ホーム > タグ > コミュニケーション

コミュニケーション

いくつ言える?野菜の英名

「strawberry」「apple」など果物の英名はカタカナ英語にもなっているので結構知っているものが多いですが、野菜の英名は意外と知らないものが多いのではないでしょうか。

例えば「キュウリの英名は?」と聞かれたら、「キュウリ?なんだっけ・・・」と解答に困ってしまうことでしょう。

「人参(ニンジン)」=「carrot」など英名を知っている野菜もあるかと思いますが、案外知らない野菜の英名をまとめてみました。

カリフラワーなど日本名と英名が同じでもスペルが分からなかったり発音が違っている野菜もあります。

海外に言った時にレストランで野菜の名前を言う機会があると思いますので、ぜひ覚えておきたいですね。

・甘藍(キャベツ)… cabbage(kˈæbɪdʒ)

・花甘藍(カリフラワー)… cauliflower(kˈɔːlɪflὰʊɚ)

・胡瓜(キュウリ)… cucumber(kjúːkʌmbɚ)

・生姜(ショウガ)… ginger(dʒíndʒɚ)

・大根(ダイコン)… Japanese radish(rˈædɪʃ)※radishはハツカダイコン

・蕪(カブ)… turnip(tˈɚːnɪp)

・ブロッコリー … broccoli(brάkəli)

・菠薐草(ホウレンソウ)… spinach(spínɪtʃ)

・茄子(ナス)… アメリカ英語:eggplant / イギリス英語:aubergine(óʊbɚʒìːn)

・牛蒡(ゴボウ)… burdock(bˈɚːdɑk)

・レタス … lettuce(léṭəs)※レタスの和名は萵苣(チシャ)

・蓮根(レンコン)… lotus root(lóʊṭəs)※lotusは蓮(ハス)

・里芋(サトイモ)… taro(tάːroʊ)※里芋はタロイモの一種です

・大豆(ダイズ)… soybean(sˈɔɪbíːn)

・南瓜(カボチャ)… pumpkin(pˈʌm(p)kɪn) / squash(skwάʃ)

※pumpkinは主にハロウィンで使われるオレンジ色の種類のカボチャで、ズッキーニなどそれ以外のカボチャはsquashに分類されます。

海外での使用に注意!料理や食べ物の和製英語

和製英語は実際の英語にはない言葉であったり、別の意味の言葉であるため海外では通用しないものがほとんどです。
カタカナ英語も本来の意味と異なる意味で使われているものが多く、例えばインスタントフード(インスタント食品)は英語ではconvenience foodと表現します。
料理や食べ物に関する和製英語は結構多く、海外に行った時にレストランやカフェなどで注文した物と違う物が来ると困るので、和製英語と英語表現の違いを覚えておきましょう。

和製英語 … シュークリーム
英語 … cream puff

和製英語 … ソフトクリーム
英語 … soft serve

和製英語 … プリン
英語 … pudding

和製英語 … ロールパン
英語 … rolls

和製英語 … レアチーズケーキ
英語 … no-bake cheesecake / gelatin cheesecake

和製英語 … デコレーションケーキ
英語 … fancy cake / decorated cake

和製英語 … ミルクティー
英語 … tea with milk

和製英語 … レモンティー
英語 … tea with lemon

和製英語 … アメリカンコーヒー
英語 … weak coffee
(アメリカのコーヒーは元から薄めなので、weak coffeeと注文するとさらに薄くなってしまいます)

和製英語 … ウィンナーコーヒー
英語 … coffee with whipped cream / Vienna coffee

和製英語 … サイダー
英語 … soda pop

和製英語 … アメリカンドッグ
英語 … corn dog

和製英語 … コンソメスープ
英語 … clear soup

和製英語 … ポテト
英語 … french fries(イギリスではchips)

