ホーム > タグ > 国際交流

国際交流

英語の発音の矯正は必要か?

ネイティブのようにペラペラと英語を話せるよう、発音を矯正しようと考える方も多いでしょう。しかし、発音に関しては「無理に矯正する必要はない」といった見解を述べる方も多く、実際に発音を矯正するべきかしないべきか悩んでいる方もいるかもしれませんね。

まずいえることは、発音が良くてブロークンな英語を話すよりも、多少発音が悪くても文法の正しい丁寧な英語を話す人の方が英語力は高いです。

しかし、発音を正しいものに矯正することで、その人の英語力は間違いなく伸びます。

英語力がなかなか伸びないなあ、と思っている方は、発音の矯正を心がけてみてはいかがでしょうか。

発音を矯正するには、口の形や舌の使い方などの練習を積み重ねていくことで、少しずつ正しい発音が身についていくのですが、そのような練習を中心に行うよりも、ネイティブの発音を真似て実際に喋ってみる練習をしていた方がよっぽど早く正しい発音を習得できます。

しかしやっかいなことが、聴いたものをそのまま発音しているのにも関わらず、間違った発音であることが多いことです。自分ではなかなか気づけないため、独学では解決の難しい問題だといえるでしょう。

このような場合は、英語を教えるプロの方、またはネイティブの方に発音の間違いを指摘してもらう必要があります。学校の授業でも、英会話スクールでも、生徒の発音を正しく矯正しようとすることはまだまだ少ないかもしれません。

しかし、海外に行き、何か購入しようとする時に、日本では通じていたはずの英語が全く通じない、ということはよくあることです。日本国内の教育では、実践のために発音を細かくチェックしてくれるところはあまり多くはなく、文法や正しい言い回しであれば、それで良しとしている講師の方がやはりまだ多いのです。

だからこそ、英語を教えてくれる先生や、講師の中に、自らが進んで矯正したい旨を伝えましょう。

そうすることで、正しい発音が身につき、そして英語力もアップするでしょう。

ボディーランゲージの大切さ

コミュニケーションには、言葉を使う方法と、言葉以外のものを使う方法があります。英語を勉強し、コミュニケーションをとる上で必要なのは「英語力」ですが、それと同じくらい必要なのが「ボディーランゲージ」です。

実際にコミュニケーションをとってみるとわかるのですが、ボディーランゲージだけで結構言いたいことが伝わるものです。

英語が相手に通じない、という経験をしたことがある人はたくさんいると思いますが、そんな時にもボディーランゲージは大変役に立ちます。

また、ボディーランゲージは、ネイティブスピーカーと話している時にだけ大切というわけではありません。アメリカのコミュニケーションの専門家、アルバート・メラビアンがコミュニケーションの3大要素が相手に与えるインパクトを調べたところ、「言葉」が7%、「声、話し方」が38%、そして「ボディーランゲージ」が55%でした。つまり、ボディーランゲージが最も重要なコミュニケーションの要素だということになります。

言葉が通じない相手にだけ必要なものではなく、言葉が通じる日本人同士でもボディーランゲージは大切なんですね。

日本人はあまりボディラインゲージを重視していませんが、身振り手振りで会話をすると、より伝わりやすくなります。

知っておきたいのは、国によってボディーランゲージが少しずつ違うということ。

例えば、日本では自分を示す時に鼻を指でさすことが多いですが、英語の場合は、胸をさします。

「お金」を表現したい時、日本では人差し指と親指で丸をつくりますが、英語の場合は親指と他の4本の指をすりあわせます。日本で使用されているお金にはコインが多いのですが、海外では細かいお金からお札になるので、この表現方法になるわけです。また、日本のお金のボディーランゲージだと、英語圏では「OK」のサインだと思われるので、注意したいですね。

最近では、教科書にもボディーランゲージがのっていて、その重要性が徐々に浸透しつつあるようです。

留学の失敗談から学ぼう!先輩たちの失敗談集

留学する日本人の数が年々減少している、と近年いわれるようになりましたが、同時にグローバル化が叫ばれるようになり、留学について考え直した方も多いかと思います。

見知らぬ土地に行くのですから、不安はつきものです。

現地に行ってから後悔しないよう、準備は是非万全に!

こちらでは、留学を経験した先輩方の失敗談を集めてみました。失敗談から学び、是非留学に役立ててみてください。

・帰宅したら大騒ぎに。私の捜索願いが出ていました

友達と楽しくおしゃべりをしていたら、あっというまに夕食の時間。もっと話そうということになり、そのまま食事に出かけて、また盛り上がってしまっ て・・・。遅くなるときにはホストに電話するように、とガーディアン(保護者代理)から言われていましたが、日本でも連絡せずに遅くなることはあったの で、気にしていませんでした。そして、家に帰ったのは10時頃。家に着いたとたん、ホストマザーは抱きついてくるし、ガーディアンは家に来ているし、おま けに警察にも連絡したと聞いてびっくり。事情を話したらみんなに本気で叱られました。なんでも、女の子が連絡もせず夕食までに帰宅しない、ということは現地ではあり得ない話で、誘拐とか事件や事故に巻き込まれたと心配していたそうです。ちなみに携帯は電池切れでした。

(参考:http://www.koukou-ryugaku.net/story/001.shtml)

・歯医者は保険対象外?

