ホーム > タグ > 中学生、高校生、英語教育、学校

中学生、高校生、英語教育、学校

文部科学省による英語教育改革実施計画について考えること

文部科学省は2013年12月13日に初等中等教育からの早期英語教育推進を目的とした「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」を発表しました。

本計画によると小学校では「小学校英語教育推進リーダーの加配措置・養成研修」「専科教員の指導力向上」「小学校学級担任の英語指導力向上」「研修用映像教材等の開発・提供」「教員養成課程・採用の改善充実」といった体制を整えることが推進されています。

中・高等学校でも同様に、教員の指導力向上や英語力の定期的な検証などの体制整備を挙げています。

英語教育の推進に伴い、教員の英語力も求められるようになるため、体制を整えることで英語教育を充実させていこうという意図があるのでしょう。

早期英語教育を推進することはグローバル化に必要なことですが、実際に指導を行う教員からは理解が追いつかない生徒も多いという声も聞かれます。

基礎が充分に身についていない状態で英語授業を行うと、理解が追いつかない生徒も多くなることでしょう。

生徒一人ひとりの理解度も加味し、バランスよく英語授業を行えるようにするのが今後の課題と言えます。

また、小学校では教員が英語も理解しなければならなくなるため、教員の負担が大きくなるのも懸念材料です。

英語教育を推進するためには、基礎英語力や教員の英語力など土台をしっかりすることが必要になるでしょう。

本計画の中でひとつ気になるのは、冒頭で「2020年(平成32年)の東京オリンピックを見据え~」という文言が入っている点です。

確かに東京オリンピックが開催されれば海外からたくさんの観光客が来るため、英語での接客やコミュニケーションが必要とされることでしょう。

しかし、本計画は英語教育を推進するためのものであるため、東京オリンピックは関係ないのでは?と思います。

関心が高い東京オリンピックを引き合いに出すのも分からないでもないですし、確かに英語力は必要になりますが、本計画が指す英語教育とは何なのだろうかとちょっと気になりました。

シンプルで覚えやすい英語の名言

名言と呼ばれる言葉は案外短いものが多く、簡単な英語が使われているものも多いです。

日本にもたくさん名言がありますが、海外の偉人が残した名言や格言は英語の勉強にも役立ちます。

名言には真理が詰まっていますので、何かに迷った時などにふと思い出し、背中を押してくれる名言もたくさんあります。

今回は簡単な英語で構成された名言をいくつかご紹介します。

「It’s not that I’m so smart,it’s just that I stay with problems longer.」

相対性理論を発見した物理学者のアルベルト・アインシュタインの言葉です。

「私は天才ではない。ただ、人より長く一つのことと付き合ってきただけだ」という意味です。

ごくごく簡単な英語で構成されていますし、天才だと周りから言われることが多かったであろうアインシュタインは、自分は天才ではなく、一つのことに長く向き合ってきたからこそ、見つけられたものがある、と語っています。

自分は天才ではないから何も成し得ない、と思うのではなく、天才を目指すのでもなく、一つのことに長く向きうことの大切さを教えてくれる言葉です。

「It is not who is right, but what is right, that is of importance.」

チャールズ・ダーウィンの進化論を弁護した生物学者、トマス・ヘンリー・ハクスリーの言葉です。

「誰が正しいか、ではなく、何が正しいかが重要だ」という意味です。

あまり知られていない名言ですが、偏見などで判断するのではなく、何が正しいかで判断することの大切さを教えてくれる言葉です。

難しい英単語は一切使われていませんし、文の構成は勉強になりますね。

「Life isn’t about finding yourself. Life is about creating yourself.」

アイルランド出身の劇作家、ジョージ・バーナード・ショーの言葉です。

「人生は自分探しではない。人生とは自分の創造である」という意味です。

どこかにいるはずの理想の自分を見つけるのが人生ではなく、自分を創造していくことが人生であると説いています。

この名言もシンプルな英語のみで構成されていますし、作家なので文章の流れがすごく綺麗で覚えやすいですね。

何回か声に出して読んでみると、すぐに覚えられそうです。

効率のいい英語勉強法

英語を勉強する時、通常は簡単な単語から1つ1つ覚えていきます。

そして文法も、簡単なものから徐々に覚えていきます。

しかしそれでは、いつまでたっても英語を流暢に話すことができないのは、学校での英語教育を受けてきた方でしたらご存知ではないでしょうか。

学校の教育では、「ABC」から勉強し、簡単な単語を勉強し、簡単な文法から勉強していきます。

要するに、会話としてはすぐに実践できないことを、パーツごとに学んでいくわけです。

「How are you」などの挨拶ができても、そのあとの会話が続かないようでしたら、それは実践としては使えない、としか言いようがありません。

このような勉強方法を、日本語として考えてみたら、その効率の悪さは一目瞭然です。

日本語がまだ話せない子供に、「あいうえお」から教え、簡単な単語のみを教え、簡単な現在形のみを1年間みっちりと教えます。

こういった手順で日本語を覚えていく子供は、まずいないといっていいでしょう。

子供は、たくさんの難しい単語や文法が飛び交う中で、生活していき、そしてそれを自然に身につけていくのです。

それは英語でも同じことがいえるでしょう。

一部だけをみっちりと教えていても、英語には様々な単語や語彙が存在しますので、流暢に話せるようになるには相当難しいことです。

ですから、英語を勉強する時も、どんどん難しい言葉をあびるように覚えていくことが効率的に英語を習得していく方法なのです。

効率よく英語を勉強するために大切なことは、「全体」を見ること。

学校や多くの英会話教室で行われている教育は、一部しか教えることがないため、英語の上達が遅く、大変効率の悪い勉強方法になってしまっているのです。

それを踏まえ、難しい単語や語彙にもどんどん挑戦し、繰り返し浴びるようにインプットしていくことが大切です。

すると、英語で自分のことを表現したり、ネイティブスピーカーとの会話が自然とできるようになる日が、グッと近づくのではないでしょうか。

ホーム > タグ > 中学生、高校生、英語教育、学校

カレンダー
« 11 月 2017 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る