ホーム > タグ > ルール

ルール

受験生必須の名詞の複数形ルールのまとめ

英語の名詞の複数形は基本的に名詞の後に「s」を付けるだけですが、knifeの複数形がknivesになるなど変則的な複数形も存在します。

名詞の複数形のルールを以下にまとめましたので、この機会にルールを覚えてみましょう。

●基本的な名詞の複数形

「bird → birds」のように名詞の後ろに「s」を付けるだけです。

たいていの名詞はこの形なので特に何も考えずに「s」を付ければいいので楽ですね。

●s、ss、sh、ch、o、xで終わる名詞

名詞の最後がs、ss、sh、ch、o、xのいずれかの場合、複数形にするには「es」とします。

「watch → watches」「box → boxes」「potato → potatoes」といったように複数形にしますが、「horse → horses」のように「e」で終わる場合は「s」を付けるだけです。

●子音字 + yで終わる名詞

「city → cities」のように、子音字 + yで終わる名詞は「y」を「i」に変え、「es」を付け足します。

「country → countries」「story → stories」などがあります。

●f、またはfeで終わる名詞

fかfeで終わる名詞は、「knife → knives」「leaf → leaves」「life → lives」のように「f」を「v」に変え、「es」を付け足します。

「knives」や「leaves」などは変則的なわけではなく、ルールに基づいて複数形にしていますので、これは必ず覚えておきましょう。

●不規則変化する名詞

「man → men」「tooth → teeth」などは不規則に変化しているため、決まったルールはありません。

なのでこれらの名詞の複数形は覚えるしかないですが、綴りが似ていて変化が同じ名詞はまとめて覚えてしまいましょう。

man → men

woman → women

tooth → teeth

goose → geese

●複数形でも変化しない名詞

deer → deer

sheep → sheep

fish → fish

※fishは同じ魚が複数形の場合は複数形でも「s」はつけませんが、異なる種類の魚が複数いる場合は「fishes」になります。

センター試験の休憩時間にしてはいけない3つのこと

センター試験には長い休憩時間がありますが、休憩時間中にしない方がよいことが3つあります。

●友達と答え合わせをしない・答えを確認しない

学校のテストなら休み時間に友達と答え合わせをしても問題はないですが、センター試験で答え合わせはしないようにしましょう。

もし違っていたら不安に陥ったり落ち込んだりしますので、答え合わせはすべての科目が終わってからにしましょう。

また、参考書などで答えを確認するのもその日の試験がすべて終わった後にしておいた方がいいです。

間違ってしまった問題があると、次の科目の試験にマイナスの影響が出る可能性があるため、参考書での答え合わせも休憩時間は控えておきましょう。

●新しいことは覚えない

勉強し残した部分を頭に詰め込みたいと思ってしまいますが、センター試験では前日までに勉強した知識だけで臨む方が効率的です。

休憩時間に新しいことを勉強しても覚えられることは限られていますし、不安が助長されてしまうだけです。

休憩時間はこれまで勉強したことの再確認をする時間にあてるのが一番いいです。

●前の科目試験を引きづらない・結果を決めつけない

前の科目で充分に力を発揮できないと落ち込んでしまいますが、次の科目に引きづらないように気持ちを切り替えましょう。

結果を見るまで点数は分かりませんので、結果を決めつけて落ち込まないようにしましょう。

落ち込んでしまうと前科目の試験の出来が気になって、次の科目の試験に集中しにくくなります。

センター試験の当日になったら、もうあとは今まで勉強したことを発揮するだけです。

当日に新しいことを覚えようとしても脳が疲れるだけです。

休憩時間いっぱいいっぱい使って復習するのも疲れるのでやめておいた方がいいでしょう。

軽く復習できる程度の参考書や簡単に単語帳などを見返す程度に留めておき、休憩時間はしっかりと休憩をとりましょう。

チョコレートなど甘いものを口にしたり、脳に栄養がいくように糖分をとることも必要です。

次の科目の試験で力を発揮できるよう休憩時間は試験で集中していた脳を休ませてあげましょう。

長時間のゲームは勉強効果を打ち消してしまう

ニンテンドーDSのゲームソフト『脳トレシリーズ』の監修を行っている医学博士の川島隆太教授は、以前は東北大学の未来科学技術共同研究センターに在籍していたのですが、現在は同大学の加齢医学研究所の脳機能開発研究分野で研究を行っています。

