ホーム > タグ > 子供

子供

中学生の54%が裸眼視力1.0未満

子供の視力低下が進んでおり、文部科学省が行った「平成24年度学校保健統計調査」によると、
「裸眼視力1.0未満」の幼稚園は28%、小学生は31%、中学生は54%、高校生は64%という結果になっています。

参考までに昭和54年時は、幼稚園は16%、小学生は18%、中学生は35%、高校生は53%であり、30年で約1.5倍ほど増えていることが分かります。

幼稚園で「裸眼視力1.0未満」の子供が28%もいるというのは驚きですし、中学生になると約半分の子供が「裸眼視力1.0未満」となっています。

メガネやコンタクトを装着しなければ見えないぐらいの近視の子供に限ると割合は少なくなると思いますが、視力は一度低下しはじめるとどんどん進行していきます。

特に最近はスマートフォンが普及してスマホ操作をする時間が増えているので要注意です。

視力低下の主な原因としては、ゲーム、パソコン、スマートフォンなどの長時間使用、暗い場所で本や漫画を読む、近い距離でテレビを見るなどです。

小型で手持ち出来るタイプのゲーム機が増えているので、自ずと画面と顔の距離が近くなっています。

長時間テレビを見たりゲームをしていると、目の毛様体筋が疲労していきます。

眼精疲労は視力低下の原因となるため、長時間見ないようにしたり、または休憩をいれて目を休ませたりする必要があります。

視力低下を防ぐには画面との距離を離すこと、明かりをつけること、テレビやゲームの時間を決めることが必要です。

全くゲームをしてはいけないというのは難しいですし、それはそれでストレスになってしまうので、「ゲームは1日に◯時間」と時間を決めるのが一番ですね。

無制限にしてしまうとずっとゲームをしてしまうので、時間制限を設けるのは大切です。

軽い近視でメガネを使用する場合、掛けっぱなしというのは過矯正になってしまうため、必要な時にだけ掛けるようにしましょう。

コンタクトは小学校以下の子供にはあまり推奨できないようですので、スポーツなどでどうしても必要な時は医師に相談して正しい装着法や装着時間などを守ってつけるようにしましょう。

正しい姿勢で勉強したり、ビタミンを摂取したり、普段の生活から目に気を配ることで視力低下を防ぐことができるでしょう。

受験勉強のための体調管理と風邪予防

体調管理は受験勉強においてとても大切な事柄です。
冬は特に風邪などで体調を崩してしまうことが多くなりますし、夏も油断すると夏風邪をひいてしまいます。
体調管理は日々の生活の中で調整していくものですので、子供自身だけでなく親御さんが気づいてあげられるかどうかも大切です。

冬の体調管理は風邪やインフルエンザを予防することが大前提です。
帰宅したら必ずハンドソープで手を洗い、うがいをしておきましょう。
手洗い・うがいは最も基本的かつ効果的な風邪予防法です。うがいをすることで喉に付着した菌を取り除く効果がありますし、うがいが出来ない時は水分をとって喉を潤すことでも菌の付着を防ぐことが出来ます。

1回だけのうがいだと効果が薄いため、最低でも3回はうがいをしておきましょう。
最初は上を向かずに水を口に含んで口の中をゆすぎ、2回目以降に上を向いてうがいをするのが正しいやり方だそうです。

部屋が乾燥していても風邪をひきやすくなるため、加湿器で部屋が乾燥しないようにしなければなりません。
ウイルスというのは低温乾燥を好み、部屋の湿度が低いと空中にウイルスが浮遊する時間が長くなってしまいます。
しかし部屋の湿度が高いとウイルスは早く地面へと落下するため、空中に浮遊する時間が短くなりウイルスを吸い込む可能性が低くなります。
うがいと同様に水分はウイルスや菌を遠ざけるためには欠かせない要素なのです。

夏風邪を予防するにも同様に手洗い・うがいは必要ですし、クーラーによって体が冷え過ぎないように配慮することも必要です。
自宅ならクーラーの温度を自分で調整することが出来ますが、外出先ではクーラーが効き過ぎている場合もあるため軽く上に羽織れる衣服を持参するのも風邪予防のひとつです。
デパートなど人が多く出入りする場所ではクーラーが効き過ぎていることが多く、外との寒暖差で体調が悪くなることもあります。
日頃から体調管理に気をつけ、手洗い・うがいを怠らず風邪をひかないようにしましょう。

お子さんの話を、きいていますか?

