ホーム > タグ > ネイティブ

ネイティブ

英語のリンキングを理解する

英語にはリンキング(linking)と呼ばれるものがあります。

リンキングは英単語同士をつなげて発音することで、単語の組み合わせによって発音が変わってきます。

分かりやすい例を挙げると、「Thank you」は「サンキュー」と発音しますが、各単語ごとに区切って発音するなら「サンク ユー」となります。

「サンキュー」で覚えているため、「サンク ユー」とは発音しませんよね。

「Thank you」は分かりやすいですが、例えば「What’s up?」という表現を知っててもいざ「ワツァップ」と言われたらすぐに解釈できないことでしょう。

「ワツァップ・・・ワッツアップ・・・What’s upか!」と連想できればいいですが、英語はリンキングが多いのでひとつひとつの言葉の解釈に時間がかかっては会話がなかなか進みません。

リンキングは慣れていけば理解できるようになりますので、意識してヒアリングしてみましょう。

リンキングは前の単語の終わりが子音、後に続く単語の始めが母音である場合、前後をくっつけて発音します。

「Thank you」のように子音同士をつなげることもありますし、「Come on(カモン)」「Come in(カミン)」のような母音同士が続く言葉もあります。

「Can I~?(キャナイ~)」「Woulud you~?(ウッジュー~)」などよく使う表現のリンキングから覚えていき、「Soup or Salada?」のように聞き間違いやすい表現にも慣れていきましょう。

レストランで「Soup or Salada?」と聞かれたら、「Soup」と「or」がリンキングして「スーパー」に聞こえてしまうので「スーパーサラダ」と勘違いしてしまうかもしれませんね。

日本人が英語を聞き取れないのはリンキングに慣れていないというのが大きな原因であるため、逆に考えればリンキングを理解すれば英語のヒアリング力がアップするということです。

英文を読む時はリンキングを意識し、熟語もできるだけ声に出して読むようにしましょう。

リンキングに慣れれば英語力は確実にアップします。

What’s up?の意味と使い方

アメリカ英語ではよく「What’s up?」を使います。

「What’s up?」は「最近どう?」や「最近何かあった?」といった意味で使われます。

イギリス英語ではあまり使われない表現ですが、アメリカ英語では親しい人に対して挨拶のような感じで使っています。

「何か新しいことがあった?」と尋ねていますが、特になければ「Not much.(特に変わりはない)」と答えておくと良いでしょう。

「Nothing much.」でも構いません。

軽い挨拶なので何か新しいことあったかな、何か面白い話をしないといけない、というように考える必要はありません。

あくまでも友達同士の軽い挨拶なので、新しいことが何もないならそれでいいんです。

新しい体験や経験がパッと思いついたら話すぐらいの気持ちで大丈夫です。

友達に声をかけるなら「Hey, what’s up?」と言ってもいいですね。

特に具体的な返答は求めないので、日本語で表現すると「やぁ」に近い感じでしょうか。

近況を尋ねるなら「What are you up to?」を使うこともできます。

「What are you up to?」は「最近何してるの?」「今何やってるの?」という意味で使われるため、「What’s up?」よりもちょっとした返答を求めるニュアンスで使います。

いずれにしても簡単に近況を報告する気持ちで「今は~してるんだよ」と簡潔に答えてあげるといいでしょう。

「How are you?」に対する返答は「I’m good.」「I’m great.」などですが、「What’s up?」は新しいことがあったかどうか尋ねているため、これらの返答は適していません。