仙台市が設けた「学習意欲の科学的研究に関するプロジェクト委員会」(座長・川島隆太教授)は、2013年4月に市内の中学生2万4千人を対象にゲームで遊ぶ時間、勉強時間、試験の成績を尋ねるアンケートを実施。そのアンケートに基づいて分析した結果が2013年12月18日に発表されました。

分析結果によると、ゲーム機で3時間以上遊び、2時間以上勉強している生徒の数学の成績は、勉強は30分だがゲームは全くしない生徒よりも成績が低いことが分かりました。

一番成績が良いのは、ゲーム機で遊ぶ時間は1時間未満、勉強は2時間している生徒だったそうです。

あくまでもアンケートに基づいた結果なので、すべての生徒が必ずしもいずれかに当てはまるとは限りませんが、ゲーム時間が増えると勉強効果が打ち消されてしまうのではないかと懸念されています。

アンケートの結果から判断すると、勉強時間が長くてもゲームで遊んでいる時間が長いと成績が下がってしまう傾向がみられます。

1時間未満なら成績に影響が少ないため、勉強の合間の息抜きとしてゲームをするなら1時間未満に留めておくのが良さそうです。

脳トレで有名な川島隆太教授のプロジェクトが行ったアンケートだけあって、ゲーム時間と勉強効果には何かしらの関係があるのかもと考えさせられます。

勉強ばかりでは息が詰まってしまうのでゲームなどで息抜きは必要ですが、長時間のゲームでせっかく勉強したことを忘れてしまったり覚えにくくなるとしたら、ゲーム時間のバランスも考えないと勉強の一部が無駄になってしまいかねません。

ゲームは熱中すると時間を忘れて遊んでしまいますので、勉強を遊ぶ時間のメリハリをつけるために、ゲームは1日1時間未満と自分でルールを決めておく方がいいかもしれませんね。

風邪を予防する正しいうがいの方法

寒くなってくると風邪をひきやすくなります。

風邪は人からうつることが多く、ウイルスが原因で風邪をひいてしまいます。

風邪よりも怖いのがインフルエンザで、インフルエンザが流行する時期は特に注意が必要です。

受験は1~3月に行われるわけですが、冬のまっただ中であるこの季節は特に風邪がひきやすいです。

せっかく1年間頑張って勉強しても試験当日に風邪をひいてしまっては実力が発揮しきれません。

受験生にとって風邪は天敵であり、風邪をひかないよう体調管理をしなければなりません。

風邪の予防に一番効果があるのはうがいと手洗いです。

昔から帰ったらすぐにうがい・手洗いをしなさいと言われていますが、風邪の予防に効果があるため昔から言われているのです。

うがいは風邪のウイルスや細菌を取り除くために行なうのですが、うがいをする人としない人では風邪の発症率が40%も違うという研究結果も出ています。

うがいをするだけで効果的な風邪の予防になるため、帰宅したらまずうがいをしましょう。

手洗いをしてからうがいをするのが正しい順番です。

手にも細菌が付いていますので、その手で水をすくってうがいをすると自ら細菌を体に運んでしまうことになります。

ですのでまず手を石鹸やハンドソープでよく洗ってからうがいをします。

次にうがいの方法ですが、回数は3~5回行ないます。

1回では効果が薄いので最低でも3回はうがいします。

正しいうがいの方法は1回目は口に水を含んですすぎ、2回目以降で上を向いてガラガラと喉をすすぎます。

喉だけでなく口の中にも細菌が存在するため、いきなりガラガラと喉をすすぐと口内の細菌を喉に運んでしまうことになります。

ですので1回目のうがいではガラガラしないようにしましょう。

2回目以降のうがいで10秒ほどガラガラと喉をすすいで終了です。

3回うがいするだけでも風邪の予防効果が大きいですので、帰ったら必ずうがいをしましょう。

昔から言われているうがい・手洗いをしなさいという教えは、ちゃんと根拠があるのです。

まとめて覚えたい「~hood」がつく名詞

英語には「~hood」がつく単語がいくつかあります。

「babyhood」「childhood」「boyhood」「girlhood」「adulthood」などがありますが、それぞれ「~時代、~期」という意味の英単語です。