親子のコミュニケーションとして欠かせないのが、会話です。

食卓や、食後の時間帯などを利用して、たっぷりとお子さんと会話したいものです。

ただ、ちょっと振り返ってみましょう。親が言いたいことばかりを言ってはいませんか?ちゃんと、お子さんの言いたいことを聞いてあげていますか?

懸念するのが、「早く食べなさい」「宿題しなさい」「早く寝なさい」「お風呂に入りなさい」など命令口調ばかりの会話が多すぎはしないか、ということです。

もちろんお子さんがなかなか寝ない時、親として注意することは必要ですが、なぜ寝ないかを考えたことはあるでしょうか?もしかしたら、何か理由があって布団に入りたくないのかもしれません。何か普段と違う、ということは一番身近にいる親が誰よりもわかるとは思いますが、注意ばかりするのではなく、時には「寝れないの?」などと子どもに話をさせることが必要です。

もしかしたら、もっともっと話を聞いてもらいたいのかもしれません。

また、兄弟ゲンカをしている時も、お互いの話を聞いてあげることが大切です。

兄弟ゲンカをしている時は、どうしても、「お姉ちゃんなんだから」と上の子の方を諭そうとしてしまいがちです。ただ、それが上の子の気持ちの整理につながるでしょうか?諭すだけでは、気持ちの整理にはつながりませんよね。

「お姉ちゃんなんだから」の繰り返しでは、ただ我慢し、自分の気持ちをひた隠しにする子に育ってしまうかもしれません。

やはりこの時も、話を聞くことが大切です。

二人の話をじっくりと聞いてあげましょう。話の途中で、矛盾を感じることもあるかもしれませんが、とにかく言いたいことを最後まで聞いてあげることがポイントです。本当は、子どもも、自分で言っていることに矛盾があることに気付いているのです。でも、「お姉ちゃんなんだから」で済まされるのは、絶対に納得いかないからこそもっともっとケンカが大きくなってしまうというわけです。

子どもとコンタクトレンズ

近年では、テレビゲームやパソコンの普及によって、以前より子どもの視力低下が早い時期から起ってしまう傾向があるようです。

小学生の頃から、メガネをかけている子どもも多いのではないでしょうか。

気になるのが、コンタクトレンズは何歳から良いのか、ということです。メガネだったら、視力の低下が勉強や日常生活に支障が現れ始める頃に購入することが一般的だと思いますが、いつコンタクトに切り替えるべきなのか、と迷っているご家庭もあるでしょう。特に女子の場合は、見た目を気にする子も多いですから、なるべく早めにコンタクトレンズにしてあげたい、と思うのが親心かもしれません。

日本眼科医会のHP(http://www.gankaikai.or.jp/health/39/10.html)では、小学生の間はコンタクトレンズではなく、メガネをかけることをお勧めしています。

コンタクトレンズは、慣れるまでに時間がかかったり、角膜を傷つけてしまったりという問題点があります。大人になってからだと、痛みや充血が発生したら臨機応変に外すこともできるのですが、お子さんの場合は多少痛みを感じてもそのまま我慢してしまうこともあり得ます。それが、目の炎症につながることもありますので、コンタクトレンズは自己コントロールを確実にできるようになってからの方が望ましいのです。

また、最近では、コンタクトレンズをインターネットで手軽に安く購入できるようになりましたが、必ず眼科専門医の診察を受け、信頼のできる業者から購入するようにしましょう。インターネットで販売されているものは、外国製のものが多いのです。

