ホーム > タグ > 家庭

家庭

風邪予防に効果がある5つの簡単な習慣

受験シーズンの冬は風邪という天敵が存在する季節でもあります。

風邪をひかないように気をつけていてもひく時はひいてしまいますが、予防次第で風邪をひく可能性を大幅に下げることができます。

ごくごく簡単な風邪予防と注意点をまとめてみました。

●手洗いうがいをする

風邪予防の基本中の基本ですが、手洗いうがいは最も効果の高い風邪予防法です。

外出するとウイルスを吸い込んでしまうため、うがいでウイルスを取り除きます。

まずはハンドソープでしっかり洗って雑菌を落とし、それからうがいをしましょう。

うがいをする場合も最初の1回は喉でうがいせず、口の中をゆすぎましょう。

1回目からうがいをしてしまうと、口の中のウイルスが喉の方へ運ばれてしまいます。

1回目は口内をすすぐだけにし、2回目以降にしっかりうがいをしましょう。

●湿度を40%以上に保つ

風邪のウイルスは乾燥を好むため、部屋の湿度は常に40%以上をキープするようにしましょう。

乾燥しているとウイルスが室内を浮遊してしまいますが、湿度があるとウイルスは重さで下に落ちていくため、風邪をひきにくくなります。

●マスクをする

よくマスクをしていてもウイルスを防げないと言われますが、マスクはウイルスの侵入を防ぐだけが目的ではありません。

ウイルスは乾燥を好むため、マスクをすることで口の乾燥を防ぐことができます。

●充分な睡眠をとる

睡眠不足になると体力が低下し、ウイルスへの抵抗力が弱まってしまいます。

ウイルスに負けないように睡眠は充分とりましょう。

●充分な栄養をとる

睡眠と同じですが、体力を維持するためにしっかりと栄養をとりましょう。

ビタミンA、Cを摂取し、栄養バランスがとれた食事を心がけましょう。

これらの風邪予防は簡単にできる上、どれも効果が高い予防法です。

特に帰宅してからすぐの手洗いうがいは風邪予防に高い効果を発揮します。

水でのうがいでも充分効果がありますので、風邪をひかないために手洗いうがいは習慣づけておきましょう。

長時間のゲームは勉強効果を打ち消してしまう

ニンテンドーDSのゲームソフト『脳トレシリーズ』の監修を行っている医学博士の川島隆太教授は、以前は東北大学の未来科学技術共同研究センターに在籍していたのですが、現在は同大学の加齢医学研究所の脳機能開発研究分野で研究を行っています。

仙台市が設けた「学習意欲の科学的研究に関するプロジェクト委員会」(座長・川島隆太教授)は、2013年4月に市内の中学生2万4千人を対象にゲームで遊ぶ時間、勉強時間、試験の成績を尋ねるアンケートを実施。そのアンケートに基づいて分析した結果が2013年12月18日に発表されました。

分析結果によると、ゲーム機で3時間以上遊び、2時間以上勉強している生徒の数学の成績は、勉強は30分だがゲームは全くしない生徒よりも成績が低いことが分かりました。

一番成績が良いのは、ゲーム機で遊ぶ時間は1時間未満、勉強は2時間している生徒だったそうです。

あくまでもアンケートに基づいた結果なので、すべての生徒が必ずしもいずれかに当てはまるとは限りませんが、ゲーム時間が増えると勉強効果が打ち消されてしまうのではないかと懸念されています。

アンケートの結果から判断すると、勉強時間が長くてもゲームで遊んでいる時間が長いと成績が下がってしまう傾向がみられます。

1時間未満なら成績に影響が少ないため、勉強の合間の息抜きとしてゲームをするなら1時間未満に留めておくのが良さそうです。

脳トレで有名な川島隆太教授のプロジェクトが行ったアンケートだけあって、ゲーム時間と勉強効果には何かしらの関係があるのかもと考えさせられます。

勉強ばかりでは息が詰まってしまうのでゲームなどで息抜きは必要ですが、長時間のゲームでせっかく勉強したことを忘れてしまったり覚えにくくなるとしたら、ゲーム時間のバランスも考えないと勉強の一部が無駄になってしまいかねません。