和製英語 … ピーマン
英語 … sweet pepper / green pepper

和製英語 … ロールキャベツ
英語 … cabbage rolls

和製英語 … オムライス
英語 … rice omelette

What’s up?の意味と使い方

アメリカ英語ではよく「What’s up?」を使います。

「What’s up?」は「最近どう?」や「最近何かあった?」といった意味で使われます。

イギリス英語ではあまり使われない表現ですが、アメリカ英語では親しい人に対して挨拶のような感じで使っています。

「何か新しいことがあった?」と尋ねていますが、特になければ「Not much.(特に変わりはない)」と答えておくと良いでしょう。

「Nothing much.」でも構いません。

軽い挨拶なので何か新しいことあったかな、何か面白い話をしないといけない、というように考える必要はありません。

あくまでも友達同士の軽い挨拶なので、新しいことが何もないならそれでいいんです。

新しい体験や経験がパッと思いついたら話すぐらいの気持ちで大丈夫です。

友達に声をかけるなら「Hey, what’s up?」と言ってもいいですね。

特に具体的な返答は求めないので、日本語で表現すると「やぁ」に近い感じでしょうか。

近況を尋ねるなら「What are you up to?」を使うこともできます。

「What are you up to?」は「最近何してるの?」「今何やってるの?」という意味で使われるため、「What’s up?」よりもちょっとした返答を求めるニュアンスで使います。

いずれにしても簡単に近況を報告する気持ちで「今は~してるんだよ」と簡潔に答えてあげるといいでしょう。

「How are you?」に対する返答は「I’m good.」「I’m great.」などですが、「What’s up?」は新しいことがあったかどうか尋ねているため、これらの返答は適していません。

「How are you?」に近い表現は「What’s going on?」や「How’s it going?」などです。

どちらも友達同士や軽い挨拶をする際に使います。

これらの英語の挨拶はよく使われますし、海外ドラマなどを見ているとよく出てくる表現なのでこの機会に覚えてしまいましょう。

お子さんの話を、きいていますか?

親子のコミュニケーションとして欠かせないのが、会話です。

食卓や、食後の時間帯などを利用して、たっぷりとお子さんと会話したいものです。

ただ、ちょっと振り返ってみましょう。親が言いたいことばかりを言ってはいませんか?ちゃんと、お子さんの言いたいことを聞いてあげていますか?

懸念するのが、「早く食べなさい」「宿題しなさい」「早く寝なさい」「お風呂に入りなさい」など命令口調ばかりの会話が多すぎはしないか、ということです。

もちろんお子さんがなかなか寝ない時、親として注意することは必要ですが、なぜ寝ないかを考えたことはあるでしょうか?もしかしたら、何か理由があって布団に入りたくないのかもしれません。何か普段と違う、ということは一番身近にいる親が誰よりもわかるとは思いますが、注意ばかりするのではなく、時には「寝れないの?」などと子どもに話をさせることが必要です。

もしかしたら、もっともっと話を聞いてもらいたいのかもしれません。

また、兄弟ゲンカをしている時も、お互いの話を聞いてあげることが大切です。

兄弟ゲンカをしている時は、どうしても、「お姉ちゃんなんだから」と上の子の方を諭そうとしてしまいがちです。ただ、それが上の子の気持ちの整理につながるでしょうか?諭すだけでは、気持ちの整理にはつながりませんよね。

「お姉ちゃんなんだから」の繰り返しでは、ただ我慢し、自分の気持ちをひた隠しにする子に育ってしまうかもしれません。

やはりこの時も、話を聞くことが大切です。

二人の話をじっくりと聞いてあげましょう。話の途中で、矛盾を感じることもあるかもしれませんが、とにかく言いたいことを最後まで聞いてあげることがポイントです。本当は、子どもも、自分で言っていることに矛盾があることに気付いているのです。でも、「お姉ちゃんなんだから」で済まされるのは、絶対に納得いかないからこそもっともっとケンカが大きくなってしまうというわけです。