レンズの質に問題がなかったとしても、間違った視力のものをつけていると近視が進んでしまうこともありますし、眼精疲労によって身体に異常をきたすこともあります。

また、装着している時の乾燥がひどく、はずす時に角膜に傷がついてしまうというトラブルがよくあります。コンタクトレンズをしているお子さんには、目の乾燥を防ぐためにも目薬を持たせるようにしましょう。毎日外すことも大切です。

子どもを襲う、やる気低下の解決策

「五月病」という言葉をご存じでしょうか?
よく、新入社員や人事異動をした人の環境変化による心の病気として扱われていますが、五月病は専門的な医療用語ではありません。
特に決まった定義もなく、会社員だけではなくあらゆる人々を襲います。
しいていうならば、新しい環境による緊張や不安で気持ちが張りつめた後、連休をはさむことによって精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなることです。無理をしてしまうとうつ病にも進行してしまう恐れがあります。

五月病の症状とは、不安を感じる・やる気がでない・憂鬱になる・いろんなことに関心がなくなる・イライラする、などがあげられます。

今までは、五月病というと社会人特有の症状だと思われてきましたが、最近では子どもたちにも五月病が広がっているようです。
さらには、ゴールデンウィークを挟んだあとに引き起こされる症状というよりも、年中現れうる症状へと変化しつつあります。
もしも子どもが「学校へ行きたくない」と言い出したら、人間関係以外で考えられるのは、やる気が低下してしまった「五月病」かもしれません。
特に、長い連休を挟んだ夏休み明けには五月病のような症状が出ることがありますから、注意が必要です。
やる気が低下するだけでなく、深い睡眠がとれないこと、疲れやすいこと、頭痛など、身体的な影響が現れることがあります。

もしも、お子さんのやる気が低下し、身体的な影響が現れたら、ただの怠惰だと思わずに接してあげてください。
まずは、話をしっかりと聞いてあげることが大切です。
学校でどんなことがあったか、悲しいことや嬉しいことはあったかなど、食事の場を利用し、話しやすい環境で聞くようにしましょう。

新しい環境に慣れようと頑張りすぎ、精神がアンバランスになってしまうこともありますので、「頑張らなくてもいいよ」と声をかけてあげましょう。
一緒に外で遊んだり、一緒にお風呂に入るなどのスキンシップも、お子さんの緊張して疲れた心をほぐしてくれます。

単身赴任中の親子の在り方

昨年末に厚生労働省によって発表された「全国家庭児童調査結果の概要」では、児童がいる現世帯に父母が同居しているかどうかを調査した調査結果が発表されていますが、特筆すべきは「父別居・母同居」が増加傾向にあることです。
母子家庭が増えることで、「父母同居」が大幅に減少し、「その他(母子家庭など)」が大幅に増加しています。そんな中、「父別居・母同居」の割合が、1999年は、全体の2.5%でしたが、2004年には2.7%と、2009年には4.4%と徐々に増加しています。
調査によると、増加理由は家庭内不仲というよりも、単身赴任や長期出張によって父親が別居であることがほとんどなのだとか。

単身赴任中は、母親が子どもと接する時間が子育ての要となりますが、父親と離れているからといって、父親の存在感を消してしまうようなことは絶対に避けたいですよね。
そのためには、離れていても毎日コミュニケーションをとることが必要です。
現代では、電話だけでなくメールやスカイプなどといった便利なツールがあります。
父親が子どもにメールをする場合は、子どもが学校に行っている時間は避け、勉学に影響を与えないようにしましょう。
メールやスカイプをするときには、その日にあった出来事や、うれしかったことや悲しかったことなどを毎日聞くようにしましょう。

単身赴任をしている旦那さんをもつ母親は、子どもとの会話の中でなるべく父親のことを口にし、父親の存在を実感させることが大切です。
「今日はお父さんにそのことを伝えようか」「お父さんとも今度一緒に来ようね」など、父親といつでもつながっているのだということをアピールしましょう。

