ホーム > タグ > テスト対策

テスト対策

2014年度センター試験・参加大学数は過去最高、受験者数は1万921人減

2014年度センター試験が2014年(平成26年)1月18日(土)と19(日)に行われました。

電車が遅延したりICプレイヤーが不具合を起こしたりといったトラブルがあったようですが、本年度のセンター試験は大きな問題もなく無事終わりました。

本年度の志願者数は56万672人、実際に試験を受けた受験者数は53万2,350人(追試験、再試験含む)となっており、前年度に比べると受験者数は1万921人減りました。

受験者数は減少していますが、センター試験に参加した大学数は684で過去最高を記録しています。

(国立大・82、公立大・81、私立大・521)

本年度のセンター試験は全体的に問題の難易度が高くなった傾向があり、特に国語、地学Ⅰ、生物Ⅰに苦戦した受験生が多かったようです。

国語は最高点が195点で満点をとった学生がおらず、満点がなかったのは13年ぶりだそうで、平均点は98.67点で5割をきりました。

地学Ⅰの平均点は50.22点で前年度に比べると18.46点下がり、生物Ⅰの平均点は53.25点で前年度よりも8.06点下がっています。

これらの教科の平均点は下がっていますが、5教科7科目文系の平均点は532点で前年度よりも2点アップ、5教科7科目理系の平均点は568点で前年度よりも13点アップしています。

平均点だけ見れば今年の方が問題は楽だと感じますが、前年度も問題の難易度が高かったため本年度も同様に問題が難しかったというのが正しいでしょう。

その年によって教科ごとの難易度はばらつきがあるものの国語で満点がなかったこと、平均点が5割をきったことから分かるように特に国語に苦戦したのではないでしょうか。

問題自体の難易度が上がっているので、受験生は今年がなんでこんなに難しかったのだろうとと感じていることでしょう。

昨年度と本年度の傾向から推測するに、来年度も問題が難しくなっていく可能性が大いに考えられます。

難易度が高くて解けない問題はあるかと思いますが、受験対策としてセンター試験の過去問題を解いて試験に慣れ、時間配分や解ける問題は確実に得点にするなどミスがないようにしたいですね。

