ホーム > タグ > 中学受験

中学受験

入試の時事問題対策と傾向

入試問題のひとつとして出題されるのが、時事問題です。

時事問題というのは、試験日の前年に世界や日本で起こった大きな出来事や事件に関する問題です。

主に中学と高校の受験で採用され、大学受験の場合は小論文のテーマとして扱われることがあります。

時事問題は基本的に試験日の前年の夏休み前までに起こった出来事・事件が取り上げられるため、8月前のニュースを中心におさらいしておきます。

しかし、例外的に大きな出来事や事件が起こった場合は、夏休み以降(8・9月以降)に起こった出来事も取り上げれることもあるため、時事問題対策を充分に行うなら前年1年分のニュースを総ざらいしておいた方が良いでしょう。

例えば2013年の入試で時事問題として出題されたのは、前年(2012年)に開催されたロンドンオリンピック、原発問題、2012年5月21日に観測された金環日食などです。

いま紹介した問題はほんの一部で、学校によってテーマや扱う出来事・事件が異なります。

インターネットの普及に関する問題を出題した学校もあり、前年度の出来事ではなく現在の世の中の情勢なども含め、幅広く取り扱われます。

時事問題対策として入試直前に慌てて前年度のニュースをチェックしても、なかなかチェックしきれませんし、それぞれのニュースの内容を一度に覚えるのは大変です。

時事問題はテレビでニュースを見たり、新聞を読んで日頃から対策を行っておかなければなりません。

入試対策だけでなく、時事ニュースのチェックは世の中のことを知るために大人になってからも必要になりますので、ニュースを毎日チェックするよう習慣づけておく方がいいですね。

オリンピックの話題やスポーツの話題などは見ていて楽しいですが、いいニュースばかりではないのでニュースのチェックは決して楽しい作業ではありません。

しかし知識と教養を養うためにも欠かせないため、常日頃からニュースを見るようにしましょう。

就職時の面接でも時事ニュースが話題に取り上げられることもあるので、ニュースのチェックは習慣化しておきたいですね。

東京都に目指す4・4・4制の公立小中高一貫教育校

東京都は「東京都教育ビジョン概要」を公表し、12年制の公立小中高一貫教育校の開校を目指しています。

現在の6・3・3制とは異なり、東京都が目指している12年制の一貫校は4・4・4制です。

各4年を基礎期、拡充期、発展期に分ることにより、一人ひとりの個性や能力の育成しやすいという考えの元に考案されました。

現在の6・3・3制の学年と照らし合わせると、基礎期は小1~小4、拡充期は小5~中2、発展期は中3~高3に該当します。

4・4・4制の一貫校は2017年(平成29年)の開校を目指し、理数系を中心にグローバルに活躍出来る人材の育成を目指すとしています。

昭和20年代に導入された6・3・3制です。

これが4・4・4制に新しい学校制度となるわけではなく、教育課程特例校として開校されることになります。

まだ正式決定ではなく、国の承認を得た後に開校が可能となります。

欧米では4・4・4制を取り入れている国もあり、子供の個性と可能性を伸ばすことを目指しています。

現在の学校制度では受験によって教育が区切られるため、4・4・4制によって区切られない連続した教育が可能となります。

一貫校であるため受験による区切りはないものの、受験という目標がなくなり勉強に力が入らなくなるのでは、という懸念もあります。

一貫校よりも途中入学した子の方が良い成績を維持することもあり、学力を維持するため、受験に変わるシステムや工夫が必要となるでしょう。

基礎期は小1から小4に該当するため、本来ならば6年で学ぶことを4年で学ばなければなりません。

2年間、基礎学習が早まった分、その後の拡充と発展教育に力をいれることが出来、子供の個性によって可能性を引き出しやすくなることでしょう。

その反面、入学する全ての子供が4年という通常より短い期間で基礎学力を身につけられるかどうか、学習に遅れる子供に対してどう対応するのかなども課題として挙げられます。

6・3・3制にもメリットとデメリットがあるように、4・4・4制にもまたメリットとデメリットがあります。

東京都が構想する4・4・4制が、今後どのような教育内容を提示するのか要注目です。

受験当日のハプニング集

受験当日は特別な日。いつも通り過ごそうと思っていても、いつ何があるかわからないのが実情です。また、雪が降ったり、冷え込んだりと、季節のせいもあって予期せぬトラブルが起こる可能性もあります。