父親が自宅に帰ってきた日には、今まで離れていた分を取り戻すほどに一緒にいる時間を大切にしましょう。
特にスキンシップは、会話だけでは埋められない親子の絆を埋めることができるもの。
手をつないだり、抱きしめたりと、いつも離れている分、たっぷりの愛情をお子さんに注いであげましょう。

悪影響を与えてしまう親の習慣・メンタル編

子どもは親の背中を見て育つといいますが、親のちょっとした習慣が、子どものメンタルに危険を及ぼしていることも珍しくはありません。

たとえば、夫婦喧嘩。
夫婦喧嘩は、子どもの教育について、家計について、仕事について話しているうちに勃発してしまうことは仕方のないことですが、子どもの前では夫婦喧嘩は避けるようにしましょう。
特に、大声を出すような喧嘩は子どもを怯えさせ、自分は親に捨てられるのではないかと心を病んでしまう子どももいます。
また、喧嘩はしなくとも、子どもに旦那さんの悪口を言うお母さんもいるかもしれません。
しかし、それもNGです。
父親よりも母親と一緒にいる時間が多い子どもにとって、母親の言動は影響大です。子どもの前で旦那さんの悪口を言うと、子どもは父親をそう見るようになり、同じような悪口を父親に言ってしまいかねません。そしてバカにしたような態度をとるようになることもあります。
あまり外出しない方は、ついつい身近にいるわが子に愚痴をこぼしたくなるものですが、母親は、父親の良いところを子どもに聞かせてあげるべきです。
父親の良いところを伝えることで、子どもにとっての父親の威厳は高まり、母親、父親との信頼関係が高まって良い親子関係を築けることでしょう。

親が子どもに干渉しすぎるのも、子どものメンタルには良い影響を与えません。
子どもが心配で、ついつい口を出してしまったり、手を出してしまったりと、干渉してしまうことはよくあることかもしれません。しかし、何をするにも口を出すなどとあまりにも干渉しすぎると、親の指示がなければ動けない子どもになってしまいます。
さらに、子どもの頃からある程度の孤独を経験させておかなければ、大人になってから友好関係に支障をきたすことも考えられるのです。
心配なのはわかりますが、口を出すことなく遠くから見守りながら、子どもの主体性を育んでいくようにしましょう。

悪影響を与えてしまう親の習慣・食事編

子どもは親の背中を見て育つといいますが、直接的に子どもに悪影響を与えてしまうのが、食事でしょう。
インスタント食品やファーストフードなどを食事に出すことで、子どもの健康に影響を与えてしまいます。
子どもの頃から手作りの料理よりもジャンクフードの味に慣れてしまうと、不健康な食事を好むようになってしまう恐れもあります。ファーストフードやインスタント食品は糖分・脂分やカロリーが高いため、このような食事が多いと肥満、高脂血症、糖尿などのリスクを高めてしまうことになりかねません。
朝食にも、パン1枚などと簡単なものを出していると、子どもにとってはそれが普通になってしまいます。
朝食は脳の働きを活発にするためにも米を主食とした和食を心がけましょう。

おやつも、子どもが食べたがっているものをそのまま与えてしまうのは危険です。
間食は特に親が制限をしないと、肥満の第一歩となってしまいます。子どもが食べたがるおやつは時々にし、我慢することも覚えさせるのも大切でしょう。

また、テレビを見ながらの食事にも要注意です。
テレビをつけながら食卓を囲む家庭も多いのですが、子どもは大人よりも一つの物事にしか集中できないものですから、テレビを見ながら食事をとることで箸が止まってしまったり、コマーシャルの間にだけ慌ててかきこんだりといった影響が出ます。
このような食事をしていると、食べ物を意識して食べることが少なくなり、せっかくのお料理をよく見ないまま食べることが多くなってしまいます。
食事は、家族全員が話すことのできる一家団欒の場所です。
テレビを見ながらでは会話もはずみませんし、何よりもテレビを見ながらの食事は健康にもよくありません。
また、子どもの頃からテレビを見ながらの「ながら」食事が普通になると、食事にだけに集中できる時間が非常にさみしいものになってしまいます。
子どもの頃から、食事中は、食事と団らんを楽しむ場所であることを習慣づけておきましょう。

