「新宿区・渋谷区の英語教室・英検対策」のウザワシステム教育研究所 英語教室・英語学習のウザワシステム教育研究所ダイアリー@渋谷区・新宿区

PR

一生ものの英語力を身につけたいなら!↓↓

渋谷の英語 中学生コース 中3英検2級(二級)合格も可渋谷の英語 高校生コース 大学受験では絶対有利英・国・算 小学生コース 総合的英語力の育成

ホーム

英語教室・英語学習のウザワシステム教育研究所ダイアリー@渋谷区・新宿区

大人が発音をよくするためのアドバイス

今日はシトシトと梅雨のような雨で何だか憂鬱な一日です:cry:

ウザワシステム教育研究所 代表の鵜沢 戸久子です。:razz:

さて、前回お話したように今回は「大人が発音をよくするためのアドバイス」を

お話致します:oops:

もし発音をよくしたいという大人の方があったら、こんなことを試してみてはいかがでしょうか。

① まずCDつきのテキストを買って下さい。妙にゆっくりしたものでなく、

  ナチュラルな英語のものが適しています。

② それを絶対にテキストをみないで毎日かけ流します。

  テキストを見ながらCDと一緒に言う、というのはもっとも効果のない方法です。

③ 何ヶ月かわかりませんが、かたまりだった英語がバラけてきて、

  いくつか聞き取れるようになってきます。

④ そうしたらテキストを見ながら1ページずつちゃんと聞いてみます。

   特に子音に耳を澄まして下さい。

   自分ではまだ発音できなくても、

   「t」や「d」や「r」が今までとは違って聞こえてくるはずです。

   決して一緒に読んではいけません。ただ聞きます。何回か。

⑤ それからCDを止めて言ってみます。

  分からないところはあまり辞書を引いて発音を確認しない方がいいと思います。

  それをするとたちまち日本語のシステムが働き始めますから。

⑥ こうして一ページを何回か繰り返し、だいたい読めたら次に進みます。

  その間もテープのかけ流しは続けます。

⑦ きっと意味はよく分からなくても、とてもスムーズに英語は言えるようになり、

  多分テレビの英語が聞き取れるようになるでしょう。

  英語力自体もついてきたことが実感できるはずです。

  是非お試し下さい!:razz:

  発音がよくなる!    ウザワシステム教育研究所  http://www.uzawa.co.jp/system.html

 二次試験対策も万全!   英検対策NAVI                 http://www.eiken-navi.com/




RSS リーダーで購読する

日本人には子音がわからない?

こんにちは。

ウザワシステム教育研究所 代表の鵜沢 戸久子です。:razz:

 今日は又ちょっと硬い話になり恐縮ですが、:cry:

先日より何回かお話している発音の話の続きをお話させていただきたいと思います。

 この頃気付いたのですが、我々日本人はあまり子音を気にしません。

多分すべての音に母音がくっついている日本語に親しんでいるので、

我々日本人の脳の中には子音を識別するニューロンが育っていないのかもしれません。

「か」は「ka」ですし、「す」は「su」です。

この音の中から母音を取り去り、「k」「s」という音を識別することは大変難しいと思います。

 ところが英語の発音の英語たる所以は何かと言えば、多分子音です。

アメリカ英語とイギリス英語は違う、オーストラリア英語は「ダイ英語だ」

-オーストラリアではtodayを「トゥダイ」のように、「デェィ」を「ダイ」と発音するので - 

などといいますが、それらは皆母音の違いです。

言語学者ではないので、確かなことは言えませんが、観察するところでは、子音こそが英語の音ではないかと思います。

 今年は生徒の英語を一段上げるために、この難しい子音の識別に挑戦しています。

まだことばの臨界期が過ぎていない小学生はよいCDを聴かせ、

日本人の講師が自分の英語を強制しなければ、きれいに子音を出します。

うらやましい限りです。:shock:

しかし中学生より上の人たちには意識させるしかありません。:sad:

一つだと思っていたものを二つに分けるのは本当に難しいですが、

それでもだんだんできるようになります。

淡々と時間をかけて脳に慣らしていけば、多分、人間の脳は何でも習得していく、と私は信じています。

次回は「大人の人が発音をよくする方法」についてお話したいと思います。 :idea:


英語が初めてという方から帰国子女までどんな方でも高い英語力がつく!ウザワシステム

ウザワシステムは楽な努力で誰でも高いレベルの英語をモノにすることができる、
今まで誰も思いもつかなかった斬新な方法です。
英語に自信のある人はどんどん高い英語力がつくので満足するでしょう。
英語が苦手な人はいつの間にか英語が一番得意で好きな科目になっていて驚くでしょう。

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI


 

 




RSS リーダーで購読する

体験にいらしたお母さんと意気投合しました!