今までに実際にあったトラブルをまとめてみました。あまり構える必要はありませんが、万が一このようなトラブルがあった時のことも考え、準備は万端にしておきたいですね。

■小学校受験でのトラブル

○体調不良

・当日に発熱してしまい、受験できない学校があった。

○天候不良

・大雪で電車が遅延。途中でタクシーに飛び乗り、なんとか間に合った。

○その他

・面接前の食事で子どもが服にシミをつけてしまった。

・受験直前に親族に不幸が。当日はお通夜で、受験本番だというのに十分に子どもに手をかけられなかった。

■中学校受験でのトラブル

○体調不良

・試験中に気分が悪くなり、別室で受験させてもらった。

・お正月の帰省で風邪をひいてしまい、受験当日まで治らなかった。

○天候不良

・大雪のため、受験校に着くまでに靴下まで濡れてしまった。冷えと緊張で、腹痛に襲われた。

○道に迷った・乗り間違い

・早朝は乗り換えの電車が別のホームから出ることに気付かず、違う電車に乗ってしまった。

○その他

・早く起きたのは良かったが、朝食も早めだったので受験中お腹がすいてしまった。

・当日になって消しゴムがないことに気付き、コンビニへ買いに走った。

■高校受験でのトラブル

○体調不良

・受験前日、「孫のために」と持ってきた煮物を食べ、お弁当にも入れたところ、傷んでいたのか食べた後にお腹が痛くなってしまった。

○天候不良

・朝は晴れていたので自転車で受験校に向かったが、受験中に大雪になり、自転車は後日取りに行くはめに。

○その他

・一緒に待ち合わせていた友達が遅刻し、あやうく待ち合わせていた全員が間に合わなくなりそうだった。

・高校に着いてから受験票を紛失してしまった。中学校に連絡して本人確認をしてもらったから受験できたが、もしそうでなかったら…。

・受験した教室に時計がなく、腕時計も持っていなかったため、時間配分に苦労した。

■大学・短大受験でのトラブル

○体調不良

・受験のため地方から上京し、2週間にわたるホテル暮らしを経験。緊張と疲れから最後の2、3日は熱や腹痛に悩まされた。

○道に迷った・乗り間違い

・各駅停車しか止まらない駅で降りないといけないのに、間違えて特急に乗ってしまい、先の駅から引き返してきた。

○その他

・面接の日、駅についたところで制服のボタンがはずれてしまった。

・試験2日前の朝、寝違えて首を痛めてしまった。試験中にはさらに痛みが増し、全く試験に集中できなかった。

受験当日のトラブルとして、最も多いのが体調不良のようです。特に、小学校受験では断トツに多いのだとか。

緊張やプレッシャーから引き起こされる体調不良もありますが、交通機関や天候によるトラブルとは違い、ご家庭で注意していれば避けられる可能性が高いトラブルですから、受験前にはしっかりと体調管理を行っておきましょう。

参考【ベネッセ教育情報サイト】より

http://benesse.jp/blog/20110210/p2.html

中学受験にあたって、確認すべきこと

中学受験に向けて、準備をしているご家庭も多いことでしょう。
また、これから中学受験を検討されている方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方に、中学受験にあたって確認すべきことをご紹介したいと思います。

【費用面】
近年最も注意してほしいことが、費用面です。
塾や参考書などの準備にかかる費用、そして入学時の費用、そして入学後の費用。これらが十分か、ということをしっかりと計算してください。近年、費用面が厳しいということで、中学受験の準備を始めるも途中で断念する方や、入学してから費用をまかなえずに退学してしまう方が増えているそうです。
もしもそうなってしまったら、一番かわいそうなのはお子さんですよね。せっかくやる気を出し、受験勉強や中学生活に精を出していたのに、それが金銭面の都合で中断されるのはとても残念でなりません。
そうならないためにも、事前の確認が必要です。

【夫婦間の問題】
例えば、お母さんが受験に一生懸命になっていても、お父さんが受験についてあまりよく思っていない、というご家庭はありませんか?どちらかが中学受験に否定的であれば、もう一度中学受験について考え直す必要があると思います。どちらかが小学校5、6年の間はのびのびと生活させたいという考えをお持ちなら、再度話し合いましょう。
また、お子さんにどんなことを望んでいるのか、どのような教育を望んでいるのか、夫婦だけでなく家族全員で話し合ってみてください。

