ホーム > タグ > デジタル

デジタル

辞書で調べた英単語にチェックを入れて苦手な英単語を知る

電子辞書は機能的にとても便利ですし、持ち運びやすいのでついつい使ってしまいたくなりますが、受験に関しては電子辞書ではなく、通常の辞書を使用する方が身につきます。

なぜなら辞書をひくことはただ単語の意味を知るだけでなく、自分が覚えにくい単語を知るのにも役立つからです。

分からない単語を辞書でひいた際、その単語にペンでチェックを入れていきましょう。

一回ひいただけで覚えられた単語は問題ありませんが、二度、三度と繰り返し調べている単語は要チェックです。

複数回調べているということは、自分にとって覚えにくい単語であると同時に、受験英語でよく出てくる単語であると言えます。

よく調べている単語が出てきたら、覚えにくい単語として単語帳にまとめるなどしてしっかり頭に入れるようにしましょう。

付箋でチェックを入れておくのもいいですね。

付箋が多くなってきたら単語帳にまとめたり、定期的に覚えているかどうかのテストをしてみると覚えにくい単語を覚えるのに役立ちます。

電子辞書はとても便利ですがそうしたチェックが出来ませんし、ペンでチェックをするといった視覚的に印象に残す動作も出来ないため、覚えることに関しては不利と言えます。

辞書を自分でめくってチェックを入れるという動作も大切ですので、辞書をひくのが面倒くさくても電子辞書ではなく通常の辞書を使うようにしましょう。

また、インターネットでも英単語の意味は検索出来ますが、それも電子辞書で調べるのと同じなので受験勉強の際は辞書をひく癖をつけておく方が良いです。

辞書は重たいので持ち運びの点では不便に感じますが、覚えることが最大の目的なので面倒くさくても不便でも辞書を使うようにしましょう。

電子辞書は確かに使い勝手が良いですし、英和辞典だけでなく様々な辞典が入っているので学習に役立ちますが、受験英語では電子辞書よりも通常の辞書の方が身につくため、辞書をひいた際に単語にチェックを入れることを癖付けましょう。

辞書は使い方次第で自分の苦手な英単語や英熟語を克服することにつながります。

「デジタル化」から危惧される、手書きの減少

【「デジタル化」から危惧される、手書きの減少】

最近、教科書のデジタル化についての話題をよく目にするようになりました。

今や日常生活に、デジタルは欠かせない存在になってきましたし、仕事をしていく上でデジタル機器を使いこなせることは必須になっています。世界的に情報化が進んでいることも踏まえると、もうデジタル機器は手放せなくなってきます。

文部科学省も、2020年までにはデジタル教科書・教材やデジタル機器を活用した授業の推進に打ち出すことを発表しています。それに伴い、各自治体や学校でも、今からいろんな対策にのりだしているようです。

しかし一般家庭では、デジタル教科書に対してネガティブな意見も多いよう。デジタル教科書には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

・教員が、生徒がつまずきやすい点を効率的に把握できる。それに伴い、一人一人に合わせた学習プログラムをつくることができる。

・音声など、紙の教科書ではできなかったわかりやすい説明ができる。また、生徒が操作することで、地図上で見たい地域を拡大することや、立体的な映像を回して観察するなど、教科書の利用法が広がる。

・デジタル機器を使いこなす力が自然とつく。

このように、先を見据えた試みであり、学習が非常に効率的にもなるのです。

しかし、世の中がデジタル化していくにつれて、危惧されていることもあります。

それが、「手書き」の習慣がなくなることです。

教科書がデジタル化する前に、携帯電話やワープロやパソコンなどが普及しました。

携帯にしても、パソコンにしても、平仮名から変換すればすぐに漢字が出てきます。これが危険なのです。

手書きをしようとすると、どんな漢字だったか必死に考えます。しかし、キーボードに打ち込んでいる時は、頭の中は平仮名のまま。パソコンが漢字に変換してくれるので、考える必要がないのです。

これでは、漢字も忘れてしまいますし、考える力も衰えていきます。

たとえ全てがデジタル化したとしても、やはり手書きをする習慣は忘れない方がいいでしょう。

パソコンとうまく付き合うには

【パソコンとうまく付き合うには】

今や、一家に一台はパソコンが置かれる時代になりました。子どもたちも、インターネットを使ってゲームをしたり、学習のための資料集めをしたりと、多いに役立てていることでしょう。

しかし、知らずに危険なサイトにアクセスしてしまうなど、物の善し悪しを理解できる年齢にならなければインターネットは使用するべきではない、などといった見解もあり、パソコンとの付き合い方が頻繁に議論に上がっていますよね。

今回は、インターネットではなく、パソコンの「ディスプレイ」との付き合い方についてご紹介したいと思います。

ディスプレイとは、今これを見ている画面のこと。キーボードから離れているデスクトップタイプと、キーボードとディスプレイがくっついているノートタイプがあります。

パソコンを長時間使用している人はわかると思いますが、長時間ディスプレイに向かっていると、目が疲れ、肩や腰が痛くなってきたりはしませんか?