「How are you?」に近い表現は「What’s going on?」や「How’s it going?」などです。

どちらも友達同士や軽い挨拶をする際に使います。

これらの英語の挨拶はよく使われますし、海外ドラマなどを見ているとよく出てくる表現なのでこの機会に覚えてしまいましょう。

英単語帳には発音記号も一緒に書く

英単語を辞書で調べて単語帳に書き写す際、単語の意味や熟語だけを書き写してしまいますが、発音記号も同時に書き写す癖も付けておきましょう。

単語の意味だけを書き写したのでは正しい発音が分からず、ネイティブの発音は身につきません。

発音記号まで書き写すのは面倒だと感じるかもしれませんが、発音記号をセットすることで英語が上達していきます。

カタカナで発音を書くのはあまりオススメしません。

英語には日本語では表記しにくい発音が多いため、発音記号を書き写さなけれ正しい発音は身につかないのです。

カタカナで発音を書いてしまうとどうしてもカタカナ英語になってしまい、単語を覚えられても通じない英語になってしまったり、リスニングテストでの聞き取りに不利になってしまったりします。

発音記号を単語帳に書き写すには、まず発音記号を読めるようにしておかなければなりません。

一見すると発音記号はなんだか複雑な記号のようにも見えますが、記号の種類は決まっているので一度覚えてしまえばスラスラと読めるようになります。

最初は読みにくい記号もあるかもしれませんが、覚えてしまえばなんてことありません。

発音記号を読めるようになれば、単語を調べた際は声に出して読むことが出来ます。

読み書きだけよりも声に出すことで単語を覚えやすくなりますので、正しい発音で覚えるために発音記号を読めるようになっておきましょう。

中学、高校生の時はネイティブの発音で英語を読むのはなんだかちょっと恥ずかしいという気持ちがあるのも分かりますが、海外ではカタカナ英語の方が恥ずかしい思いをすることになります。

正しい発音をすることに何ら恥ずかしさを覚える必要はないですし、英語を身に付けるなら正しい発音も身に付けなければなりません。

英語は「イ」を含む発音が多いため、口を横に開くのも発音のコツです。

笑顔をつくるイメージで口を横に開いて発音するだけで、カタカナ英語からネイティブ英語へと近づきます。

英単語帳に書き写していくだけで英語力が上がりますので、まずは発音記号を読めるようになりましょう。

オンライン英会話の問題点

インターネットを利用することで、海外在住のネイティブ講師に英会話を教えてもらうことが可能な「オンライン英会話」。
わざわざ教室に足を運ぶ必要がなく、海外在住の講師でしたら深夜や早朝の学習も可能です。
また、実際に教室を構えている英会話教室では場所代もかかってしまうため、場所代のかからないオンライン英会話なら低料金で英会話を学ぶことができるのです。

こんなに便利なオンライン英会話ですが、やはりまだ問題点が指摘されているのも事実です。

オンライン英会話教室のその多くは、skypeを利用していると思いますが、skypeは時々音声が乱れることがあります。
日本語ではない言語を聞いたとき、音声が乱れるとすんなりと頭に入ってはくれません。間違って聞き取ってしまったり、何度も聞き返したりと、制限時間内を無駄に過ごしてしまうことになります。
海外で台風が発生した場合、講師のいる地域では安全面の考慮から、停電になることもあるようです。

オンライン英会話のメリットは講師が多いことですが、それだけ生徒数も多いということになります。
人気講師は予約が全くとれず、いつでも予約をとれる講師に当たるわけですが、予約のとりやすい講師はいろいろと理由があるものですよね。

また、低価格が売りのオンライン教室では、全世界に講師がいるわけではなく、例えばフィリピンに限定していることがあります。
フィリピンは英語を公用語としているため発音などに問題があるわけではありませんが、若い講師は海外に出た経験がある人が少ないため、話題が限定されてしまうことも。
大学生講師でもいいという方は問題ありませんが、特にビジネス英語を学びたい方は、プロの講師のみを雇っているようなオンライン英会話教室がいいのではないでしょうか。

簡単で便利なオンライン英会話がこれから主流になるのかもしれませんが、講師がいつも違ったり、音声が時々乱れたり、いつでも学べるから幽霊会員になってしまうなど、問題点は多々あります。
担当の講師と顔を合わせ、信頼関係を築きながらコミュニケーションをとっていく学習方法の方がやる気も出て、学習もはかどるのではないでしょうか。