センター試験の休憩時間にしてはいけない3つのこと

センター試験には長い休憩時間がありますが、休憩時間中にしない方がよいことが3つあります。

●友達と答え合わせをしない・答えを確認しない

学校のテストなら休み時間に友達と答え合わせをしても問題はないですが、センター試験で答え合わせはしないようにしましょう。

もし違っていたら不安に陥ったり落ち込んだりしますので、答え合わせはすべての科目が終わってからにしましょう。

また、参考書などで答えを確認するのもその日の試験がすべて終わった後にしておいた方がいいです。

間違ってしまった問題があると、次の科目の試験にマイナスの影響が出る可能性があるため、参考書での答え合わせも休憩時間は控えておきましょう。

●新しいことは覚えない

勉強し残した部分を頭に詰め込みたいと思ってしまいますが、センター試験では前日までに勉強した知識だけで臨む方が効率的です。

休憩時間に新しいことを勉強しても覚えられることは限られていますし、不安が助長されてしまうだけです。

休憩時間はこれまで勉強したことの再確認をする時間にあてるのが一番いいです。

●前の科目試験を引きづらない・結果を決めつけない

前の科目で充分に力を発揮できないと落ち込んでしまいますが、次の科目に引きづらないように気持ちを切り替えましょう。

結果を見るまで点数は分かりませんので、結果を決めつけて落ち込まないようにしましょう。

落ち込んでしまうと前科目の試験の出来が気になって、次の科目の試験に集中しにくくなります。

センター試験の当日になったら、もうあとは今まで勉強したことを発揮するだけです。

当日に新しいことを覚えようとしても脳が疲れるだけです。

休憩時間いっぱいいっぱい使って復習するのも疲れるのでやめておいた方がいいでしょう。

軽く復習できる程度の参考書や簡単に単語帳などを見返す程度に留めておき、休憩時間はしっかりと休憩をとりましょう。

チョコレートなど甘いものを口にしたり、脳に栄養がいくように糖分をとることも必要です。

次の科目の試験で力を発揮できるよう休憩時間は試験で集中していた脳を休ませてあげましょう。

間違えやすい「used to~」と「would (often)~」 の違い

「used to~」と「would (often)~」 はどちらも過去の習慣を意味し、日本語では「~したものだ」と訳されます。

どちらも受験英語でもよく出題されますが、同じ過去の習慣を意味していても使い方はそれぞれ異なるため、間違えやすいです。

「used to~」は「長期間の過去の習慣」を指す場合に使用します。

また現在との対比を含むため、昔はしていたが今はしていないという意味で使われます。

例えば「I used to go to the movies.(昔はよく映画館に行ったものだ)」という文からは、昔は映画館に行く習慣があったけれど、今は行ってないと解釈することが出来ます。

「would (often)~」は「短期間の不規則な過去の習慣」を指す場合に使用します。

ある一時期だけの習慣や、不規則な習慣を指す際に「would (often)~」を用います。

現在との対比はされないため、過去にしていた習慣を今もしているかもしれないし、していないかもしれないという意味で使われます。

「I would often go to the movies.(昔はよく映画館に行ったものだ)」という文は、日本語にすると「used to~」と同じ意味に聞こえますが、「would (often)~」は現在との対比を含まないため、現在の習慣はこの文からは分かりません。

日本語に訳すとどちらも同じ意味に捉えてしまいますが、現在との対比があるかないか、長期的か短期的かという大きな違いがあります。

「I used to go to the movies every Sunday.」なら「昔は毎週日曜日に映画館に行っていた(けど今は行っていない)」と解釈することが出来ます。

「I would often go to the movies when I lived in Tokyo.」なら「東京に住んでいた時はよく映画館に行っていた」と解釈することが出来、もしかしたら今も映画館にはよく行ってるかもしれませんし、行ってないかもしれません。