各英単語の意味は以下のとおりです。

babyhood・・・幼児期

childhood・・・幼年時代、幼年期

boyhood・・・少年時代、少年期

girlhood・・・少女時代

adulthood・・・成人期

それぞれ「~時代、~期」を付ければ意味が分かるので覚えやすいですね。

他にもあまりメジャーではありませんが「daughterhood」という単語もあります。

「daughterhood」は「娘時代」という意味です。

「brotherhood」「sisterhood」「motherhood」「fatherhood」など「~hood」がつく英単語は他にもありますが、これらの英単語は上記の「~時代、~期」を意味する英単語とはまた少し意味が異なります。

brotherhood・・・兄弟関係、兄妹の間柄(縁)

sisiterhood・・・姉妹関係、姉妹のの間柄(縁)

motherhood・・・母であること、母性

fatherhood・・・父であること、父性

家族関係を表しているため、brorher、sisiter、mother、fatherでまとめて覚えておきたいですね。

「親であること、親の立場」を意味する「parenthood」という英単語もあります。

よく使われる「neighberhood」は「近隣、近所」という意味ですが、人と人が関係するという意味ではこれらの英単語と意味合いは似ています。

「brotherhood」や「sisiterhood」、「childhood」や「boyhood」など、「~hood」には2通りのパターンがありますので、各パターンごとに英単語をまとめておくと覚えやすいです。

覚えやすい単語なので、セットにして覚えておきましょう。

子供のインターネット利用にはルールを設ける

スマートフォンの普及によってさらにインターネットが身近な存在になり、よく子供のインターネット利用が現代の問題のひとつとして取り上げられます。

インターネットは調べ物をしたりするには非常に便利ですが、ネット上には様々な有害なコンテンツがあふれています。

パソコンがウイルスに感染することもありますし、対策をしておかなければ被害に遭います。

特に子供がインターネットを利用する際は、有害なコンテンツを閲覧しないように注意が必要です。

自宅でパソコンを使用する時は、ルールを決めておきましょう。

インターネットに接続する時は親がいる時にのみ使用可、またリビングでのみ使用可としたり、オンラインゲームの接続時間も決めておきたいですね。

また、安易に自分の名前や携帯電話の番号、住所などを入力しないということも教え、オンラインゲームではIDやパスワードを他人に絶対教えないように事前にしっかり教えることも必要です。

最近はツイッターでの投稿内容が問題として取り上げられることが多く、ツイッターをはじめSNSは現実世界につながっているのだということもきちんと教えなければなりません。

何を当たり前のことを、と思われるかもしれませんが、ネット上の発言は現実世界にも影響を与え、友達関係などにも響いてくることがあります。

また、芸能人や有名人の写真を無断でネット上で公開するのは著作権違法にあたるため、著作権についてもきちんと教えてあげましょう。

ソーシャルゲームが流行っており、ゲーム内で課金することが多いようですが、課金にもルールを設けておかなければ、びっくりするような額の請求がくることがあります。

(最近は課金額が制限されていることがあるようですね)

昔のゲームならソフトを購入すればそれ以上お金をかけずに遊べましたが、オンラインゲームやスマートフォンのゲームは課金して遊ぶのが当たり前になっているため、課金に上限を設けておくことが必要です。

インターネットの利用を禁止するのではなく、正しく利用できるように教えた上で、利用することが大切だと感じます。

なかなか続かない通信教育。続けるためにはどうすれば?

