ホーム > タグ > 数学

数学

中学数学の上達するための勉強法

中学に進学すると、それまで「算数」だったものが「数学」に変わります。

ただ名前がかわるだけだと考えている人も多いのですが、これは大きな誤りです。算数と数学は、全く違う学問なのです。

算数とは、計算の正確さや、面積、割合、単位などへの理解が求められるものです。これに対して、数学では計算の正確さというよりも、答えにいきつくまでの過程である論理の正確さが求められます。

算数の時は、計算を正確に行うことが最も大切でしたが、「なぜそうなるのか」という答えは求められませんでした。かけ算やわり算をスピーディーに解くことをただひたすら訓練しますが、なぜかけ算やわり算をすることで計算が早くなるのか、といった「なぜ」の部分を答えられるような人はあまりいないのではないでしょうか。

数学を算数の延長だと思っていると、相変わらず問題の解き方を覚えようとします。しかし、中学で学ぶ数学は、算数で学ぶ解法と比べてはるかに多いので、丸暗記や訓練ではとても追いつけません。

算数と数学は求められているものが違うので、勉強の仕方も必然的に変わってくるわけですが、数学ができない人は、算数を復習し直してみる必要があるでしょう。

なぜなら、数学には算数が必要不可欠だからです。

例えば、小学校の算数で学んだ整数のかけ算ができない人に、分数のかけ算を解くことはできません。算数ができなければ、当然数学で学ぶ方程式を学習する時にも大きな支障が出てくるのです。

数学は、少しずつ順序良く学んでいくことで着実に上達する、積み上げが大切な教科です。まずは、小学校の算数をどこまで理解できているかを見直してみましょう。そして、理解している内容にどの内容をプラスすれば、新しい内容を理解できるのか、というのを自分なりに想像しながら学習を進めていくことが大切です。

数学の学習でつまずいてしまったなら、まずは小学校の算数を徹底的に復習しなおし、算数の問題では一問も間違えないというくらい完璧になるまで身に付けましょう。

長期休みの時に優先して勉強すべき教科は?

夏休み、冬休み、春休みなどの長期休みは、学習する内容によって成績に差が出る大変重要な時期です。

受験生である3年生は長期休暇を多いに活用していると思いますが、1、2年生の時は怠りがち。1、2年生の長期休暇をどう有効活用するかで、その後の成績の伸び方が変わってきます。

長期休暇中は、授業が進むことはありません。普段の学校生活の中では、授業がどんどん進んでしまって追いつけなくなることもあります。スピードに追いつけないまま、習ったことを身に付けることができず、成績が伸び悩んでしまうこともよくあることです。

そこで、長期休暇中には、休みだからといって勉強も休むのではなく、前の学期で勉強したことをしっかり身に付けられるよう復習を徹底しましょう。

この時期に復習ができなければ、新学期になってからさらに授業に追い付けなくなってしまいます。長期休暇中に、理解できていなかった学習内容としっかり向かい合うことで、新学期をスムーズに過ごせるよう準備しておくのです。

長期休暇中は、全ての教科をまんべんなく学習する人もいますし、どこから手をつけていいかわからず、とりあえず好きな教科から手をつけたりする人もいるでしょう。

長期休暇中には、特に数学と英語の学習に力を入れるべきです。

数学と英語は、基礎を固め、積み上げていくことで着実に身についていく教科です。数学と英語は特に、わからないところをそのままにしておいてはいけない教科なのです。

もちろん、どの教科も手を抜くべきではありませんが、優先順位をつけることは大切。現実的に考えると、積み上げていくことが重要な教科である数学と英語が最優先なのです。

数学と英語の勉強方法ですが、前学期に学習したところを見直し、その範囲の基礎問題を解いていきましょう。そこでつまずいた問題は、基礎が身についていないということなので、つまずいたところから徹底的に学習し直します。

それを繰り返すことで、着実に力をつけていきましょう。

数学、物理が得意だと高所得

同志社大学や京都大学などの研究グループによると、文系、理系を合わせた大卒就業者約1万人(平均年齢43歳)の得意科目と平均所得の関係を調べたところ、数学が得意な人の所得が約620万円と最も高く、2番目は理科が得意な人の約608万円だったことがわかりました。ちなみに、生物が得意な人は約549万円で得意科目の中では最も低かったそうです。
数学が得意な人と国語が得意な人とでは約183万円の差があったことも発表されていますが、これには今までのゆとり教育が関係しているといいます。
同志社大経済学部の八木教授らによると、ゆとり教育が推奨されて学習内容が減るにつれ、理数が得意な人が減っていくことで、労働市場での評価が相対的に高まっている可能性があるとのことです。

理系が文系よりも収入が多い、という研究結果は何年も前からいわれてきたこと。去年も、「男性の平均年収は文系が559万円で、理系は601万円」だという結果が出ています。
この発表からわかるのは、どんな職業にしても、やはり周囲が苦手なものを得意としている人の方が、受ける評価が高いということでしょう。
社長などで大成を収めている人を見ると文系の方が多く、理数系ならば収入が高く、文系ならば収入が低い、ということでは決してありませんが、理系の場合は、専門的知識を必要とする職業が多いため、職業選びの際にその知識を極めていくことが、他と差をつけているポイントではないでしょうか。周囲の人ができないことをできる人材になることが、収入増の秘訣なのです。
周囲の人が苦手としていることを自分も苦手だと感じる方は、得意なものをぐんぐん伸ばしていくことが大切です。
学生の頃から得意分野を持っていることで、将来社会に出た時に必ず重宝されるはず。
それはスポーツや趣味でもかまいませんし、社会に出た時にまず役に立つ英語でもいいでしょう。
周りが苦手としていることを自分が伸ばすか、自分が得意としているものを更に伸ばすか、このどちらかが、社会に出る際には欠かせないものになるでしょう。

ホーム > タグ > 数学

カレンダー
« 9 月 2017 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る