通訳と翻訳家、どちらが向いているか

英語を勉強している方の中には、英語が役立つような職業に就きたい、と考えている方も多いと思います。英語が役立つような職業というと、グローバル化が進みつつある日本では今後重要が高まることは間違いないのですが、役立つというよりも、英語を使うことに直結した職業を、ということになるでしょう。
英語を日本人に伝える役割として、例えば通訳や翻訳者が挙げられます。この2つの職業は、「訳す」といった意味では同じジャンルに属するため、実は比較されることがとても多い職業です。
では、通訳者と翻訳家を比較したときに、どういったタイプの人がそれぞれに適しているのかを考えてみましょう。

まず、通訳と翻訳の違いを考えてみます。どちらも「訳す」職業には間違いないのですが、訳す対象が違います。通訳は「人」であり、翻訳は「本」です。
そのため、通訳者に必要なものは「コミュニケーション能力」であり、翻訳家に必要なものは「文章力」であるといえます。

さらに、通訳者は会話の流れを止めないよう、その場ですぐに訳す、いわば「スピード」が求められますが、翻訳家はその場で訳す必要はなく、スピードよりも「完成度」が求められます。

もしも通訳か翻訳かで迷っている方がいらっしゃったら、自分にはどちらの素質が備わっているのかを見極めることが大切でしょう。
その場でスピーディーに訳すことができる度胸やコミュニケーション能力を持っているのか、じっくりと原稿に向い、より完成度の高いものを目指す粘り強さを持っているのか。

すぐに素質を見極めることは難しいと思いますので、実践してみることが賢明な方法ではないでしょうか。もちろん目指したい方を目指すのが一番ですし、どちらの腕を磨いてもいいでしょう。
ネイティブスピーカーの話を英語のわからない日本人に訳してあげたり、洋書を用いてよりわかりやすい日本語に訳してみたりと、通訳と翻訳の仕事は素人でもすぐに試すことのできる内容ですから、是非、実践しながら経験を積んでいきましょう。

Skype(スカイプ)で英会話は上達するのか

最近までは、海外との連絡手段といえば国際電話やEメールなどしかなく、通話料もかかることから通話時間も気にしなければなりませんでした。
しかし最近になり、全く通話料がかからない連絡手段が評判になっています。
それが、Skype(スカイプ)です。
スカイプとは、インターネットを利用して無料で何時間でも会話が出来るサービスのことです。インターネット環境が整っていて、ヘッドセットさえ購入すれば、コールセンターのような要領で海外にいる相手とも通話ができます。カメラを用意すれば、顔を見ながらの会話も可能です。
もちろん海外だけでなく国内でも頻繁に利用されており、自宅と会社をつなげて会議に参加できたり、遠方にいる友人と電話ではなくパソコンを利用して長時間通話ができるのです。
そんな便利なスカイプですが、このスカイプを利用した英会話が、最近では行われているそうなのです。
これは、オンライン英会話教室を運営している会社が次々と実施し始めたもので、講師の方への報酬のみで英会話ができる、というものがほとんど。なので、英会話教室に通うよりも格安ですし、家から出ずにスカイプで英会話を学習できるのです。
しかし、きちんとした発音がスカイプを通してではうまく伝わらないのがデメリットです。特に英語を習いたての場合、口元を見て、発音をしっかり聞きながらのレッスンでないとなかなか上達できないのではないでしょうか。
スカイプで英会話を推奨しているオンライン英会話サイトがありますが、スカイプでの英会話は力試しのような感覚で行った方がいいでしょう。英会話上級者でも電話での英語は聞きとりにくいというように、スカイプでの英会話は実は大変高度なのです。まずは、講師と向かい合ってしっかりと発音を習得し、ある程度の英会話を習得してからスカイプでの英会話に挑戦してみましょう。
また、誰にでもつなげることができるので、お子さんに利用させるのはちょっと怖いですよね。気づいたら友達とずっと会話をしていた、ということも有り得ます。使用する際にはルールを決め、適度な時間使うようにしましょう。