「used to~」と「would (often)~」の使い分けるコツは、「現在との対比」があるかないかを理解することです。

勉強は継続すれば必ず結果が出る

勉強というのは時間をかけて結果を得ていくものです。

よしやるぞ!と思って気合を入れて勉強をしたものの、テストの結果が思わしくないと落ち込んでしまうことでしょう。

でも落ち込むことはないです。

勉強は継続することで必ず結果がついてきます。

結果が出るまでは個人差があったり、勉強法によっても結果が出るまでの時間差があります。

大切なのは勉強を継続することです。

英語の勉強だけでなく全ての教科に言えることです。

テストの結果だけ見れば自分が思っていた以上のものではないこともあるでしょう。

テストはあくまでも通過点のひとつです。

受験という目標に向かっていることを忘れてはいけません。

テストでは自分が苦手な分野や問題が出題されることもあるでしょう。

そういった時に結果が思わしくないと落ち込んでしまう気持ちも分かりますが、大事なのは苦手な問題を克服していくことです。

長文が苦手なら長文の解き方を覚えたり、どうして苦手なのかを考えてみましょう。

反対に考えればテストで苦手な問題が分かるのはラッキーなことです。

苦手問題を克服しておけば試験当日にそういった問題が出題されても慌てず解いていけることでしょう。

逆に試験当日や直前に苦手問題が発覚しては遅いのです。

テストの結果が思わしくないということは苦手な問題であったりしっかり覚えられていない問題であるということです。

テストの結果だけを見ずにどうして思わしい結果でなかったのかを分析してみると今後の勉強につながります。

もしも思うような結果が得られないようなら勉強法を変えてみたり、記憶の仕方などを自分なりに工夫してみることも必要です。

覚えにくい事項は語呂合わせにしたり、身近なものに置き換えたりと工夫次第で記憶しやすくなります。

一度で覚えようとせず覚えたことはしっかり復習をしていくことも必要です。

テスト前日に徹夜で勉強したことは忘れやすいため、記憶として残るように繰り返し覚えていきましょう。

繰り返しになりますが忘れてはいけないのはすぐに結果を求めないことです。

継続することで必ず学力は上がることを忘れず、受験を最終目標に定めて勉強していきましょう。

ミスの確認、難しい問題は飛ばすという試験問題の解き方

試験問題は自分が解ける問題と解きにくい難しい問題とに分かれます。

ここで頭に入れておきたいのは解ける問題も難しい問題も解けば点数になるということです。

難しい問題の方が点数は高いですが、解ける問題を解いていった方が確実に合格に近づけます。

試験では解くのが難しい問題に時間をかけてしまうと、解けるはずの問題を見逃してしまうことになります。

全ての問題を解ければそれはベストですが、試験に合格するにはベターでいいのです。

試験当日は難しい問題は後回しにし、解ける問題から解いていくという方法が最も合格率が高くなります。

解ける問題を解いてしまって時間に余裕があれば難しい問題に取り組んでいきましょう。

全ての問題を解こうとせず、解くのに時間がかかると判断すればさっと飛ばしてしまいましょう。

できれば解ける問題を解いた後で解答に間違いがないかイージーミスがないかなどを確認し、その上で時間が余れば時間いっぱいまで難しい問題に取り組むという解き方が良いでしょう。

自分では間違いなく書いたつもりでも思わぬミスはあるものです。

せっかく解ける問題なのに簡単なミスで得られる点数を逃してしまうのは非常にもったいないです。

問題を解いた後にミスがないかを確認するクセもつけておきましょう。

問題の解き方を覚えるため、試験前に過去問や予想問題などを試験当日と同じように解いてみましょう。

試験当日に上記のことを実践しようと思っても、緊張と焦りで確認を忘れてしまったりペース配分を間違ってしまったりしてしまいます。

過去問を解いてみて時間が足りなくなったならペース配分を見直してみましょう。

解答にミスが多いことが分かればしっかり確認することを意識するだけで確実に点数が上がります。

試験本番と同じようにきっちり時間をはかり、自分が問題を解くペースをつかむことが大切です。

スペルなどにミスがないかを必ず確認し、難しい問題は飛ばすという解き方を試験前に身につけておきましょう。

チョコレートを食べると集中力がアップする理由

受験本番ではできるだけ集中した状態で試験に望みたいですよね。

チョコレートを食べると集中力が上がるとよく言われ、試験直前にチョコレートを食べる受験生も多いようです。

ではなぜチョコレートを食べると集中力が上がるのでしょうか?

チョコレートにはいくつか成分が含まれていますが、成分のひとつであるテオブロミンが集中力を高める作用があります。

テオブロミンは集中力以外に記憶力や思考力も高めてくれます。

陸上のスタートダッシュの実験ではチョコレートを食べた方がスタートに対する反応が早くなったそうです。

集中力アップの時間は30分くらいだそうですが、チョコレートを食べることで一時的に集中力がアップします。

ですので試験の直前にチョコレートを食べることで集中力・思考力がアップし問題に集中できるようになります。

また人間の脳のエネルギー源がブドウ糖であることも関係しています。

ブドウ糖は脳にとって唯一のエネルギー源であるため、頭を働かせるにはブドウ糖を摂取する必要があります。

チョコレートにもブドウ糖が含まれていますので、チョコレートを食べることで脳にエネルギーを供給し頭が働くようになります。

ブドウ糖に限って言えば他のお菓子やブドウ糖を含む食べ物でもいいのですが、チョコレートに含まれるテオブロミンの効果が加わり、集中力と思考力の両方を脳に与えることができるのです。

他にもまだチョコレートによる効果があります。

チョコレートの原料であるカカオが持つ香りには人をリラックスさせる効果があるため、香りによって緊張を和らげさせる効果があります。

食べることで香りも感じることができるので、チョコレートを一口食べると試験前の緊張がほぐれてリラックスした状態で試験にのぞむことができます。

喉が渇くと逆に集中力の妨げになってしまう恐れがあるので、試験前に食べる時はチョコレートを食べた後に必ず飲み物を飲んでおきましょう。

チョコレートはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛といった成分も含まれる栄養価の高い食べ物ですので、勉強する時に一口チョコレートを食べることで脳や体に良い影響を与えてくれます。