虫歯がひどくて歯医者に行ったら、海外旅行保険は歯の治療費には対応していないらしく高額な治療費を請求されちゃいました。しかも英語がわからないから、 どこがどう悪いのかを説明するだけでも一苦労。ホストファミリーの行きつけの歯医者だったから優しく対応してくれて良かったけど、後々調べたら、現地の学校の学生証を見せれば、もっと安く治療を受けることができたらしい・・・・・。保険は確認しておかないとダメですね。

(参考:http://www.koukou-ryugaku.net/story/001.shtml)

・ホームステイ先の食事が・・・

ホームステイ先によって食事の内容が全然違います。日本と違って食生活に無関心な人は本当に無関心! 僕が最初にホームステイをしたところは、夕食にジャ ガイモ一個焼いただけのものが出てきたり、昼食も薄っぺらいパンにジャムを塗っただけのものだったりなんて当たり前という家でした。ライスに醤油をかける だけでも、ご馳走に感じるような日々で、体調がボロボロになりました。

(参考:http://www.koukou-ryugaku.net/story/001.shtml)

・お酒を飲んで国外退去処分。もう学校には戻れません

友達の誕生パーティで、みんなでお酒を飲んでしまったんです。部屋でこっそり飲む分にはいいだろうと(もちろんこれも違法行為なんですけどね)。でもその後、酔った勢いで外に出て、公園で飲んで騒いじゃったんですよ。そんな目立つことしたから警察に捕まってしまい、厳しい高校だったからみんな退学処分。僕は留学生だったから国外退去処分になってしまいました。捕まって3日目にはもう飛行機の中でした。

(参考:http://www.koukou-ryugaku.net/story/001.shtml)

・気付いたら友達は日本人ばかり。英語が上手くならない!

留学してすぐは英語が分からなくて、前からいた日本人の人達に助けてもらうことが多かったんです。親切にいろんなことを教えてくれて、頼りにしていたんですよ。放課後はもちろん、週末も一緒に遊ぶ毎日でしたね。自分でも、そのグループにいると居心地が良くて、つい集まってしまう…。でも、話すことと いったら、学校や生活での愚痴ばかり。なんか理由もなく友達やめるわけにもいかなくて、気付いたら英語を使わない生活になっていました。

(参考:http://www.koukou-ryugaku.net/story/001.shtml)

・基礎学力の差

日本である程度しっかり勉強している人の方がやっぱり上達は速いと思う。自分の場合、日本で会社の行き帰りの電車で勉強してたんだけど、結構役に立った気がする。若い人は吸収するのが早いけど、年が上の人ほど日本でしっかり勉強してから来た方がいいと思う。

初級レベルで外国に行くと生活が困難で、どうしても日本人と日本語で会話してしまう(語学留学の人にとってはなるべく避けるべき)。

(参考:http://www.kazu.tv/blog/archives/000604.html)

自宅で国際交流!ホストファミリーになるには

お子さんだけでなく、自分自身も海外へ留学してみたい、と考える保護者の方も増えてきているようです。
最近では親子で短期間留学ができるコースなども用意され、親子で国際交流を体験する機会が増えてきました。
しかし、何週間も家を明けることができない場合、諦めるしかないのでしょうか。

一つの案として、ご自身がホストファミリーになるという方法があります。
ホストファミリーとは、海外からの留学生の受け入れ先となる家族のことで、食事などの世話をします。
自宅に留学生を迎い入れることで、文化や習慣の違いを分かち合え、最も身近で密度の濃い経験ができるはずです。
ホストファミリーになるには、ホームステイ協会への登録が必要となります。
協会もいくつか存在し、市のホームステイ団体が募集していることもありますし、財団法人AFS日本協会など、全国的に募集している大手もあります。

海外に出ることなく一番近い場所で国際交流ができるわけですから、英語を勉強中のお子さんがいらっしゃるご家庭などは特に登録しがいがあるのではないでしょうか。
しかし、留学生が英語を公用語としていない場合もあります。
英語を勉強したいからといって「英語を話せる学生を…」といった希望は出せません。
日本への留学生では、中国人や韓国人が多いようで、英語を話せればコミュニケーションはとれますが、各国の母国語しか話せない留学生ももちろんいますから、その点は心に留めておきましょう。
また、誰しもが積極的に話してくるとは限りません。
中にはホームシックになって部屋にこもってしまう学生も多く、コミュニケーションどころかなんとか部屋から出てきてもらうことに一苦労することもあります。

しかし、ホストファミリーになるということは、お子さんに国際交流のきっかけを与えることとなり、それがきっかけで英語を話すこと、異国の文化を理解することなどに興味を示してくれることもあるのです。
海外の留学生を家族として迎え入れることは決して簡単なことではありませんが、得られることはとても多いのではないでしょうか。

ホーム > タグ > 国際交流

カレンダー
« 7 月 2018 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る