ゲームは熱中すると時間を忘れて遊んでしまいますので、勉強を遊ぶ時間のメリハリをつけるために、ゲームは1日1時間未満と自分でルールを決めておく方がいいかもしれませんね。

頭を働かせるにはブドウ糖とビタミンB1が必要

炭水化物、たんぱく質、脂肪など人間が活動するエネルギーとなる栄養素を摂取することはもちろん大事なのですが、脳がエネルギーに出来る栄養素はブドウ糖だけです。

炭水化物やたんぱく質では脳のエネルギーとして活用出来ないため、頭をしっかり働かせようと思ったらブドウ糖の摂取が必要になります。

試験前にチョコレートを食べると良いと言われるのはカカオの香りで落ち着いたり、テオブロミンの働きで集中力が高まるという効果の他に、ブドウ糖を素早く摂取することで脳にエネルギーを与えられるためです。

ブドウ糖は脳が活動するために欠かせない栄養素ですが、実はビタミンB1が不足するとブドウ糖がエネルギーとして活用されにくくなります。

ビタミンB1はブドウ糖がエネルギーに変わるのを助けてくれる大事な栄養素です。

しっかりとビタミンB1が摂取出来ていれば、問題なくブドウ糖がエネルギーに変わり、脳に栄養素が行き届きますが、ビタミンB1が不足するといくらブドウ糖を摂取してもエネルギーになりません。

頭をよく働かせるには、ブドウ糖と同時にビタミンB1もしっかり摂取する必要があります。

ビタミンB1を含む食べ物は、豚肉、大豆、カシューナッツ、ごま、小麦麦芽、鰹節、牛乳などです。

普段から食べる機会が多い食べ物ばかりなので、あまりに偏った食事をしない限りは大幅に不足することはないでしょう。

ビタミンB1が不足すると疲れやすくなったり、倦怠感がひどくなるといった症状が現れ、勉強に身が入らなかったり、やる気が出なくなってしまいます。

そうならないためにも、ビタミンB1をしっかり摂取することを意識し、不足していると感じた場合はしっかりと摂取しておきましょう。

ここで挙げたビタミンB1を含む食べ物は一例ですので、他にもたくさんビタミンB1を含む食べ物はあります。

まとめると、ブドウ糖だけでは脳のエネルギーにならず、ブドウ糖と同時にビタミンB1もしっかり摂取することが必要ということです。

栄養バランスが採れた食事は、勉強にも良い影響を与えてくれます。

2つの習慣をつけることで勉強好きになる!

途中で挫折せず、コツコツと勉強を続けていけば、理想の学校へ入学することも叶いますし、就きたい仕事へも近づけます。でも、コツコツ勉強を続けることが難しいんですよね。では、どうしたら挫折せずにコツコツと続けることができるのでしょうか?

一番手っ取り早い方法が、「勉強を好きになる」ことです。

これもまた難しいことと思うかもしれませんが、受験に強いお子さんは、勉強を苦に思っていません。好きかどうかは別として、きっちりと勉強してきて、それが習慣となっているため、「勉強なんてしたくない!」とはならないわけです。

しかし、勉強の習慣をつけさせようと家庭学習や塾での勉強を強要すると、「勉強なんてしたくない!」とストレスを爆発させてしまうことに…。

こうならないためにも、ある2つの習慣をなるべく早くからつけることが大切です。

1つは、「読書の習慣」です。

読書が大切なのは、ご存じの通り。読解力は、全ての学科の基礎です。これを身に付けるためには、読書を習慣づけることがベスト。本を好きになればそれを勉強と思わず、自然に読解力をつけることができるのです。