徹夜で勉強したことをすぐに忘れてしまう理由

テストの直前に徹夜で勉強したことは一時的に覚えているものの、時間が経つと忘れてしまいます。

徹夜で詰め込んだ内容はテスト当日には思い出すことができますが、徹夜で覚えたことは受験には有効ではありません。

実は徹夜で覚えたことを忘れてしまうのには理由があるのです。

人の記憶には”"短期記憶”"と”"長期記憶”"があります。

徹夜で勉強して覚えたことは”"短期記憶”"にあたりますが、どんな記憶もまず”"短期記憶”"から始まります。

“”短期記憶”"から”"長期記憶”"へと変わることで忘れずに覚え続けられるわけですが、”"長期記憶”"に変化させるには睡眠が必要です。

人間というのは睡眠中に記憶を整理しており、”"短期記憶”"として覚えた事柄を睡眠中に”"長期記憶”"へと変化させるのです。

ですので寝ずにテストにのぞむ徹夜の勉強は”"短期記憶”"として覚えているものの、睡眠をとっていないため”"長期記憶”"に変化せずすぐに忘れてしまうのです。

受験という長い期間で考えるとテスト勉強で必至に覚えたことを忘れてしまうのはもったいないことです。

テスト直前に慌てて勉強する気持ちも分かりますが、徹夜をしないでいいようにテスト勉強期間をしっかり自己管理する必要があります。

それに徹夜明けでテストにのぞむと頭がしっかり働かないというデメリットもあります。

このように勉強と睡眠には深い関わりがあり、”"長期記憶”"のためには充分な睡眠をとることが不可欠です。

寝ると覚えたことを忘れてしまうというイメージがあるかもしれませんが、実際はその反対で寝ている間に”"長期記憶”"として脳にしっかり記憶されていくのです。

テストは点数をとるためのものではなく授業で覚えたことを確認するためのものですし、長期的に考えると受験のためでもあります。

徹夜で勉強したことを”"短期記憶”"として終わらせるのはもったいないですし、せっかく覚えるのなら”"長期記憶”"として受験に役立つように覚えたいですね。

そのためにはテストは徹夜せずにしっかりと睡眠をとってのぞむことが大切です。

試験前の緊張・プレッシャーをやわらげるには

【試験前の緊張・プレッシャーをやわらげるには】

試験前に、お腹が痛くなってしまったり、極度の緊張で頭が真っ白になってしまうことはありませんか?

特に今後がかかっている試験では、緊張しすぎて体調を崩してしまう人も少なくはないでしょう。

そのまま試験に臨んでも、今まで培ってきたものを棒にふってしまいかねません。

緊張しやすい方は、是非緊張をほぐすための対処法を身につけておきましょう!

試験に限らず、今後緊張した時に使える対処法をご紹介します。

■成功することをイメージする

緊張している時は、マイナス思考になりがちです。

「失敗したらどうしよう…」「勉強したところが出てこなかったらどうしよう…」などと考えてしまい、それがさらに自分自身を追いこんでしまうのです。

それを避けるためにも、成功することをイメージすることが大切です。試験中、リラックスして臨んでいる自分をイメージすると、緊張は徐々に落ち着き、自信が湧いてきます。

自信に満ちている人は成功しやすいといいますが、自信に満ちている人ほど常に成功することを考えているものです。

■一度つまずいても、引きずらない

試験中、わからない問題があったときに、パニックに陥ってしまう人はいないでしょうか?スピーチなどでも、途中までうまくいっていたのに、途中で小さなミスをしただけで緊張が増し、失敗し続けてしまうという例もあります。