高校入試直前。親ができることとは

高校入試はお子さんが挑むものですが、その不安や焦りを身近で感じている親も、同じくらいの不安や焦りを抱えているものです。

しかし、親はそのような感情を表に出さないように注意しましょう。子どもは親の少しの変化も察するものですから、余計な心配をかけさせてはいけませんよね。実際に受験を受けるのはお子さんなのですから、どんなに不安であっても、お子さんにそれを感じさせないようにしましょう。実は、「何ともない」といった素ぶりが、お子さんを追い詰めずに済むのです。

冬休みに、追い込みとして勉強に励んでいるお子さんの中には、そのストレスを親にぶつけることもあるかもしれません。家族に当たり散らすその心理は、不安や緊張から逃れたい、助けてほしい、という気持ちの裏返しなのです。

このような態度は受験に限りませんが、その時期に限ったものであれば、大目に見てあげることが大切です。間違っても、「点数が悪いのは自分の勉強不足でしょ」など、言ったところでもうどうしようもなく、さらに子どもを追い詰めるような言葉はタブー。

言ってしまったら更にお子さんの心を追い詰め、焦らせてしまうことになりかねません。

その反面、「頑張れ」や「期待してる」など激励の言葉も、お子さんにプレッシャーを与えてしまいかねない言葉です。ほんの一言であれば、それはお子さんのやる気にもつながるかもしれませんが、言い続けてしまっては逆効果なのです。

親としては、普段と変わらない態度を装い、合格祈願のお菓子などをさりげなく渡す程度が、丁度いい距離感だといえるでしょう。

その中で、子どものストレスは受け止めてあげ、自分自身の不安は子どもに伝わらないようにすることが大切です。

あとは、お子さんの体調管理にはしっかり気を配ってください。

インフルエンザなどのウィルスを遮断し、風邪をひかないような環境づくりと、栄養たっぷりの食事づくりは特に重要な役割ではないでしょうか。

学力低下は、悪い姿勢が原因?子どもの姿勢矯正方法

「姿勢を正しなさい」と、お子さんに注意したことのある親御さんは多いと思います。
正しい姿勢は見た目も美しいですし、姿勢を正すことで身体が疲れにくくなります。
「成績がいい子は姿勢が良い」「成績が悪い子は姿勢が悪い」というようなことを聞いたことがないでしょうか。実際に、姿勢の悪さと学力はどのような関係があるのでしょうか?

姿勢の悪さが学力の低下につながると言われているのは、姿勢の悪さから引き起こされる身体の症状にあります。
姿勢が悪くなると、子どもの時から肩こりや腰痛になってしまうことが考えられますし、前のめりでテレビゲームをすることで視力低下につながります。
やはり一番は、集中力が欠けてしまうことでしょう。
腰が曲っていたり、猫背になっていたりすると胸の辺りが圧迫され、呼吸が浅くなります。血液の流れも悪くなり、脳に酸素が行き渡りにくくなります。その結果、頭がぼうっとしてしまい、身体が疲れやすくなることでより一層集中力低下に拍車をかけてしまうこととなるのです。
姿勢が良くなるだけで、自然と集中力がアップするといっても過言ではありません。
集中力が欠けてしまうと、勉強する時間も短くなってしまいますし、机に向かっていても勉強している内容が頭に入ってこなくなるでしょう。結果、姿勢が悪いほど、学力低下の可能性が高くなるというわけです。

子どもの姿勢を良くするためには、正しい姿勢を習慣付けることが大切。習慣になれば、子どもも自然と正しい姿勢ができるようになります。
何度も「姿勢を正しなさい」と注意しても効果がないと嘆いている親御さんもいらっしゃるかもしれませんが、言わないより言った方がマシです。言った時には正しい姿勢ができるのであれば、その注意は続けるべきでしょう。

姿勢の矯正法ですが、体を動かす時間をつくってあげることが一番自然で効果的な方法です。本格的なスポーツというわけではなく、親子のコミュニケーションを通して行う、キャッチボールなどがお勧め。座っている時間が長ければ長いほど姿勢は崩れやすくなりますので、ゲームやパソコンばかりやっていないで、時には外で身体を動かすよう誘ってみましょう。

