shtml)

・基礎学力の差

日本である程度しっかり勉強している人の方がやっぱり上達は速いと思う。自分の場合、日本で会社の行き帰りの電車で勉強してたんだけど、結構役に立った気がする。若い人は吸収するのが早いけど、年が上の人ほど日本でしっかり勉強してから来た方がいいと思う。

初級レベルで外国に行くと生活が困難で、どうしても日本人と日本語で会話してしまう(語学留学の人にとってはなるべく避けるべき)。

(参考:http://www.kazu.tv/blog/archives/000604.html)

世界を知るためには、短期留学は大きな第一歩に

近年になり、よく聞くようになったのが「グローバル化」という言葉です。

グローバル化とは、世界に広く目を向け始めた近年の動向のこと。例えば国内の企業が日本人の採用を少数にして外国人の採用を大半にしたことや、社員教育の中に英会話を取り入れることなど。文部科学省では、グローバル人材育成推進事業などを行っており、グローバル化は、近年の教育の中では特に注目すべきことだといえます。

社員教育や、小学生の教育の中に英語を取り入れることが普通にはなってきましたが、ただ英語を勉強するだけでグローバル化に対応できるかといったら決してそうではありません。

英語を喋れるようになるだけでなく、海外の人々や文化や常識などにも目を向けることが大切です。

英語を喋り、海外の常識をもって現地の人々と交流し、その中から新しい事業やサービスを切り開いていく。これこそ「グローバル化」しつつある現代に生きるために必要なことではないでしょうか。

グローバル化が進む社会の中で、将来のために短期留学するお子さんも多いようです。

短期留学では、英語を身につけることは難しい、と思われがちですが、短期留学は語学を学ぶのではなく、世界を見るためのものだと考えてもいいのではないでしょうか。

閉塞感のある日本国内しか見たことのない人よりも、世界をしっかりと見てきた人のほうが広い視野を持てるはずです。

しかし、ただの旅行になってしまわないよう注意が必要です。旅行では、観光地も見ることができ、現地の人にも触れられるのですが、「表面」しか触れていないといっても過言ではありません。

現地の生活を学ぶことが大切です。日本では常識なのに海外では非常識であること、その国の人々の考え方や文化やライフスタイルなどをしっかりと見ておきましょう。日本との大きな違いに衝撃を受け、それが糧になるはずです。

お金もかかりますし、子ども一人で海外に行かせるのは…といった不安もあるかもしれませんが、なるべく海外へのイメージが固まってしまう前に、世界に出て学ぶことも必要だといえるでしょう。

留学をする前に、これだけは確認しておこう!

夏休みを利用して留学する方、または夏休み明けから本格的にロングステイする方など、夏を境に留学を視野に知れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
留学をするためには、ステイする国や場所を決めることや、学校を決めることなども大切ですが、勢いで留学する前に、これだけは確認しておいた方がいい、ということをまとめてみました。
事前準備をしっかりと行っていることで、留学がどれだけ充実したものになるか左右されてしまいます。

まずは、英語で挨拶できることが大前提。
留学は勢いで…とはいうものの、挨拶もできなければ空港を出ることすら危うくなります。
挨拶程度の英語力は絶対に身につけておくべきでしょう。
また、学校での友達との挨拶もできるようにしたらなお良いでしょう。

次に、英語で道を尋ねられるかどうかも大切です。
もしも道に迷ってしまったとき、周囲に日本語ができる人がいなければ、もうにっちもさっちもいかなくなってしまいます。
不測の事態に備え、道の尋ね方や、タクシーなどの乗り方も確認しておきたいですね。

これだけできれば、あとは海外へ行ってしまえば英語力も自然とついていくものですが、留学先でみっちりと学習したい、という方は、留学する前に英語のニュースを聞いてある程度理解できる実力があるかを確認しておきましょう。
英字新聞も、辞書があって読める程度ならば問題ないでしょう。
留学先で、現地の学生とともに勉強するのならば、この実力は必須だといえます。
自信のない方は、まずは語学学校から始めてみるべきでしょう。

できた方が便利なのが、英文でのメール作成です。
学校でも使用しますし、ホームステイ先との連絡も英文メールを使用することが多いです。
ただし、ホームステイ先などは最初のうちは電話で連絡を取り合うことが主なので、まずは電話できる程度の実力が必要です。
電話では相手の口の動きがわかりませんから、CDなどでも練習しておきましょう。

ホーム > タグ > 海外留学

カレンダー
« 6 月 2018 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る