ホーム > タグ > 朝ごはん

朝ごはん

頭を働かせるにはブドウ糖とビタミンB1が必要

炭水化物、たんぱく質、脂肪など人間が活動するエネルギーとなる栄養素を摂取することはもちろん大事なのですが、脳がエネルギーに出来る栄養素はブドウ糖だけです。

炭水化物やたんぱく質では脳のエネルギーとして活用出来ないため、頭をしっかり働かせようと思ったらブドウ糖の摂取が必要になります。

試験前にチョコレートを食べると良いと言われるのはカカオの香りで落ち着いたり、テオブロミンの働きで集中力が高まるという効果の他に、ブドウ糖を素早く摂取することで脳にエネルギーを与えられるためです。

ブドウ糖は脳が活動するために欠かせない栄養素ですが、実はビタミンB1が不足するとブドウ糖がエネルギーとして活用されにくくなります。

ビタミンB1はブドウ糖がエネルギーに変わるのを助けてくれる大事な栄養素です。

しっかりとビタミンB1が摂取出来ていれば、問題なくブドウ糖がエネルギーに変わり、脳に栄養素が行き届きますが、ビタミンB1が不足するといくらブドウ糖を摂取してもエネルギーになりません。

頭をよく働かせるには、ブドウ糖と同時にビタミンB1もしっかり摂取する必要があります。

ビタミンB1を含む食べ物は、豚肉、大豆、カシューナッツ、ごま、小麦麦芽、鰹節、牛乳などです。

普段から食べる機会が多い食べ物ばかりなので、あまりに偏った食事をしない限りは大幅に不足することはないでしょう。

ビタミンB1が不足すると疲れやすくなったり、倦怠感がひどくなるといった症状が現れ、勉強に身が入らなかったり、やる気が出なくなってしまいます。

そうならないためにも、ビタミンB1をしっかり摂取することを意識し、不足していると感じた場合はしっかりと摂取しておきましょう。

ここで挙げたビタミンB1を含む食べ物は一例ですので、他にもたくさんビタミンB1を含む食べ物はあります。

まとめると、ブドウ糖だけでは脳のエネルギーにならず、ブドウ糖と同時にビタミンB1もしっかり摂取することが必要ということです。

栄養バランスが採れた食事は、勉強にも良い影響を与えてくれます。

記憶力が高まる時間帯を有効利用しよう

テスト勉強にも、受験勉強にも、英語の学習にも欠かせないのが、記憶力です。
記憶力をアップさせる方法はいろいろと報告されていますが、今回は記憶力がアップする時間帯と、時間の有効活用についてご紹介しましょう。

記憶力が最もアップする時間帯が、午前10時と、午後3時だといわれています。
ただし、午後3時は運動能力もピークに達する時間帯なので、記憶力アップのためには午前10時が一番いいといわれています。
午前10時は、ちょうど授業や会社が始まり、活動に励む時間ですよね。記憶したいものがあるときは、是非この時間帯を有効に使ってみてください。
しかし、集中力が散漫になってしまっては、記憶力もなかなかアップしてくれません。
朝食を抜くと脳が働かず、集中力が散漫になってしまうのは周知の事実です。朝食をとることで血糖値が上がり、記憶を伝達する物質であるシナプスを活性化させることができるのです。
朝食にパンを食べる方も多いと思いますが、集中力を高めるためには断然米がおすすめです。パンはすぐに満腹感を得ることができますが、消化しやすく吸収されやすいので、すぐに空腹を感じてしまうのです。集中力を継続させるためには、パンよりも米です。
また、前日の睡眠が足りていないと、やはり集中力も記憶力も低下します。
集中力をアップさせ、記憶力をしっかりとアップさせるためには、睡眠と朝食をしっかりと摂ることが大切です。

記憶力を最大限に高めるための1日のスケジュール例をご紹介しましょう。
朝7時に起きたら8時には米を主食とした朝食をとり、10時に大切な学習をするようにします。
そして12時から13時の間に昼食を摂り、午後の学習に備えます。
午後一では何かやらなければならなかった雑務を終え、そして15時は最もパワフルに動ける時間ですので、大切な学習のほか、体を動かすような仕事をしてみるのもいいのではないでしょうか。
このリズムを体に覚えさせることにより、さらなる集中力アップ、記憶力アップを目指せるはずです。

ホーム > タグ > 朝ごはん

カレンダー
« 1 月 2018 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る