子どものストレスから現れる症状とは

大人がストレスを感じると、胃が痛くなったり、食事がのどを通らなくなったり、お酒やタバコに依存するようになったりします。しかし、子どもの場合は、大人と同じような症状が現れるとは限りません。
大人は、ストレスが溜まったら自分のやり方でストレスを解消しようとします。しかし子どもはストレスを解消するすべを知らず、どんどん溜めこんでしまいます。そしてそれが一気に爆発してしまうことであらゆる症状を引き起こしたり、不登校や非行につながることになるのです。そうならないためにも、大人が子どものストレスにいち早く気付いてあげることが大切です。

子どものストレスによる症状の一つに、パニック症状があります。ストレスを抱え込むと、あらゆる心配や不安に支配されることがあり、その気持ちがピークに達したことによりパニックを起こすのです。
パニックに陥ると呼吸困難になったり、手足が冷たくなったり、動悸がして立っていられないほどの症状を引き起こす場合も考えられます。子どもは、その症状とうまく付き合えないもの。そのような症状に陥ったときに一番不安を感じるのは子ども自身です。一度パニックを起こすと、今度いつ同じ症状になるのか不安を抱えてしまい、さらなるストレスにもなりかねません。

子どもがパニックを起こしたら、まずは親御さんが落ち着かせてあげてください。手を握ってあげたり、優しい言葉をかけてあげたり、抱きしめてあげたりと、親の寛容さや子どもへの理解をしっかりと指し示すことにより、子どもは落ち着きやすくなります。

子どもがストレスを溜めこんでこのような症状に陥る前に、大人が上手にストレスを発散させてあげましょう。
子どもは時々、学校で嫌なことがあったことなど、不安な思いを打ち明ける時があります。そんなときは、叱ったりせずに全部聞いてあげることが大切。家族も聞いてくれないのだ、と子どもが思ってしまったら、もう吐き出す場所がなくなってしまうのです。
子どもがストレスによる症状を引き起こさないよう、家族が一番の理解者であることを伝え、「嫌なことはいつでも吐き出してね」と伝えましょう。

Skype(スカイプ)で英会話は上達するのか

最近までは、海外との連絡手段といえば国際電話やEメールなどしかなく、通話料もかかることから通話時間も気にしなければなりませんでした。
しかし最近になり、全く通話料がかからない連絡手段が評判になっています。
それが、Skype(スカイプ)です。
スカイプとは、インターネットを利用して無料で何時間でも会話が出来るサービスのことです。インターネット環境が整っていて、ヘッドセットさえ購入すれば、コールセンターのような要領で海外にいる相手とも通話ができます。カメラを用意すれば、顔を見ながらの会話も可能です。
もちろん海外だけでなく国内でも頻繁に利用されており、自宅と会社をつなげて会議に参加できたり、遠方にいる友人と電話ではなくパソコンを利用して長時間通話ができるのです。
そんな便利なスカイプですが、このスカイプを利用した英会話が、最近では行われているそうなのです。
これは、オンライン英会話教室を運営している会社が次々と実施し始めたもので、講師の方への報酬のみで英会話ができる、というものがほとんど。なので、英会話教室に通うよりも格安ですし、家から出ずにスカイプで英会話を学習できるのです。
しかし、きちんとした発音がスカイプを通してではうまく伝わらないのがデメリットです。特に英語を習いたての場合、口元を見て、発音をしっかり聞きながらのレッスンでないとなかなか上達できないのではないでしょうか。
スカイプで英会話を推奨しているオンライン英会話サイトがありますが、スカイプでの英会話は力試しのような感覚で行った方がいいでしょう。英会話上級者でも電話での英語は聞きとりにくいというように、スカイプでの英会話は実は大変高度なのです。まずは、講師と向かい合ってしっかりと発音を習得し、ある程度の英会話を習得してからスカイプでの英会話に挑戦してみましょう。
また、誰にでもつなげることができるので、お子さんに利用させるのはちょっと怖いですよね。気づいたら友達とずっと会話をしていた、ということも有り得ます。使用する際にはルールを決め、適度な時間使うようにしましょう。