英語の勉強や、日々の学習の中で、通信教育を利用している方もいらっしゃるでしょう。

社会人の方で英会話教室に通えない方や、部活などのため塾に時間を割けない生徒など、利用する理由は人それぞれだと思います。

通信教育の魅力は、時間に制約がなく、好きな時間に好きなだけ勉強することができること。自分で勉強を進めていくので、受け身になることなく、実力をつけていくこともできます。

しかしこれら通信教育の強みが、逆にデメリットとなってしまう場合もあるのです。

時間の制約がなく、誰にも強制されないため、自分でやらなければ勉強は全く進みません。

結局、手をつけられない教材が山積みになってしまい、どこから手をつけていいかわからないまま、フェイドアウト…そんなこともよくある話です。

人によっては魅力いっぱいの通信教育。その魅力を活かせずに、断念していく人も多いのですが、では、通信教育を続けるためのコツはあるのでしょうか?

一番は、自分で自分をコントロールすること。これに尽きると言っても過言ではないでしょう。

やる気が起きないことで教材に手をつける機会が少なくなっていくものですが、やる気は、自分自身でつくるものでもあります。もちろん何のご褒美もなくただ純粋にやる気に満ち溢れている人もいますが、外的な動機をつけることがやる気につながります。

例えば、まずは計画をたて、その計画通りに進めることができたら、自分にご褒美をあげましょう。もしくは、クリアできなかった場合に罰を与えるのもいいでしょう。一週間テレビ禁止、というように。

あえてプレッシャーをつくるのも、良い方法です。

家族やクラスメイト、同僚や上司などに、その通信教育を通しての目標を告げておき、自分を追い込むのです。

もしも、これらを試しても通信教育が続かなかった場合は、自分で自分をコントロールしなければならない通信教育には向いていないといえるでしょう。そんな方は、なんとか時間を割いてでも英会話教室や塾に通うことをお勧めします。

若者のテレビ離れが深刻。そこから考えられるデメリットは?

昨年あたりから、若者のテレビ離れが深刻だと言われ始めました。

テレビやDVDを「ほとんど見ない」と答えた18歳未満の子どもの割合が2009年は6.6%で、前回調査の2004年と比べて2.5倍に増え、昨年末に行われた調査では、10.5%にまで増加したと報告されています。

この調査は厚生労働省が行っている「全国家庭児童調査」でわかったものです。テレビを見る子どもは減ったものの、携帯を1日に1時間以上使う子どもは4人に1人となり、前回調査よりも増えたようです。また、1日に2時間以上ゲームやパソコンで遊ぶ子どもは3.4ポイント増で、20.6%でした。

「2010年国民生活時間調査報告書」でも、テレビの視聴時間は若い世代ほど短いというデータが発表されています。これはNHK放送文化研究所が実施したもので、10~20代の男性の平日の視聴時間は1日2時間を切っています。

一部では、テレビ番組がおもしろくなくなったから、という声もありますが、今でも子どもたちから大人気のアニメは多数放送されており、それが全ての原因とは言い切れません。

子どものテレビ離れが始まったのは、携帯電話やインターネットが身近になったことからでしょう。

それまでは、テレビに夢中になっていた子どもも、見たい動画はパソコンでいつでも見ることができ、たとえ家にいなくても、携帯電話からテレビを見れるようになったことから、テレビの前から離れてしまったことが考えられます。

テレビにしばりつけられることなく、見たい番組だけ携帯電話やパソコンから見ることで、勉強時間を増やすことができるのでは、という見解もありますが、子どもたちがテレビ離れをしたことで考えられるデメリットは、家族だんらんの時間が減ってしまうこと。

食事時間でたっぷりとだんらん時間をとれればいいのですが、昔から、家族が集まる場所はテレビの前というイメージはありませんでしたか?

