ホーム > タグ > 検定

検定

外資系企業で活躍するために必要なTOEICスコアとは

外資系企業に入社するため、TOEIC(トーイック)に挑戦する方は多いと思いますが、実際に何点を取れば、企業で活躍できるのでしょうか?
その目安として、TOEICスコアに対し、どれだけ実践的な英会話ができるのかを見てみましょう。

まず、海外での買い物、食事、ホテルでの宿泊など、海外旅行を楽しめるレベルが600点程度だといわれています。企業に就職するためというよりも、海外旅行を英語を使って楽しみたい、という方は600点以上のスコアを目標とするのが現実的でしょう。
英語を使った仕事をするとなると、750点以上が理想的です。
750点以上になると、電話やメールでのやりとりなど、仕事に使う英語を、なんとかやっていける程度のレベルだといえます。
では、外資系で活躍するためにはどの程度のスコアを獲得しているのが現実的なのでしょうか?
一般的には、外資系企業で会議のプレゼンなどを難なくこなすには、TOEICスコア900点以上が必要だといわれています。

しかし、英語力を企業で活用するためには、TOEICのスコアが高ければ良いというわけではありません。TOEICで判定できるのは、「読む」能力と「聴く」能力のみ。900点以上ある方でも、英会話となると全くダメな方もいるのです。
英語を主に使う外資系のような企業では、英語は一つのツールとして考えられています。スコアも大切ですが、英語力は面接をしただけでも十分わかるそう。
企業の面接官が重視しているのは、TOEICのスコアはもちろんのこと、その他の経験や、その英語力を実際に活用できるのか、ということ。点数だけ高くても、すぐに実践に移せないようだとやはり人材としては物足りないということなのです。英語ができた上で、さらに何ができるのか、ということがこれからは大切になってくるでしょう。

外資系で活躍したい、という方は、TOEICのスコアの高さを目指すだけではなく、海外経験を積むことも求められます。TOEICで判定できる能力と、「話す」「書く」といった実践的な能力も同時に磨いていきましょう。

英検は、何級から履歴書に書くべきか

実用英語技能検定、通称「英検」の資格を履歴書に書く方もいらっしゃるでしょう。英検のレベルには、5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級というレベルがありますが、履歴書に書けるレベルは、一般企業の場合は、2級から効果があるといわれています。
最近では、英語のコミュニケーション能力を幅広く評価する世界的に共通の試験である、TOEIC(トーイック)などの点数を記載する方も多いでしょう。世界的な試験なので、もちろん点数が高ければそれだけ評価も高いですし、就職の際の目安として事前に提示されていることもあります。
それでは英検は履歴書に書く意味はないのかというと、決してそんなことはありません。試験を受け、その級に合格したということは、それだけのレベルであることを示すことができるため、履歴書に記入すればアピールポイントになるわけです。英語ができるというのは、今の日本では接客業やサービス業でも求められている人材であるため、就職活動だけでなく、例えば大学生がアルバイトをする際のアピールポイントにもなります。

英語が必要とされている職種や企業においては、2級ではなく、さらに上を求められることももちろんありますので、英検合格の上を目指すにこしたことはありません。また、英検で上の級を目指しながら、TOEICなどの試験を受ければ、より可能性を高めることができます。

英検2級合格のレベルは、高校卒業程度の英語力が目安とされています。
しかし大学生なら簡単に合格できるかというとそうでもなく、2級合格の壁はなかなか高いものなのです。
英検のレベルをTOEICと比較すると、1級が810点以上、準1級が520~730点程度、2級が310~450点程度になるでしょう。

英検の資格を履歴書に記入する場合は、「英検」ではなく「実用英語技能検定」と正式名称を書くようにしましょう。試験後には、英検の解答をインターネットでチェックすることができますので、自分で英検の合否を確かめることもできます。

作文検定で、現代に必要な力を身につける

作文検定という検定をご存知でしょうか?
作文検定とは現代用語検定協会による、PISA型学力で求められる力「思考の整理力」「表現力」「文章記述力」を楽しみながら育てる検定です。
同じく、「小論文検定」もあります。

暗記して知識の量を増やすことも大切ですが、自分の考えをしっかりともち、それを表現する能力こそが、現代求められている能力であり、子どもも大人も身につけておかなければならない基礎能力です。

作文と小論文は、従来の試験の欠点を補う手段として、近年試験に採用する学校や企業が増えてきました。
知識だけを求めるのではなく、文章によって自分の意見を記述する能力を判定することで、その学生や、その社員の本質を見極めるわけです。
受験などには関係なさそうに思われがちですが、入試に作文・小論文がある方は要チェックです。
事前に検定を受けておくことで、自分の実力を知ることができ、どのようにすれば上達するのかがわかるはずです。

試験内容は、文章の一貫性、構成力、表現力、説得力、国語能力などを判定すると同時に、現代社会による理解力や感性も評価されます。
そのため、その時期にあったニュースやキーワードを選択したうえで、各コース2課題が提示されます。
その中から1課題を選び、作文・小論文を書いていきます。

受験の結果は、作文・小論文検定「評価基準」及び「認定基準」によって合否が判断されます。

入試のために受験するのももちろんいいですが、これからの時代に必要な表現力が、自分にどれだけ備わっているかを確かめてみるのもいいのではないでしょうか。
作文・小論文検定に似た検定も、最近増えていますよね。
ちょっと主旨が変わるかもしれませんが、現代社会に関心を持ちその動きを読みとり、自分の考えを表現する「現代用語能力検定」や、語彙力を測る「実用日本語『語彙力検定』」など、自分の国語力を試せる資格がたくさんありますので、挑戦してみるだけでもおもしろいのではないでしょうか。

ホーム > タグ > 検定

カレンダー
« 6 月 2018 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る