お子さんが幼い頃から読み聞かせをしていると本に興味を持ってくれるのですが、絵本ばかりを読んでいては読解力はつきません。

ある程度の年齢になったら、「赤毛のアン」「ああ無情」「小公女」など、お子さんがワクワクするような名作を読み聞かせたり、プレゼントしたりするといいでしょう。

2つ目の習慣は、「自習の習慣」です。

こちらも、なるべく早い時期から習慣づけることが大切です。受験生になってしまってからでは、遅いのです。

しかし、子どもに何時間もの自習の時間を強いるのは酷。ストレスが溜まってしまいますから、最初は10分でもいいのです。市販のドリルや問題集を解く時間を設け、毎日必ず続けましょう。「疲れているならやめようか」と甘い顔をしてしまうとサボり癖がついてしまうので、どれだけ自習が大切かという認識を持たせることが大事。病気などよっぽどのことがない限り、欠かさずやるように約束するといいでしょう。

習慣になってしまうと、毎日やらないと眠れないほどにまで体にしみつくので、そうなれば勉強も苦じゃなくなります。

学習机選び方のアドバイス

進学、進級するにあたり、学習机の購入を考えているご家庭も多いでしょう。

学習机は、お子さんが勉強するための大変重要なアイテムです。それで勉強に集中できるかできないかが決まるといっても過言ではありません。

学習机には、シンプルな「ユニットデスク」、棚が低い「ロータイプ」、棚が高い「ハイタイプ」、ベッドと机が一緒になっている「ベッドデスク」などがあります。

天板を上下させて高さを調節できるものなど、様々な学習机が発売されています。

最近では、インターネットでも学習机を購入することができますが、子どもと一緒にお店に足を運び、使い勝手を確認しながら選ぶことがおすすめです。引きだしが動かしやすいか、机に向かった時に落ちつけるような素材やカラーかなど、実際に確認したいことはたくさんありますので、是非売り場で見てから決めるようにしましょう。

お店に足を運ぶ際には、置く場所の採寸は、忘れずに行いましょう。

購入する前に考えておきたいことは、他の家具との調和と、収納についてです。

他の家具との調和がとれないとごちゃごちゃとした印象を与え、集中の妨げになります。収納には棚と引きだしがあります。参考書や、習いごとに使う物などもスッキリと収納できるよう、事前にまとめて収納しておきたいもののおおよその量は確認しておきましょう。棚を追加できるか、レイアウトを変更できるかなども確認します。子どもの成長に合わせて変更が効くような、長く使える学習机が理想です。

また、椅子は学習机とセットになったものか、学習机用の椅子がいいでしょう。

大人用の椅子が自宅にあるからといってそれを使用していると、子どもの姿勢などに悪影響を与えてしまう恐れがあります。背もたれの確認も大切。背中をあずけた時に痛くないか、高さを調整できるかなどを確認します。

椅子を購入する際は、子どもに実際に椅子に座らせ、足がぶらぶらしないか、立ち上がりやすいかなどを確認しましょう。

子どもを襲う、やる気低下の解決策

「五月病」という言葉をご存じでしょうか?
よく、新入社員や人事異動をした人の環境変化による心の病気として扱われていますが、五月病は専門的な医療用語ではありません。
特に決まった定義もなく、会社員だけではなくあらゆる人々を襲います。
しいていうならば、新しい環境による緊張や不安で気持ちが張りつめた後、連休をはさむことによって精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなることです。無理をしてしまうとうつ病にも進行してしまう恐れがあります。

五月病の症状とは、不安を感じる・やる気がでない・憂鬱になる・いろんなことに関心がなくなる・イライラする、などがあげられます。

今までは、五月病というと社会人特有の症状だと思われてきましたが、最近では子どもたちにも五月病が広がっているようです。
さらには、ゴールデンウィークを挟んだあとに引き起こされる症状というよりも、年中現れうる症状へと変化しつつあります。
もしも子どもが「学校へ行きたくない」と言い出したら、人間関係以外で考えられるのは、やる気が低下してしまった「五月病」かもしれません。
特に、長い連休を挟んだ夏休み明けには五月病のような症状が出ることがありますから、注意が必要です。
やる気が低下するだけでなく、深い睡眠がとれないこと、疲れやすいこと、頭痛など、身体的な影響が現れることがあります。

もしも、お子さんのやる気が低下し、身体的な影響が現れたら、ただの怠惰だと思わずに接してあげてください。
まずは、話をしっかりと聞いてあげることが大切です。
学校でどんなことがあったか、悲しいことや嬉しいことはあったかなど、食事の場を利用し、話しやすい環境で聞くようにしましょう。