聞き流しで効果的に英会話を上達させる方法

最近、「聞くだけ」の英会話教材が流行っていますよね。
石川遼くんでお馴染みのスピードランニングから火がつき、WEB上でも「聞くだけでOK」「聞けばあなたも話せるようになる!」といったうたい文句の教材が爆発的に増えてきたと思います。
しかし、そういった教材で実際に英語を話せるようになった人はあまり見かけません。
実際に話せるようになっている人はいるのに、なぜ?と思う方も多いかもしれませんね。
その秘密は、話せるようになる人は、「聞き流し」だけに頼っていないからなのです。

聞き流すだけの勉強法は、英語を刷りこむためには大変効果的です。聞けば聞くほどすんなりと英語が耳に入るようになります。
また、毎日欠かさず聞いてさえいれば、家事をしている時も、通勤通学をしている時も、寝る前にさえも学習をできるため、大変効率のいい学習法なのです。

しかし、なぜ話せるようにならないかというと、「話していないから」です。
聞き流すことにより、英語の土台は出来上がります。だからこそその土台を活かすためのレッスンが必要なのです。

聞くだけで上達するわけではなく、話せるようになる人は、常に英語に触れ、話す環境をつくっています。
聞き流していた時は「聞く」能力がつきましたが、話す訓練を続けていると、「話す」ための知識や能力が蓄積されていきます。
ですから、聞き流しでリスニングができるようになってからスピーキングの練習をすると、より効果的に英会話が上達していくというわけです。
話すだけでなく、文法を勉強し、暗記し、訳し、テストなどで実力を確認しながら学習を勧めていくことが、より英会話を上達させる秘訣なのです。

ですから、「聞き流し」といううたい文句でCDのみ販売されていることがありますが、それだけで英語が話せるというわけではないので注意が必要です。
聞き流す英語の勉強法は、英語で話す機会があり、地道にレッスンを重ねてこそ、その効果を発揮するのではないでしょうか。

グローバル人材に必要な能力とは

アジアで急速なグローバル化が進んでいる今、日本がグローバル化に遅れているということが各方面から指摘されています。
日本のグローバル化の遅れに指摘されている内容としては、グローバルに活躍できる人材が不足していることでしょう。
最近では「グローバル人材」という言葉を頻繁にきくようになりましたが、そもそもグローバル人材とはどういった人材のことをさすのでしょうか。

まず大前提として、英語力があげられます。
英語力は、海外の企業とコミュニケーションを取るための最低限のスキルです。
しかし、英語ができたとしても、その人がグローバルに活躍できる人材なのかといったら、そんなことはありません。

グローバル人材に必要な能力は、「社会的責任のリテラシー」と、「論理性」だといえるでしょう。
「社会的責任のリテラシー」とは、企業や組織として、海外でその企業や組織が果たす社会的役割を理解し、それにのっとって行動し、判断できる能力をもっているかどうかということです。
「論理性」とは、その企業や組織の理念をもって、きちんと説明できる能力、同時に説得力のこと。相手に論理的に説明でき、納得させられる能力を身につけていることが、仕事をする上では何よりも大切なのです。

英語力はもちろん大切ですが、以上の2点も持ち合わせていないと、グローバルに活躍するには難しいといわれています。
時には従業員の不祥事や管理上の問題などが起きてしまうことがありますが、現地で上の能力を持った人材がいると、問題を最小限に食い止めることができるのです。
もちろん、グローバルで活躍する以前に、国内で活躍する上でも重要な資質だといえます。

英語力、社会的責任のリテラシー、論理性のこの3点が本質に備わっている、という方は珍しいと思います。
だからこそ今の教育で、グローバル人材を育てるための教育が必要なのです。
また、能力を磨くだけでなく、異文化交流を積極的に行っていくことで、よりグローバル人材に近づけるのではないでしょうか。

ホーム > タグ > コミュニケーション

カレンダー
« 4 月 2018 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る