【子どもとの意志確認】
まずは、お子さんが本当に受験したいかを確認することが大切ですね。親の見栄ばかりにとらわれて中学受験を強いてはいないか、ネームバリューだけで志望校を決めてはいないかを、お子さんと話し合って確認し合いましょう。
お子さんが、目的意識をしっかりと持っているかは、絶対に確認し合いたいことです。決して、親の言うがままに受験を行い、合格後も目的も理由もわからずに学校生活を送ることのないようにしましょう。

中学受験のために保護者がしておきたい準備とは

中学受験を控えているご家庭では、受験に向けた準備をされていることでしょう。
するべきことをあげるとするとキリがないのですが、あげるとすれば以下のことではないでしょうか。

・学校説明会への参加
・学校や受験のための情報収集
・受験・受験勉強のための費用捻出
・志望校の選択
・塾の選択
・子どもの学力や苦手科目の把握と対策
・子どものモチベーション操作
・入試に向けてのスケジュール管理
・子どもの体調管理

以上のものの中で特に重視すべき事柄は、情報収集、費用捻出、子どもの学力把握・体調管理でしょう。
中学受験となると、保護者の方が一生懸命になるものですが、一度受験を決めたからには、お子さんも受験に向けて一生懸命になるものです。そんなお子さんを支えるためには、志望校に合わせた塾を選ぶこと、そしてそのための費用を確保することが親として最も優先すべきことでしょう。
費用捻出は、中学受験で終わるわけではありませんよね。入学後のことも考えておかなければいけませんから、ご夫婦でよく話し合いましょう。近年の経済状況の悪化で、中学受験を途中で断念したり、費用をまかなえずに途中で退学してしまう生徒さんが増えているそうです。お子さんに悲しい思いをさせないよう、計画をたてていきましょう。

また、子どものうちは自分自身を多角的に見つめ、学力に合った志望校を選ぶことはとても難しいこと。これは、保護者の方も一緒になって考えるべきです。お子さんの学校選びは、一生に関わる大きな問題です。ネームバリューだけや、見栄や体裁で志望校を選んでしまうと、お子さんの自尊心や自主性を損なうことになりかねません。お子さんの学力を把握しながら、じっくりと相談して志望校を決めていきましょう。
また、体調管理は親が裏で支えるべき重要な点。食事の栄養は偏っていないか、健康を損なうような生活環境になってはいないか、睡眠時間はしっかりととれているかなど、受験まで体調を崩さないよう管理してあげましょう。

中学入試用語を知ろう!【ま行~や行】

これから中学入試を控えているご家庭もあるでしょう。
入試についていろいろと調べているうちに、知らない言葉が出てくる、ということはよくあることです。
そこで、こちらでは中学入試で使われる、用語についてまとめてみました。今回は、ま行~や行をご紹介しています。

【ま行】

・窓口受付
願書や調査書を、学校の窓口まで持参する受付方法です。これのみではなく、郵送受付と併行している学校がほとんど。

・マニフェスト
選挙時でも使用されるこの言葉が、学校においては教育ビジョンや教育目的を具体的な形で受験生や保護者に提示しているものをさします。大幅な改革を行った学校では、数年後の大学合格者の目標人数をマニフェストとして掲げているところもあります。

・ミッションスクール
キリスト教系の学校の総称。キリスト教を教育の基盤として取り入れている学校も、ミッションスクールに含まれます。カトリック系とプロテスタント系に分かれており、宗教色の強い学校もあれば、薄い学校もあります。

・無料テスト
塾が生徒募集のために行っているもので、入塾を検討している児童に対して実力テストとして実施しています。入塾テストを兼ねている場合が多いです。

・面接
男子校はほとんどなくなってきたようですが、女子校や共学では学力試験と併せて行われています。面接は、受験生のみが受ける学校もあれば、保護者同伴の面接、受験生のみのグループ面接などがあります。評価は学力試験ほどは重視されませんが、ボーダーラインにいるときは面接の結果が合否に多いに響くこととなります。その学校への理解度や、生徒本人の生活態度や性格、家庭の様子などを知る目的として実施されています。

【や行】

・郵送受付
郵送で願書を受け付けることです。消印有効や、郵送必着などの表記があるため、注意が必要です。

・予習主義、復習主義
塾のシステムの違いとしてよく用いられている言葉です。
予習主義の塾では、予習→授業→テスト→復習という学習サイクルをとります。
それに対して復習主義の塾では、授業→家庭での復習→テストという学習サイクルを中心に行い、家庭で復習させるクセをつけています。