これには、姿勢の問題もありますが、「VDT症候群」という病気の症状であることも考えられます。

VDT症候群とは、パソコンのディスプレイなどを長時間使用した際に、目・身体・心に支障をきたす病気のことです。「テクノストレス眼症」とも呼ばれています。

目の症状としては、ドライアイ・充血・視力低下などが引き起こされます。身体の症状としては、首や肩や腰の凝り、痛みなどを感じることが多いようです。心の症状としては、食欲減退・不安感・抑うつ症状などの恐れがあります。

目や肩が痛くなってくる、というのはよく聞くことかもしれませんが、心に支障をきたすことはあまり知られていないかもしれません。パソコンを使用した後はすぐ眠りにつけないなど、睡眠障害などにもつながるようです。

パソコンを長時間使用しなければならない時は、必ず1時間に10分は休憩をはさみましょう。

また、ディスプレイの位置を目の高さよりも低くセッティングすることや、ディスプレイと室内の照明の明るさが大差ないようにするなど、作業環境にも注意が必要です。

Face bookで英語の学習ができるのか?

ツイッターに続いて、英語の学習ツールとして活用されているのが、Face book(フェイスブック)です。

フェイスブックは、世界中にユーザーを持つ世界最大のソーシャルネットワーキングサービスです。元々は米国の学生限定でスタートしたのですが、徐々に人気を集め、日本国内でも老若男女問わず多くの方が利用しています。

ツイッターやミクシィと大きく違うポイントは、表示名がニックネームではなく、本名であることです。本名を公開することで、友人や、連絡の途絶えてしまっていた友人と、改めてつながることができるのです。

フェイスブックで英語を学習する方法は、2つあると思います。

一つは、外国人の友達をつくること。日常生活の中では、あまり外国人と接する機会はないと思いますが、フェイスブックの中にはたくさんの外国人がいて、交流をすることも可能です。「友達申請」をしないと記事が読めないように設定している人が多いですが、友達申請をすると案外すんなりと承諾してくれることもあります。

相手が申請を承諾してくれると、自分のタイムラインに、友達が書いた記事や写真がアップされます。相手は外国人ですから、もちろんタイムラインに流れる記事は英文。

こうすることによって、毎日英語に触れる機会ができるのです。

では、どうやって外国人の友達を探すのかというと、2つ目の英語学習法、英語のニュースをフォローすることです。

フォローというのは、「いいね!」ボタンを押すだけでOK。

例えば、CNNのフェイスブック(http://www.facebook.com/cnn)の「いいね!」ボタンを押すと、自分のタイムラインにCNNのニュースが流れてきます。それを読むことで英字新聞を読んでいるのと同じような学習法が可能です。

同じく「いいね!」ボタンを押している人や、コメントをしている人の名前も出ますので、その人のページに入って、友達申請を送れば完了です。もちろん友達にならなくても、コメント欄のみで交流をすることができます。

しかし、最近になってフェイスブックの約8.7%は偽物だという事実が発覚しました。中には、詐欺目的でアカウントを取得している人もいますので、フェイスブックで交流をするという英語学習法は、インターネットに慣れた人のみにおすすめできる方法です。

暇な時間に携帯を開き、ニュースを読むだけでも、いい時間の過ごし方ができるでしょう。

Twitterで英語は勉強できるのか?

忙しいビジネスマンや、腰を据えて英語の勉強をする時間をとれない方などが英語の学習のために利用しているツールの一つに、「Twitter(ツイッター)」があります。

ツイッターとは、携帯電話やパソコンから利用できるサービスで、140文字以内の短文を投稿するというもの。日々の一言を思いついたその時に投稿できるとして、世界中の人が利用しています。

ツイッターは、気に入ったアカウントをフォローすることで、そのツイートを見ることができ、英語の学習に役立つ情報をツイートしているアカウントもあります。携帯を開くという簡単な手順のみで、毎日英語に触れる機会をつくれるのです。

英語の学習に役立つ情報をツイートしているアカウントには、例えば、英訳・和訳のフレーズテストができるものがあります。

NHK語学フレーズ「ゴガクル」(@gogakuru)では、30分に1回、日本語のフレーズか、英語のフレーズがツイートされます。それを、英訳・和訳するのですが、ポイントは、発音も聴けるということです。テキストを見ているだけではなかなか体験できないサービスですよね。ゴガクルのアカウントをタッチすれば、それまでツイートされたものをまとめて見ることもできます。