悪影響を与えてしまう親の習慣・モラル編

子どもは親の背中を見て育つといいますが、最も影響を与えるのが、親のモラルではないでしょうか。
たとえば電車での迷惑行為などがよく取りざたされていますが、最近では子どもが他の乗客に迷惑をかけているのを親が注意せずに見て見ぬふりをしていることがよくあるようです。
靴を履いたまま座席に上がっていても、友達と大声でおしゃべりをしていても、つり革などで遊んでいても、親は携帯電話をいじりながら知らんぷり…。一昔前までは信じられないような光景も、今では珍しくなくなってきました。
また、親自身が電車の中でモラルを問われるような行動をしていることで、子どもはそれが人に迷惑をかけることだとは思わなくなります。子どもにとっては親は偉大であり、親の行いを真似するものですから、子どもの前では絶対にモラルある人でなければなりません。

また、集合住宅が急激に増えてきた昨今。昔から居住している人同士では世間話や挨拶が交わされるものですが、新しく越してきた同士では挨拶が全くないこともあるようです。
大人も子どもも、挨拶ができない人、挨拶を返せない人が増えているといわれています。
挨拶というのは、人と人を結びつけるきっかけとなるもの。特にご近所さんとの付き合いは、子どもの頃真っ先に築かれる外とのふれあいです。
それを閉ざしてしまわぬよう、挨拶はしっかりと行うようにしましょう。
また、家庭でも、「おはよう」「ありがとう」「おやすみなさい」「いってらっしゃい」など、挨拶をする習慣をつけていくようにしましょう。

大人になると、少しはズルしても許される許容範囲がわかってくるようになります。しかし、そんなズルやモラルを問われることを、子どもの前でやってしまってはいませんか?
子どもは、親のちょっとした行いもしっかりと見て、そしてそれを真似ながら成長していきます。
子どもの前ではより注意して、モラルある行動を心がけるようにしましょう。

悪影響を与えてしまう親の習慣・睡眠編

子どもは親の背中を見て成長するといいますが、親の悪い習慣が子どもの成長に悪影響を及ぼしてしまうことは大いに考えられます。
家族内で常識であることも、社会に出ると通用しないことは多々ありますから、親御さんも外を常に意識した教育をしなければなりません。子どもは成長していくうちに一般常識を徐々に身につけていくものですが、親の悪い習慣が子どもに悪影響を与えてしまわないことも大切です。

近年問題になっている悪い習慣が、夜更かしによる睡眠不足です。
ベビーカーを押し、まだ幼い子どもの手をひきながら、深夜のファミリーレストランに訪れる保護者も、今では珍しくなくなってきました。
深夜に子どもを連れだすのはもってのほかです。子どもの頃から親の夜遊びに付き合わされてしまっては、子どもが成人前に夜遊びに行くようになってしまっても、親は何も言えません。
さらなる問題が、子どもの睡眠時間です。
睡眠中は成長ホルモンが分泌されるため、子どもにとっての睡眠はとても重要なことであることはおわかりでしょう。しかし、ただたっぷり寝るだけでは子どものためにはなりません。大切なのは、その時間帯です。
成長ホルモンが最も分泌されるのが、午後10時~午前2時だといわれています。しかも就寝後2~3時間後が最も盛んに分泌されますので、午後8時~10時の間には布団に入っておくことが、子どもにとって一番いいのです。

睡眠時間が遅くなってしまう理由の一つに、帰宅時間が遅い父親とのスキンシップがあります。
終日外出をしている父親に子どもも会いたいものですが、寝るタイミングを狂わせてしまうことになりかねないので、ふれあいの時間は朝に設けられるのが良いですね。
また、夜起きているとお腹がすき、何か食べなければ寝付けなくなってしまいますので、夕食をとった3時間後くらいには寝付けるようにしておきましょう。
夜食をとることで肥満にもつながってしまいます。

ホーム > タグ > 子供

カレンダー
« 12 月 2018 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る