明日は6月の英検の申し込み締め切り日です!

今回も小3で英検3級を受ける生徒、高2で準1級を受ける生徒、

など、さまざまです!

これから約1ヶ月皆合格できるよう講師一同がんばります:!:

 こんにちは。

 ウザワシステム教育研究所 代表の鵜沢 戸久子です。:razz:

先日小6の男の子が体験授業に来校しました。:oops:

お父さまがアメリカ人、お母さまは7才までアメリカ、そして高校、大学はアメリカ、

その後アメリカのメディアで働いていらしたそうです!

お子さんは日本で育ったにも関わらず、さすがに英語はよくできます。

でも来年インターの中学に入ると学校についていくのが大変だから、とウザワを訪れてくれました。

日本語も英語もしっかり使えるようにしたい、

当面は来年入るインターの中学についていけるように英語力をつけてほしい、

というのがお母さまの願いです。

早速現在大学で使われているテキスト、The Story of English

 

(ウザワでは出来る生徒は中2から使っています)

を使って、ウザワ独特の音読、訳、暗記をしました。

なんと真っ赤になって取り組み、訳はもちろん暗記もほとんどできました!!:shock:

待っている間、お母さまと言語について色々話しました。

お母さま自身の経験談はとても興味のあるものでした。

難しいものを入れるととても効率はいいこと

(難しいものの中には易しいものが含まれるので)、

英語が日本人にとって難しいのは歴史と文化が違うから、

バイリンガルの人が日本語を話すとおしとやかになり、

英語を話すと人格が変わってアグレッシブになるなど、ウザワのやり方が自分の経験とぴったりだ、

と言ってくれました。

ウザワの理論を分かってくれる人がいる、と話しながら感動していました!:razz:

そして結論は

「歴史や文化を全く考慮しない日本の英語教育は間違っている、ことばはそんなに簡単ではないですね。」

ということでした。:smile:


英語が初めてという方から帰国子女までどんな方でも高い英語力がつく!ウザワシステム

ウザワシステムは楽な努力で誰でも高いレベルの英語をモノにすることができる、
今まで誰も思いもつかなかった斬新な方法です。
英語に自信のある人はどんどん高い英語力がつくので満足するでしょう。
英語が苦手な人はいつの間にか英語が一番得意で好きな科目になっていて驚くでしょう。

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

 




RSS リーダーで購読する

うれしい事がありました!

今週も又一週間が始まりましたね!

週末の東京はものすごい風で荒れた天気でした。:cry:

新型インフルエンザが心配ですが、手洗い、うがい、マスクで何とか乗り切りたいですね。

何と!本日薬局に行きましたらマスクがすべて売り切れでしたぁ!ビックリ!:shock:

こんにちは。

ウザワシステム教育研究所 代表の鵜沢 戸久子です。:razz:

 先週とても嬉しいことがありました。:oops:

小2で入会し中学に入るまで何と!毎週土曜日、足利市から往復4時間かけて

英語と国語に通っていた生徒さんがいました。

あまり遠いのでこちらが気になり、通信講座を勧めましたが、

本人ウザワに行きたい!と言って淡々と通って来ました。

地元の私立中受験のために塾に入ったら、国語は断然トップ、受験には余裕があったようで

6年生の間も土曜日にはしっかり4時間勉強して帰っていきました。

中学に入ってみれば英語もダントツ、本当に帰国子女みたいな英語力をつけています。

中学になっても春期講習や夏期講習には東京の親戚に泊まって来たりしていました。

その彼女が、中2になって部活を止めたので、講習以外にも又土曜日など時々来たいとのことで、

昨日突然現れたのです!:shock:

そして楽しそうにもたっぷり勉強して帰っていきました。

久しぶりでも英語も国語もまったく衰えていなくて、講師たちはとても喜んでいました。:oops:

小学生で大きな知識を入れておけば、中学、高校だけでなく,一生モノの力になりますね:!:

講師たちはいつも生徒たちを羨ましがっていますが、私もウザワの生徒のような教育を受けていたら、

違って人生になっていただろうなぁ、とよく考えます。

 国語の授業、小2の生徒が漢文を読んでいます。

小学生から漢文を読んでいますので、大学受験の時には生徒たちは漢文はほぼ満点を取っています!