また、「ツイッター英会話」(@English_jp)では、よく使うもののなかなか勉強しない単語や言い回しなどを1日1ツイートしています。その時その時に合った単語で、夏なら「熱中症」、オリンピックの時期には「優勝候補」などの単語がツイートされています。

他にも、英文のみをツイートするニュースサイトもありますし、海外の有名人をフォローすれば、英文を読むことができます。好きな有名人であればあるほど読みたいと思うものですから、その意欲が学習の意欲にもつながるかもしれません。

しかし、読む側に「基礎」ができていなければ、遠回りになってしまう危険性もあります。

英語を勉強するきっかけとして、またはある程度英単語や英文を読める人が暇な時間を使って学習するために利用してみるには良さそうですね。

デジタル教科書の現状

すべての学校で、2020年までにデジタル教科書の導入と、一人一台の情報端末を使える環境を実現する方向性が発表されたのは、記憶に新しいところです。
デジタル教科書とは、これまで紙だった教科書をデジタル情報端末で代替するというもので、ipadで教科書を読むことを想像してもらえればわかりやすいでしょう。

海外でのデジタル教科書導入の動きなどを背景に、日本でも教育の情報化を図るようになりましたが、お隣韓国ではすでにデジタル教科書は導入済みで、2015年では小中学校の全学年の全科目、全ての学生を対象に、デジタル教科書を導入することが目標とされています。

デジタル教科書が学生一人一人に渡るようになったら、どのような授業の受け方になるのでしょうか?
まず、先生の「教科書の○ページを開いて」は、「教科書のアプリを開いて」となります。その言葉で学生たちは人差し指を使い、2タッチほどで指定のページまでたどり着きます。
国語の授業では、小説の背景としてバーチャルプログラムを使用し、主人公の気持ちを感じることができます。
また、授業を欠席した子どもたちもインターネットを通し、自宅でも授業を受けることができます。

このような内容に対し、批判の声をあげる人もいます。
たとえば評論家の田原総一朗氏は、「緊急提言!デジタル教科書は日本を滅ぼす」(ポプラ社・2010年)で、デジタル教科書について「コミュニケーション能力が育まれず、想像力や創造力が封じ込まれる」と批判しています。

しかしこのような批判は情報化社会に突入してからも常にあがっていた声で、実際のところ、その声が政策に反映されたことはありません。
しかし考えられるのは、たしかに、バーチャルの世界を提供されることで自分自身で想像する力は衰えてしまうということです。
日本では、しばらくの間はこのデジタル教科書と紙の教科書を併用することも発表されています。教育のデジタル化が進んでいる韓国での反響を参考にしながら政策を進めていくことになりそうです。

スマホで読書に期待!

2011年11月に公開された「全国学校図書館協議会」と「毎日新聞」が行っている「第57回読書調査」によると、2011年5月の1ヶ月の平均読書数は、
・小学生…9.9冊
・中学生…3.7冊
・高校生…1.8冊
となっています。
また、5月の1ヶ月間1冊も本を読んでいない「不読者」の割合は、
・小学生…6.2%
・中学生…16.2%
・高校生…50.8%
となっています。

やはり小・中・高、と進むうちに読書数は減少しているという結果がわかります。

しかし、今回の調査で注目すべきは、「不読者」数の推移です。
中高生の中で最も不読者数が多かったのが、1997年の
・中学生…55.3%
・高校生…69.8%
です。
小学生は、次の年である1998年の16.6%。
その前後が、特に不読者数が多い年だったといえます。

しかし90年代後半から、不読者数は徐々に減少傾向にあり、近年は今まで調査してきた中でも不読者数は少ないといえます。
特に中学生と小学生にいたっては、2011年の不読者数は1981年から調査してきた中で見ても、大変少ない割合に落ち着いているのです。

高校生は、調査開始年と同等であり、それほど変化はありません。
では、どうしたら高校生が読書をするようになるのでしょうか?

ここで注目したいのが、近年爆発的に需要が高まっているスマートフォン(スマホ)です。
スマホでは、2010年から「岩波新書」などの電子書籍が定期刊行されるようになり、その他の電子書籍も続々と増加してきています。
小・中高生にはスマホは適しているとはいえませんが、スマホを持つ高校生は増えており、電車の中やファーストフード店の中などでも熱心にいじっている姿を目にします。

出版物を手にすることに抵抗が出てきてしまった現代の若者だからこそ、手軽にどこでも開けるスマホを利用して、読者数を増やしていくことができるのではないでしょうか。
高校生にとっても読みごたえのある電子書籍が更に増えてきたら、手持ち無沙汰になったときに、携帯アプリでゲームを開くのではなく、電子書籍を開く習慣も自然とつくはずです。
これからの電子書籍に期待しましょう。

ホーム > タグ > デジタル

カレンダー
« 7 月 2018 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る