小さなミスに対する「どうしよう!」は、かえって大きな「どうしよう!」を呼んでしまうので、一度つまずいても頭を切り替えることが大切です。

■緊張しない、という意識を持ち続けない

緊張しやすい人は、「緊張しないこと」を意識し続ける傾向があります。

しかし、そればかりにとらわれていると、逆に大きな緊張を生みます。上の「一度つまずいても、ひきずらない」につながりますが、あまり意識しすぎないことが大切なのです。

■腹式呼吸

緊張すると心拍数が上がりますが、心拍数は呼吸によって変化します。

深く、ゆったりとした呼吸をすることで、心拍数も徐々にゆっくりと穏やかになっていきます。おススメは、腹式呼吸です。

腹式呼吸のやり方は、まず口からゆっくりと息を吐き、吐きながらお腹を引っ込めます。吐ききったら今度はお腹をふくらませながら鼻から息を吸います。

できるだけ長く息を吐くのがコツです。

■たくさん笑っておく

そんな余裕ないよ、と思われるかもしれませんが、笑うことは、リラックスにつながります。試験前には友達と会場に行き、いっぱい笑っておきましょう。

入試に強くなる勉強方法とは

学力を上げるための勉強方法と、入試で受かるための入試方法は、同じようで実は違います。今回は、入試で受かるための勉強方法をご紹介しましょう。

学力を上げるためではなく、入試に受かるための勉強方法とはどういったものなのでしょうか。
注目すべきは、「時間」です。
学力を上げるための勉強には、時間の制限はありません。やれるだけやればいいのです。
しかし、入試には時間の制限があります。例えば、60分。お子さんは、この60分間を集中して、そして効率的につかうことはできているでしょうか?
入試前から、時間が限られていることに慣れておかなければいけません。
入試対策として、ストップウォッチを用意して、勉強時間を常に60分で区切る、という勉強方法を行ってみましょう。解答する範囲を最初に決め、お子さんのそばには時計を置いておきます。時計を意識しながら、時間との戦いに慣れさせるという方法です。
そして、時間配分も身につけるようにしましょう。
悔やんでも悔やみきれないミスが、時間が足りずに後半の問題に全く手がつけられなかったということです。こういったミスをしないためにも、試験が始まったらすぐに、どの程度の問題数があるかを把握します。そして、一問に何分かければ全ての問題を解けるかを大ざっぱでいいので計算します。この計算に時間をかけてしまっては本末転倒なので、本当に大ざっぱで構いません。
もしも途中でわからない問題があったら、潔くとばしていきます。これが重要です。
入試の問題は、全部が全部難しいわけではありません。
所々にサービス問題も存在します。それを見逃す手はありません。
そういったサービス問題で確実に点数を取るためには、間違える可能性が高いと思った問題は、まずはどんどん飛ばしていった方が無難。そうすることで、時間が足りなかった、という後悔を避けられます。

入試に強くなるためには、時間制限に強くなること。
これが、必ず行ってほしい入試対策なのです。

国語テストの見直しのコツ

算数のテストでは、見直しをすることで点数が上がることはよくあることです。しかし、国語のテストには、算数でいうところの「検算」がないため、見直しをせずにテストを終えてしまうお子さんが多いよう。
しかし、国語も見直しをすることで、点数が驚くほどアップすることもあるんですよ。

抜きだし問題や、穴埋め問題は、見直しをしやすいのではないでしょうか。
見直す方法は、抜きだした言葉や穴埋めする言葉をそれぞれ穴に入れて文章を全部読んでみるということです。間違っている場合は、明らかにおかしな文章になってしまうので、すぐに気付くはずです。

国語のテストのミスとして、かなり多いのが、「問いにきちんと答えられていない」ことです。しっかりと問題を読んでから答えているのだからそんなはずはないと思いがちですが、答えを解答欄に書いているうちに、どんどんと主旨がずれていってしまい、結果、問いとずれた答えを書いてしまうのです。

このミスをなくすための見直しが肝心です。
解答を全て終えたら、もう一度確認してみます。確認してみるべき点は、問いの中心部分です。問いの中心部分とは、例えば「なぜ~したのでしょうか?」と疑問文になっている部分です。
次に、答えの中心部分をチェックします。この場合は、「~だから」となっていれば、問いに合った解答ということになります。
時間があれば、じっくりと全文をチェックしたいところですが、時間がない時は問いの中心部を探し、そして解答の中心部を探しましょう。このやり方だと、終了時間が迫っていても素早くチェックすることができるはずです。

最後に、見直しをするために重要なのは、見直しの時間を多く確保するということ。
ということは、解答している時間を削ることが大切なのです。それは、解答をおざなりにするというわけではなく、問題を読むスピードを上げられるように練習をしたり、書いたり消したりという作業を減らしたり、といった工夫です。
効率的に見直しができるよう、その点にも心がけるようにしましょう。

ホーム > タグ > テスト対策

カレンダー
« 8 月 2018 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る