英語が初めてという方から帰国子女までどんな方でも高い英語力がつく!ウザワシステム

ウザワシステムは楽な努力で誰でも高いレベルの英語をモノにすることができる、
今まで誰も思いもつかなかった斬新な方法です。
英語に自信のある人はどんどん高い英語力がつくので満足するでしょう。
英語が苦手な人はいつの間にか英語が一番得意で好きな科目になっていて驚くでしょう。

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

 




RSS リーダーで購読する

よい英語の発音って!?

今日の東京はとってもさわやかな一日です!

ウザワシステムの教室は新宿から2駅、幡ヶ谷駅から徒歩3分位のところにあります。

 左側は甲州街道、上に首都高速が走っています。

甲州街道沿いのビルの2階ですので、殺風景ではありますが、

道一本入ると緑も多く、今日のような天気の日はお散歩したくなってしまいます:oops:

 左の木の上に見えるのは初台のオペラシティーです。

こんにちは。

ウザワシステム教育研究所 代表の鵜沢 戸久子です。:razz:

今回もまたまた発音の続きの話しをさせていただきたく、宜しくお願いします。

皆さん「よい英語の発音」とはどんな発音でと思われますか?

発音がよいとか悪いとかよく言いますが、それではよい発音とはどんな発音でしょうか?

 昔の生徒で低学年までスイスのインターナショナルの小学校に通っていた帰国子女がいました。

中1でウザワに入り、素晴らしい英語力をつけました。

東大の大学院まで進み、政府系金融機関で働いていました。

今回転職するということで先日久しぶりに会って色々な話をしました。

彼女は電話を通して世界中と証券の仕事をしていたのですが、

どんな国の人にも彼女の英語は通じて評価が高かったそうです。

ただ彼女の方は、その国のことばを全く知らない国、

例えば東欧などの人の英語を理解するのに苦労したそうです。

彼女が始めて習った先生はイギリス英語だったそうで、帰国して東京の私立中学に入った時、

can’tを「カーンt」と発音して何度も直されたとか:shock:

しかし彼女の英語は一貫してとても聞きやすい、明快な発音でした。

 日本人が目指すのはそういういわば「ニュートラル」な発音だと思います。

ある程度英語を勉強した人となら、世界中の誰にでも分かってもらえる英語です。

私はずーとそれを目指して英語を教えてきましたが、ある程度は成功していると思います。

英語を使って仕事をしている卒業生達が皆、世界の人に通じる英語を使っていますから。

もっと身近なことでは英検のリーディングの成績ではみんな4、か5(5段階評価)がついています:oops:

 多くの帰国子女も通塾!  ウザワシステム教育研究所  http://www.uzawa.co.jp/system.html

 二次試験対策も万全! 英検対策NAVI                 http://www.eiken-navi.com/




RSS リーダーで購読する

英語の文字には日本語のシステムがくっついている

こんにちは。

ウザワシステム教育研究所 代表の鵜沢 戸久子です。:razz:

今日も発音の話の続きのお話です。

 実は発音の問題を解決するのはとても難しいのです。:cry:

 面白いことに、日本人は英語の文字を読む時にすでに日本語の音声システムが働いてしまうようです。:shock:

須賀敦子さんの随筆に、学生時代にシスター指導で劇をするくだりがありますが、そこにこんな一節が

書かれています。

「最初に顔合わせというのがあったとき、台本はいっさい見せない、日本人は書いたものを見ると、おかしな発音になるからというシスター・フォイの宣言にはびっくり仰天した。彼女がワン・センテンスずつ発音するのを、まるで口うつしのようにおぼえさせるというのだ。その劇の題どころか筋さえ思いだせないのは、とうとう最後まで台本を読ませてもらえなかったからに違いないのだが、‥‥」   
-ヴェネツィアの宿 文芸春秋 から-。

 教育を仕事にしている私には、

そのシスター・フォイの正しさがよく分かって感動しました。

劇の内容が結局分からなかったとしても、須賀さんのあの卓越して語学力の源泉がここにあると思うのです。

本当に文字を見せていると、講師も生徒もジャパニーズ英語から脱することができません。

だから私も、英語の文字を見せず、日本語の訳を見せながら、あるいは何も見せずに、

ひたすら英語を読むことで、多くの生徒や講師の発音を改良してきました。

  *ウザワでの読み指導(発音指導)の風景。(左が講師、右が生徒)