中学入試用語を知ろう!【な行~は行】

これから中学入試を控えているご家庭もあるでしょう。
入試についていろいろと調べているうちに、知らない言葉が出てくる、ということはよくあることです。
そこで、こちらでは中学入試で使われる、用語についてまとめてみました。今回は、な行~は行をご紹介しています。

【な行】

・2期制・3期制
4月~9月の「前期」と、10月~3月の「後期」で1年を2期にわけることを2期制と呼びます。また、1年を1学期、2学期、3学期の3期にわけることを3期制と呼びます。各学期の間にはそれぞれ長期休暇をはさみ、各期中間テストと期末テスト、そして3学期には学年末テストが課せられます。テストが多い3期制に比べ、2期制はテスト回数が少なめです。

・入試解禁日
各都道府県の私学協会が定める中学受験の入学試験開始日のことです。東京・神奈川は2月1日、千葉は1月19日、埼玉は1月10日、地方学校の東京会場は1月です。

【は行】

・複数回入試
複数にわたって実施される入学試験のことです。入学試験が一回のみという学校は、御三家クラスの難関校のみとなります。他の学校のほとんどは複数回入試を実施していますが、その理由としては、本気で入学を希望している受験生にできるだけチャンスを与えたい、難関校受験は失敗したができるだけ優秀な生徒に入学してもらいたい、といったことがあげられます。

・付属校・系列校・系属校
「付属校」は、大学付属の学校で、原則としてその大学に進学することが前提とされています。「系列校・系属校」は、大学名がついている学校のうち、大学の関連校ではあるものの内部進学者でも試験などの選抜が課せられている学校のことです。一定の基準が設けられているので、必ずしも全員が系列の大学に入学できるわけではありません。

・分割授業
人数を分割して行われる少人数の授業のこと。少人数の方が効果的である場合に実施されています。

・併願
複数の学校を受験すること。

・偏差値
ある試験での受験者全体の平均点から、自分の得点がどの位置にいるかを表す数値のことです。
中学受験においては、四谷大塚・日能研・首都圏模試センターのいずれかの模試を受ける受験生が多いので、その数値によって合格可能性を測ることが多いです。模試の得点が平均点と同じなら、偏差値50となります。

中学入試用語を知ろう!【た行】

中学入試用語を知ろう!【た行】

これから中学入試を控えているご家庭もあるでしょう。
入試についていろいろと調べているうちに、知らない言葉が出てくる、ということはよくあることです。
そこで、こちらでは中学入試で使われる、用語についてまとめてみました。今回は、た行をご紹介しています。

【た行】

・体験授業
塾を選ぶ際、授業を体験できることです。授業風景は説明会ではわかりませんが、体験授業を行うことで講義の内容の質や、講師の教え方を知ることができます。能力別クラス編成をしている塾では、できるだけ体験授業を受けることが望ましいです。

・ダブル出願
受験日と受験時間帯が同じである複数の学校に、願書を提出しておくことです。同日同時間に2校を受けることはできませんから、当然どちらかを選ばなければなりませんが、それ以前に受けた学校の合否結果や受験生の精神状態を考慮して、受験直前にどちらを受けるかを決定します。また、最終応募者数を見てから、受験倍率の低い方を受験する場合にも利用されます。

・試し受験
東京と神奈川の入試は2月1日に始まります。それ以前に他県の学校を受験することを試し受験といいます。入試慣れをし、確実に合格することで自信をつけておくための受験です。合格しても入学するつもりがない、いわゆる完全な「お試し」であるため、こう呼ばれています。

・チャレンジ校
今の実力では合格率の低い難関校で、場合によっては合格もあり得る学校のことです。

・調査書
小学校で作成される報告書のこと。6年生時の成績を記録するのが一般的です。それぞれの教科の学習状況が3段階評価で記入されるほか、生活態度、活動状況などが記入されます。

・特待生制度
入試試験時が入学以降の成績が優秀な生徒や、クラブ活動などで優秀な成績をおさめた生徒に対し、学校側が入学金などの一部を免除する制度です。返済を義務づけられていない場合が多く、特待生枠として別の入試を行うこともあります。
その入試は、「特待生入試」と呼ばれています。

中学入試用語を知ろう!【さ行】

これから中学入試を控えているご家庭もあるでしょう。
入試についていろいろと調べているうちに、知らない言葉が出てくる、ということはよくあることです。
そこで、こちらでは中学入試で使われる、用語についてまとめてみました。今回は、さ行をご紹介しています。