新しい環境に慣れようと頑張りすぎ、精神がアンバランスになってしまうこともありますので、「頑張らなくてもいいよ」と声をかけてあげましょう。
一緒に外で遊んだり、一緒にお風呂に入るなどのスキンシップも、お子さんの緊張して疲れた心をほぐしてくれます。

単身赴任中の親子の在り方

昨年末に厚生労働省によって発表された「全国家庭児童調査結果の概要」では、児童がいる現世帯に父母が同居しているかどうかを調査した調査結果が発表されていますが、特筆すべきは「父別居・母同居」が増加傾向にあることです。
母子家庭が増えることで、「父母同居」が大幅に減少し、「その他(母子家庭など)」が大幅に増加しています。そんな中、「父別居・母同居」の割合が、1999年は、全体の2.5%でしたが、2004年には2.7%と、2009年には4.4%と徐々に増加しています。
調査によると、増加理由は家庭内不仲というよりも、単身赴任や長期出張によって父親が別居であることがほとんどなのだとか。

単身赴任中は、母親が子どもと接する時間が子育ての要となりますが、父親と離れているからといって、父親の存在感を消してしまうようなことは絶対に避けたいですよね。
そのためには、離れていても毎日コミュニケーションをとることが必要です。
現代では、電話だけでなくメールやスカイプなどといった便利なツールがあります。
父親が子どもにメールをする場合は、子どもが学校に行っている時間は避け、勉学に影響を与えないようにしましょう。
メールやスカイプをするときには、その日にあった出来事や、うれしかったことや悲しかったことなどを毎日聞くようにしましょう。

単身赴任をしている旦那さんをもつ母親は、子どもとの会話の中でなるべく父親のことを口にし、父親の存在を実感させることが大切です。
「今日はお父さんにそのことを伝えようか」「お父さんとも今度一緒に来ようね」など、父親といつでもつながっているのだということをアピールしましょう。

父親が自宅に帰ってきた日には、今まで離れていた分を取り戻すほどに一緒にいる時間を大切にしましょう。
特にスキンシップは、会話だけでは埋められない親子の絆を埋めることができるもの。
手をつないだり、抱きしめたりと、いつも離れている分、たっぷりの愛情をお子さんに注いであげましょう。

悪影響を与えてしまう親の習慣・メンタル編

子どもは親の背中を見て育つといいますが、親のちょっとした習慣が、子どものメンタルに危険を及ぼしていることも珍しくはありません。

たとえば、夫婦喧嘩。
夫婦喧嘩は、子どもの教育について、家計について、仕事について話しているうちに勃発してしまうことは仕方のないことですが、子どもの前では夫婦喧嘩は避けるようにしましょう。
特に、大声を出すような喧嘩は子どもを怯えさせ、自分は親に捨てられるのではないかと心を病んでしまう子どももいます。
また、喧嘩はしなくとも、子どもに旦那さんの悪口を言うお母さんもいるかもしれません。
しかし、それもNGです。
父親よりも母親と一緒にいる時間が多い子どもにとって、母親の言動は影響大です。子どもの前で旦那さんの悪口を言うと、子どもは父親をそう見るようになり、同じような悪口を父親に言ってしまいかねません。そしてバカにしたような態度をとるようになることもあります。
あまり外出しない方は、ついつい身近にいるわが子に愚痴をこぼしたくなるものですが、母親は、父親の良いところを子どもに聞かせてあげるべきです。
父親の良いところを伝えることで、子どもにとっての父親の威厳は高まり、母親、父親との信頼関係が高まって良い親子関係を築けることでしょう。

親が子どもに干渉しすぎるのも、子どものメンタルには良い影響を与えません。
子どもが心配で、ついつい口を出してしまったり、手を出してしまったりと、干渉してしまうことはよくあることかもしれません。しかし、何をするにも口を出すなどとあまりにも干渉しすぎると、親の指示がなければ動けない子どもになってしまいます。
さらに、子どもの頃からある程度の孤独を経験させておかなければ、大人になってから友好関係に支障をきたすことも考えられるのです。
心配なのはわかりますが、口を出すことなく遠くから見守りながら、子どもの主体性を育んでいくようにしましょう。

