ホーム > タグ > 仕事

仕事

翻訳者の仕事の種類

英語を熱心に勉強している方の中には、翻訳家を目指している方もいるのではないでしょうか。

海外でヒットした洋書を、日本語に翻訳して新たに世に送り出す。自分が翻訳した言葉が、多くの人々の目に留まるのは、大変素晴らしいことですよね。

そんな翻訳者ですが、大きく3種類の仕事にわけられます。

一つ目は、翻訳業界の約9割を占めるといわれている、「実務翻訳」です。

実務翻訳は産業翻訳とも呼ばれており、電機、医療、コンピューターなどの技術面における翻訳です。マニュアルや契約書を、日英、英日に翻訳するわけですが、実務翻訳をするためにはその分野における専門知識が必要になります。

始めるまでは相当の勉強が必要ですが、専門知識のある翻訳者として評価されれば、安定して仕事を得ることができるでしょう。

二つ目は、「出版翻訳」です。

文芸翻訳とも呼ばれていて、小説、雑誌、ビジネス書など、あらゆる出版物を翻訳する仕事です。

出版翻訳は、臨機応変に翻訳できる柔軟性が必要で、例えば、スラングやシャレなども訳さなければなりませんから、それをどう訳せるかが力の見せ所になります。文才があることももちろん大切です。

また、翻訳するだけじゃなく、歴史や文化なども理解していなければなりません。洋書をたくさん読み、シャレやスラングがすんなりと理解できるようになるまで海外の生活になじむ必要がありそうです。

三つ目は、「メディア翻訳」です。

映画の字幕をつくっている翻訳者が、こう呼ばれています。映画だけでなく、ドラマ、ニュース、ドキュメンタリーなど、メディア全般の翻訳を行い、字幕や吹き替え版の原稿をつくります。

映画の翻訳では、出版翻訳と同じようにスラングやシャレなどを理解している必要があり、そのシーンでの感情をきちんと伝えられるか、文字数は適切かなど、他の翻訳とは一味違ったテクニックが必要です。

ニュース字幕の場合は、誤訳がないだけでなく、国政情勢や政治経済の知識が必要ですから常に情報収集をしなければなりません。

ホーム > タグ > 仕事

カレンダー
« 12 月 2018 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る