【さ行】

・サンデーショック
2月1日が日曜にあたるとき、1日に入試を行う学校が入試日を移動させ、それに伴って他行も入試日をずらすこと。入試日を移動するのはキリスト教の学校に多いようです。通常は受けられない1日校同士の併願が可能になるため、「ショック」ではなく「チャンス」と呼ばれることもあります。

・習熟度別授業
ホームルームのクラスとは別に、習熟度に応じてクラス編成を行い、学習の効率を上げるための授業方法です。特に、数学や英語ではこの方法をとる学校が多いです。

・週6日制
通常、月曜~金曜の週5日制ですが、土曜日も休校ではなく授業や行事を実施する学校のこと。私立学校では授業時間確保のため、週6日制をとっているところもあります。公立学校は、現在全校週5日制です。

・シラバス
それぞれの学校における「学習計画」のことで、授業内容や定期試験について、学習課題の範囲などの詳細が書かれています。シラバスは、学校独自の教育目標をどのように達成しようとしているかを明らかにするものなので、積極的に公開することで保護者からの信頼を得ることもできます。

・進学校
大学進学を目的とし、大学受験体制の整った学校のことです。中高の間に高い学力をつけ、志望校に合格できるよう熱心な学習指導を行っています。

・推薦入試制度
小学校の校長先生が作成する推薦状と、作文や面接などによって合否が決定される入試制度のこと。一部の学校で実施されています。

中学入試用語を知ろう!【あ行~か行】

これから中学入試を控えているご家庭もあるでしょう。
入試についていろいろと調べているうちに、知らない言葉が出てくる、ということはよくあることです。
そこで、こちらでは中学入試で使われる、用語についてまとめてみました。今回は、あ行~か行をご紹介しています。

【あ行】

・足きり点
受験科目ごとに設けられた、合格最低ラインの基準点のことです。足きり点が1科目でもある場合は、他の科目の点数がどれだけ良くても不合格となってしまいます。全体の教科のバランスをみることを目的としています。

・1月校
都道府県の私学協会などの取り決めで、中学入試の開始日は毎年地域によって決められています。中学入試を、1月に実施される埼玉県、千葉県の私立中学入試、東京会場を設定している地方の中学のことを1月校と呼びます。

・オープンスクール
入試への理解と興味を深めるため、学校選びの参考にしてもらうために受験生とその保護者を対象に、授業を行い、部活動などの様子を公開するイベントのことです。実際に校風を知ることで、志望校を絞ることができます。

・押さえ校
いわゆる「滑り止め」学校のこと。

【か行】

・過去問
過去に出題された入試問題のことです。5年~10年程度の過去問がまとめられた問題集が毎年発売されており、それを解くことで各学校の出題傾向をつかむことができます。志望校を絞り始める6年生の2学期頃から、第一志望校をはじめ、受験予定の学校の過去問を複数解いておくことがいい受験対策になります。

・学校説明会
中学受験を検討している受験生とその保護者のために、学校のことをより知ってもらうために開催される説明会のことです。春と秋に複数回行う学校が多いです。

・科目選択入試
受験生が科目を選んで受験できる入試のことです。4科目での入試方法を採用する学校が増えていますが、午後入試や複数回入試を実施する学校では、科目選択入試を採用することが多いようです。

・繰り上げ合格
合格発表が行われた後に、入学者が辞退した場合、追加で合格者を出すこと。入学手続きの状況をみて、定員に満たない場合には順次繰り上げ合格としています。学校によっては、合格発表時に補欠候補者を発表することもあります。

・公立中高一貫
中高一貫教育を行う公立の学校のことです。
種類としては、「一つの学校として6年間、中高一貫教育を行う学校」「同一の設置者が中学校と高校を併設。中学からは無試験で高校に進学できる学校」「既存の市町村立の中学校と、都道府県立の高校が、教育課程の編成や教育・生徒間交流の連帯を深めるかたちで中高一貫教育を実施している」3種類があります。

・午後入試
午後に行われる入試のこと。午前中に別の学校の入試を受け、その後に受験することができます。人気校の入試が多い日に実施されていることが多いです。

・御三家
中学入試において、東京都にある私立難関中学校のこと。「男子御三家」は、麻布・開成・武蔵、「女子御三家」は、桜蔭・女子学院・雙葉を指して使われることがほとんど。

ホーム > タグ > 中学受験

カレンダー
« 6 月 2018 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る