子どもたちがテレビを見なくなり、部屋にこもってパソコンや携帯電話をいじってしまうと、やはり、家族が一緒にいる時間が少なくなってしまいますよね。

テレビを見るよう無理に勧める必要はありませんが、パソコンはリビングでするようにルールをつくるなど、意識的にだんらん時間を増やしたいものですね。

夏休みの宿題がいつもギリギリになってしまう人必見!時間管理の大切さ

いつの時代も、夏休みの宿題をどうしても夏休み最終日まで残してしまい、ギリギリになって親兄弟、友達に泣きつく、といったクラスメイトが数人はいたものです。
子どもの頃は、夏休みの遊びが楽しいあまりに宿題をついつい先延ばしにしてしまうこともありますが、実は大人になってもギリギリまでやるべきことを先延ばしにしてしまう人が多いのです。
これは、「時間管理」ができていないからです。
大企業の社長に上り詰めたような実業家は、大抵時間管理がきっちりと行えている人です。やるべきことは、その日のうちにきっちりと済ませておくことで、時間を無駄にせず、時間を有意義に使えることで多くの事業を成し遂げてきたのです。
夏休みの宿題を溜めがちのお子さんには、是非時間管理を身につけさせることをおすすめします。

時間管理の基本は、「締切最終日を締切だと思わず、その前に締切を設定しておくこと」です。
こうすることにより、自分の中で設定した締切日に向かってスケジュールをたてていくので、必ず締切は守られます。
また、「締切」よりも、「着手する日」を決めることも重要です。
余裕をもって着手することで、締切よりも早く、質の高いものに仕上げることが可能なのです。

また、一度にやろうとせず、小分けに締切を設けることも、時間管理の上で大切な事柄です。
一度にやろうと思うと、先が見えず、手をつけるのがおっくうになってしまうことがあります。
そうなると、なかなか着手できないまま締切まで引っ張ってしまうことにもなりかねません。

「夏休みの宿題は28日までに終わらせる」ではなく、「○頁までは10日まで、○頁までは20日まで、○頁までは28日まで」というように小分けに設定しましょう。
分割することで、着手する際の負担が軽くなり、着手しやすくなります。

時間管理は、夏休みの宿題で苦しまないだけでなく、その後の生活全般に役立ちます。
是非子どものうちに時間管理を身につけておきましょう。

テレビ・ゲーム・インターネット。ルールを決めても守れない理由

テレビを長時間見るせいで子どもの宿題がはかどらない、というご家庭が意外にも多いようで、「ルールを設定」し、「親も同じルールを守る」ことが大切だとご紹介しました。

テレビだけでなく、ゲームやインターネットの使用により、宿題や勉強がはかどらないということもあるでしょう。

中には、すでにルールを作っているご家庭もあると思います。

しかし、ルールを設定してもうちの子どもは守ってくれない…と思っている親御さんも多いようです。そのような場合は、親が一方的にルールを押しつけていることがほとんどです。子どもにルールを守ってもらいたいならば、ルールを決めるプロセスが大変重要です。

テレビやゲーム、インターネットを長時間使用させないために大切なことは、子どもと一緒になってルールを設定していくことです。

ルールを作るということは、子どもがテレビを見ることやゲームをすることが「希望」であり、その「希望」を充分に聞いてもらうことができた、と納得することが何よりも大切なのです。そうでなければただ嫌々親の言うことを聞いているだけであり、すぐにルールを破ってしまうことも考えられます。

子どもが納得するルール作りをするためには、まずは子どもの言い分に共感し、その上で親も意見を言うようにしましょう。家族内でしっかりと話し合いながらお互いが納得できるルールを作っていくのです。話し合いなしで親が一方的にルールを設定するということは、絶対にやめましょう。

また、先で説明した通り、親と子どもが不公平になってはいけません。子どもと同じルールか、同等のルールを設定し、率先して守っていくことが大切です。

子どもが「なんで自分ばっかり…」と思ってしまうことが、ルールを守れない一つの理由なのです。

決めたルールは、ホワイトボードやカレンダーの空きスペースなどを使用して守れたか否かをしっかりと明記していきましょう。○か×かを明確にしておくことで、意識も高まっていくはずです。

ホーム > タグ > ルール

カレンダー
« 4 月 2018 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る