悪影響を与えてしまう親の習慣・食事編

子どもは親の背中を見て育つといいますが、直接的に子どもに悪影響を与えてしまうのが、食事でしょう。
インスタント食品やファーストフードなどを食事に出すことで、子どもの健康に影響を与えてしまいます。
子どもの頃から手作りの料理よりもジャンクフードの味に慣れてしまうと、不健康な食事を好むようになってしまう恐れもあります。ファーストフードやインスタント食品は糖分・脂分やカロリーが高いため、このような食事が多いと肥満、高脂血症、糖尿などのリスクを高めてしまうことになりかねません。
朝食にも、パン1枚などと簡単なものを出していると、子どもにとってはそれが普通になってしまいます。
朝食は脳の働きを活発にするためにも米を主食とした和食を心がけましょう。

おやつも、子どもが食べたがっているものをそのまま与えてしまうのは危険です。
間食は特に親が制限をしないと、肥満の第一歩となってしまいます。子どもが食べたがるおやつは時々にし、我慢することも覚えさせるのも大切でしょう。

また、テレビを見ながらの食事にも要注意です。
テレビをつけながら食卓を囲む家庭も多いのですが、子どもは大人よりも一つの物事にしか集中できないものですから、テレビを見ながら食事をとることで箸が止まってしまったり、コマーシャルの間にだけ慌ててかきこんだりといった影響が出ます。
このような食事をしていると、食べ物を意識して食べることが少なくなり、せっかくのお料理をよく見ないまま食べることが多くなってしまいます。
食事は、家族全員が話すことのできる一家団欒の場所です。
テレビを見ながらでは会話もはずみませんし、何よりもテレビを見ながらの食事は健康にもよくありません。
また、子どもの頃からテレビを見ながらの「ながら」食事が普通になると、食事にだけに集中できる時間が非常にさみしいものになってしまいます。
子どもの頃から、食事中は、食事と団らんを楽しむ場所であることを習慣づけておきましょう。

悪影響を与えてしまう親の習慣・モラル編

子どもは親の背中を見て育つといいますが、最も影響を与えるのが、親のモラルではないでしょうか。
たとえば電車での迷惑行為などがよく取りざたされていますが、最近では子どもが他の乗客に迷惑をかけているのを親が注意せずに見て見ぬふりをしていることがよくあるようです。
靴を履いたまま座席に上がっていても、友達と大声でおしゃべりをしていても、つり革などで遊んでいても、親は携帯電話をいじりながら知らんぷり…。一昔前までは信じられないような光景も、今では珍しくなくなってきました。
また、親自身が電車の中でモラルを問われるような行動をしていることで、子どもはそれが人に迷惑をかけることだとは思わなくなります。子どもにとっては親は偉大であり、親の行いを真似するものですから、子どもの前では絶対にモラルある人でなければなりません。

また、集合住宅が急激に増えてきた昨今。昔から居住している人同士では世間話や挨拶が交わされるものですが、新しく越してきた同士では挨拶が全くないこともあるようです。
大人も子どもも、挨拶ができない人、挨拶を返せない人が増えているといわれています。
挨拶というのは、人と人を結びつけるきっかけとなるもの。特にご近所さんとの付き合いは、子どもの頃真っ先に築かれる外とのふれあいです。
それを閉ざしてしまわぬよう、挨拶はしっかりと行うようにしましょう。
また、家庭でも、「おはよう」「ありがとう」「おやすみなさい」「いってらっしゃい」など、挨拶をする習慣をつけていくようにしましょう。

大人になると、少しはズルしても許される許容範囲がわかってくるようになります。しかし、そんなズルやモラルを問われることを、子どもの前でやってしまってはいませんか?
子どもは、親のちょっとした行いもしっかりと見て、そしてそれを真似ながら成長していきます。
子どもの前ではより注意して、モラルある行動を心がけるようにしましょう。

ホーム > タグ > 家庭

カレンダー
« 8 月 2018 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る