ことばの臨界期を過ぎた高校生や大人は、テープを聴いても、外国へ行っても、発音は直らない、

文字を読んでいたら決してジャパニーズ英語は直らない、と確信しています。

中々信じてもらえませんが。

発音指導に定評のある! ウザワシステム教育研究所  http://www.uzawa.co.jp/system.html

新宿・渋谷から近い! 英検対策NAVI                 http://www.eiken-navi.com/ 




RSS リーダーで購読する

日本の英文科の英語教育って・・・。

いよいよ夏到来!昨日は暑かったですね~。

これから梅雨まではさわやかな暑さでとっても良い季節ですね(^^)

こんにちは!

ウザワシステム教育研究所 代表の鵜沢 戸久子です。

今日は日本人の誰もが気になる「発音」について一つ・・・。

  日本の大学の「英文科」というのは何を教えるところでしょうか?

 今年も、新しい講師、そして新しい高校生が入ってきています。

又当分の間、彼ら、彼女らとの発音についてのバトルが続きそうです。

英文科を出ていても、そして1,2年の留学を経験していても、子供の頃によい英語に触れていない限り、

結構ジャパニーズの講師が多く、これからしばらくは先輩たちが総がかりで発音改良に

取り組むことになります。

発音が悪い、と言われると大変自尊心が傷つくらしい、ということに大分前から気付いています。

結局人間は聞いたように発音するわけですから、英語の音声システムが脳の中にできていなければ、

脳は日本語の音声システムの中に似た音を探して納得するようです。

本人は聞いたとおりに発音しているので、何が悪いの!?と思ってしまうのも頷けます。

そこが大人の発音矯正の一番難しいところです。:sad:

何十年も前に私も英文科というものを卒業しました。

成績ばかりよくても、自分は英語ができると思ったことは一度もありませんでした。

自信があったのは日本語訳ばかりです。

100%日本語回路の英語を勉強していたのですね。

仕事を始めて自分で英語を勉強するにつれて、あの大学の英語教育とはなんだったのだろう?

と思いました。

月謝泥棒だなぁーと。(苦笑):neutral:

そして残念ながら非常に少ない例を除いて、現在の英文科もあまり変わっていないようです。

きっと生徒が英語の文字がちゃんと読めて、訳せていれば、発音やイントネーションを気にする先生はいないのでしょう。

生徒の英語の発音など、聴いたこともない先生が多いのでは?

日本という国はみんなで英語、英語といいながら何十年も同じコンセプト、音声無視、で日本語英語を教育をしているのですね。

まさに小学校から大学まで!!:shock:

 誤解してほしくないのですが、私は別に発音のよい人は英語ができる、と言っているわけではありません。

発音はジャパニーズでも、内容のある、文法の正しい、格調高い英語を話す人の方が、

英語の発音はしていても内容のない、ブロークンな英語を話す人より、

ずっとずっと英語ができることはいうまでもありません。

でも、一人の個人について言えば、発音がよくなると急に英語力が伸びることは長年の経験で100%真実です。

 ウザワシステム教育研究所  http://www.uzawa.co.jp/system.html

 英検対策NAVI                 http://www.eiken-navi.com/ 




RSS リーダーで購読する

頭が硬くならない漢字の覚え方

 こんにちは。

ウザワシステム教育研究所 代表の鵜沢 戸久子です。

GWもあっという間に終わり、又いつもの通りの教える日々です:grin:

さて、前回に引き続き頭が硬くならないテーマについてもう一つ。

「頭が硬くならない漢字の覚え方」:idea:

 小1の後半から漢字が出て来ます。一年生では80語、二年生では160語覚えなければなりません。

みんなどうやって覚えているのでしょうか。

多分漢字を一語一語一生懸命読んで書いて覚えるのでしょうね。

でも少数の子供だけが覚えて、後は中々覚えられず、先生や親から、

「昨日も書いたのにどうして覚えていないの?本当に頭が悪いんだから、」などと言われていることでしょう。

きっと漢字の練習が嫌でたまらないでしょうね。

私は覚えられない方が正常かもしれない、とさえ思うのです。

というのは人間の脳はそんな風にはできていないから。

鳩はなんでも焼きつくように丸暗記するそうですが、だから鳩は鳩に過ぎない。

人間はまず全体像を把握するといいます。

だから人間はここまで進化したと学者は言います。

もしただ漢字だけを覚える子供がいたら、これは鳩のような焼付け暗記かもしれない、

全体を入れることにも力を入れなければ、と考えた方がいい。

それでは、人間らしく漢字を覚える方法とは何かです。

何度も何度もたくさんの文脈でその漢字に接して、何となく知っている、見覚えがある、

というところまで脳にインプットされた漢字を、意識してちゃんと覚える、という方法です。

これなら頭も固くならず、記憶の定着もいいはずです。

昔の子供たちが今ほど苦労せずに漢字を覚えたのは、日常漢字を目にする機会が圧倒的に多かったからです、

‘交番’は‘交番’と書いてありましたし、‘さいたま’は‘埼玉’と書いてありました。

漢字といえば少し前に話題になった漢字検定がありますが、私は常々漢字検定には少々疑問を持っていました。

漢字2級に合格しているのに漢字を正しい文脈で使えず、読解力のない生徒をがよくいるのです。

漢字がそんなに大切なら、学校ぐるみで漢検を受けさせるより、世の中にもっと漢字を多くして、

子供が自然に漢字に接する機会を増やした方がずっと子供は漢字を覚えます。

昔は自然にたくさん覚えましたから。

そこで小1には、この世の中から失われつつある方法、自然に漢字が目に付く機会を意図的に作っていきました。

もちろん’ひらがな’も知らない時期からです。

① 芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を分っても、分らなくても、音読する、そして書写をする。楽にできるように点線を書いてやる。
② 桃太郎の本を音読して、ところどころ漢字のカナ付けをしたり、易しい漢字を埋める、但し絶対に強制しない。できないところ は見て書く。
③ 漢詩を白文のまま音読する
④ ひらがなを書く
⑤ 6月から少しずつ小1の漢字を読む
⑥ 9月から漢字を書く
⑦ 漢字ドリルを使う

 

ここまで漢字に親しませていきますと、まさに潜在的になんとなく知っている漢字が増えていきます。

そんな漢字の土壌の上に、小1の漢字を意識して覚えさせますから、11月には同じ方法で小2の漢字に入ることができました。

こうして生徒の中で一年生の漢字が分からない、書けない、という子どもはいませんし、

彼らはずっと学校の漢字には困らないだけでなく、難しくなるほど、潜在部分が生きてきて、

一生漢字には苦労しないだろうと期待しています。:oops:

ウザワシステム教育研究所  http://www.uzawa.co.jp/system.html

 英検対策NAVI                 http://www.eiken-navi.com/ 




RSS リーダーで購読する

頭が硬くなるのはどうして?

こんにちは。

ウザワシステム教育研究所 代表の鵜沢 戸久子です。

世の中はすっかりGW気分ですね:razz:

ウザワも授業は来週火曜日までお休みです。

先週から社内で胃腸炎が流行り、すっかり更新が遅くなってしまい失礼致しました。

 さて、今日は 「頭が硬くなるのはどうして?」 についてお話したいと思います。

  40年以上も子供たちと接していますが、生徒の頭は年々硬くなってきています。:cry:

訳語が不適切だと指摘すると、「わかりました」と言って、それだけ変える。

例えばI remember the first few weeks with some distinctness.の訳として、

「私は最初の2,3週間の違いを覚えている」などと訳します。

多分distinctを辞書で引き、異なった、という意味を見て、それに合わせた訳にするために

邪魔になるwith やsomeは見ないようにしているのでしょう。:shock:

一つの単語に固執して全体の訳をそれに合わせようとする生徒は結構よくいます。

文脈に合わないからdistinctnessに別の意味はないか、とは考えもしない。

そこで、distinctには明確な、という意味があると教えると「分りました」と言って、

「私はそれらの明確さを覚えている」と書いてくる。

単語一つの意味を変えれば全体が変わるとは思いもしない。

まさに一対一の対応しか出来ない脳になっています。

「一つ変わればそれにつれて認識のシステム自体が変わる、」と、飽きもせず言い聞かせている日々です。

あまり期待はできないと知りつつも。:sad:

 そんな高校生と日々戦っていて、何故彼らはこうなってしまったのか、と考えてしまいます。

中学生でも、特に中学受験をした生徒には圧倒的にこの種の生徒が多い。

小学生でも高学年だと結構いる。

結局小1からなら、なんとかなるのではないかと思うようになりました。

そこで5年もやれば何かが見えてくるのではないかと期待して、

去年から本格的に「豊かな認識があって、頭の柔らかい人間を育てる」プログラム:idea: に着手した次第です。

ところが結構この一年でも見えてきました。

その一つは、「認識ゼロのものを丸覚えで暗記すると頭が硬くなる、」という事実です。

昔に比べて今の高校生・中学生の頭は圧倒的に硬くて、社会性も弱い、とよく言われますが、全くその通りです。

それはゆとり教育で世の中の知識がほとんどないまま、小さな知識を丸覚えし、或る時期から突然受験で

多くの知識を詰め込まれて丸暗記したから脳がすっかり硬くなってしまった、と断言できます。

それなら一体どうしたら子供が勉強が嫌にならず、頭も硬くならないで受験に耐える知識を増やしていくことができるのか!

そんな方法があるのか!と言われそうです。

答えは:idea:

  「無意識にどんどん知識をインプットして、なんとなく知っている知識を増やし、

  それからその中のいくつかをちゃんと覚えさせる、覚えても安心せず、

  何度も繰り返してその回路を強化していく」

 という方法です。

そうすれば、どんな子供でも相当の知識、しかも長続きのする知識を会得していきます。

去年の小1たちは一年経ってみて、頭は柔らかいまま、随分色んなことを知るようになっています。

 

 ウザワシステム教育研究所  http://www.uzawa.co.jp/system.html

 英検対策NAVI                 http://www.eiken-navi.com/ 




RSS リーダーで購読する

たくさん知識があって、頭が柔らかい人をどうやって育てるか。

こんにちは。

ウザワシステム教育研究所 代表の鵜沢 戸久子です。

40年近く休みの日以外毎日生徒を教える日々ですが、:shock:

その間に本当にたくさんの個性ある生徒たちが卒業していきました。

その時代時代で生徒はどんどん変化しています。

前の生徒には有効だったことが、今の生徒では通用しない・・・

そんな中から実際の教授法だけでなく、日々色々なことを思いつきます。

これから少しずつそんなことを書いていきたいと思っております。

どうぞ、お付き合い下さい:lol:

さて、今回は「たくさん知識があって、頭が柔らかい人をどうやって育てるか」という難題についてです。

時々中1から部活漬けの日々を送ってきたけれど、いよいよ受験に専念します、という高2、高3が入会します。

ほとんどの場合、なるほどウザワの小学生より英語ができない!と感心(!?)するわけですが、

でも一年間で大学受験の英語力をつけなければなりません。

条件は

①毎日CDを30分以上かけ流すこと ②週6時間コースを取ること ③宿題をしてくること、になります。

ところが授業が始まってみると、「何度頭が柔らかいのだろう!」と:shock:一種感動する場合がよくあります。

よく砂が水を吸うように、と言いますが、まさにそんな感覚です。

楽しそうにどんどん吸収していきます。

一般に高校入会の場合は、小さい頃から勉強をしてきて(させられてきて?多分)、AはAであり、BはBだ、

という思考しかできず、その硬い、硬い脳に、知らないことも知識のネットワークを使えば解答できる

ということを分からせるのに四苦八苦します。

だから何も知らない、柔らかい頭がとても新鮮なのですが、喜んでばかりはいられません。

余りにも英語の知識はなさ過ぎて、1年間で果たしてどこまで出来るか、非常に不安になります。

最善を尽くしてそれなりの大学にいくことになりますが、つくづく考えてしまいます。

「高3で知識はたくさんあるけれど硬い頭と、知識はないけれど柔らかい頭と、どちらがいいのだろうか」と。

長い将来を考えたらもちろん後者でしょうが、目先の大学受験ではどうでしょう? 

そして切望するわけです。「柔らかくてたくさん知識のある人間をつくりたい!!」と。

どうしたら知識を入れても柔らかい頭でいられるか、その方法を模索しては実験する毎日です。

その方法については又・・・・。

 ウザワシステム教育研究所  http://www.uzawa.co.jp/system.html

 英検対策NAVI                 http://www.eiken-navi.com/ 

 




RSS リーダーで購読する

ホーム

カレンダー
« 8 月 2017 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る