インド人から学ぶ、英語力アップの秘訣

近年急激に国際化社会が進んでいるわけですが、国際共通語化の動きの中で、英語そのものも多様化しつつあります。
「英語」というと、一般的には「アメリカ英語」と「イギリス英語」に分けられますが、英語を使用している国は何もアメリカとイギリスだけではありません。

シンガポールにはシンガポール英語があり、インドにはインド英語があるのです。
このような国境を隔てた言語には、英語は英語でも、発音や表現方法などが多少異なるものです。
インドが正にその典型なのですが、ネイティブの英語とはかなり違うにも関わらず、独特の癖を直すことなく、一切お構いなしに自国の英語でコミュニケーションを進めていきます。
驚くほどに、「ネイティブ英語に近づこう」という意識が低いのです。

インド人から学ぶことは、日本人は英語に対してカッコつけすぎではないか、ということです。
日本人特有の英語の話し方がありますが、日本人はその発音をネイティブスピーカーを前にすると「恥ずかしい」と感じる傾向にあるようです。
だからこそ言葉につまってしまい、コミュニケーションをとれずに終わることがしばしば。

しかしインド人は、発音がネイティブスピーカーと違っていたって、独特の癖があったって、自信を持って積極的にコミュニケーションをとろうとします。
インド人が話す英語は、決して上手ともカッコいいともいえない発音です。
しかし、どんなに聞きづらくても、その英語はほぼ完璧に伝わっているのです。
TOEFLの成績を見ても、70年代に入ってからの彼らの躍進ぶりは群を抜いているといえるでしょう。
80年代にはフランスにおいつき、近年ではヨーロッパの非英語諸国と肩を並べる位置にいます。
また、インドは近年、驚異的な経済成長を遂げています。
中でもコンピューター分野を得意としており、インド人の英語力の高さがインドの産業の発展を支えるといっても過言ではないのではないでしょうか。

今の国際化社会の中で発展を遂げるためには、「コミュニケーションとしての英語力」が必要不可欠なのです。

【洋画で英語トレーニングをするコツ】

英語を学びたいけど、なりなかなか英会話スクールに行けない。
そんな方の中で、洋画を観ることにより、英会話のトレーニングをしようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
独学では偏った英会話能力が身についてしまう危険性もあるのですが、洋画を観ることは、英語に触れる一番身近な方法かもしれませんね。

洋画で英会話を学びたい、と思われている方は、洋画の選び方が重要になってきます。

まずは、わかりやすい英語の映画を選びましょう。

例えば、医療関係を舞台にすれば、専門用語もたくさん使用されているため、学ぶためには効率がいいとはいえません。

また、アメリカ英語・イギリス英語の違い、方言、古い言い回しに気をつけて、なるべく最近の、わかりやすそうな映画を選ぶようにしましょう。

日本語で見たことのある映画や、原作を知っている映画を選ぶこともおすすめです。

内容がわかっている映画でしたら、先を想像しながら観ることができるので、リスニングにはより効果的でしょう。

自分の好きな映画、好きなスターが出演している映画を選ぶのも、続けられる秘訣です。

英語が苦手、という方は、まずは字幕付きで一度観てみましょう。
内容が把握できてから、字幕なしで挑戦することにより、無理なく理解できるようになるはずです。

そこそこ英語ができる、という方は、映画を観ながら聞きとれたフレーズを書き取ってみましょう。

書きとったフレーズをスクリプトと比べ、次にスクリプトを見ながらもう一度観て、どのように話されているのかを確認しましょう。

字幕なしで観た時には、聞きとれる部分が増えているはずです。

一つの洋画を字幕なしで観られるまで極める、ということは、非常に根気のいることであり、なかなか楽しいものでもあります。

しかし、洋画を字幕なしで観られるようになる人は、英会話教室に通いながら家での勉強として、洋画を使用する人が多いとのこと。

一人で学び方に悩んでしまった時は、やはりプロに任せた方がいいのかもしれません。

ホーム > タグ > ネイティブ

カレンダー
« 1 月 2018 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る