ホーム > テスト のアーカイブ

テスト のアーカイブ

入試の時事問題対策と傾向

入試問題のひとつとして出題されるのが、時事問題です。

時事問題というのは、試験日の前年に世界や日本で起こった大きな出来事や事件に関する問題です。

主に中学と高校の受験で採用され、大学受験の場合は小論文のテーマとして扱われることがあります。

時事問題は基本的に試験日の前年の夏休み前までに起こった出来事・事件が取り上げられるため、8月前のニュースを中心におさらいしておきます。

しかし、例外的に大きな出来事や事件が起こった場合は、夏休み以降(8・9月以降)に起こった出来事も取り上げれることもあるため、時事問題対策を充分に行うなら前年1年分のニュースを総ざらいしておいた方が良いでしょう。

例えば2013年の入試で時事問題として出題されたのは、前年(2012年)に開催されたロンドンオリンピック、原発問題、2012年5月21日に観測された金環日食などです。

いま紹介した問題はほんの一部で、学校によってテーマや扱う出来事・事件が異なります。

インターネットの普及に関する問題を出題した学校もあり、前年度の出来事ではなく現在の世の中の情勢なども含め、幅広く取り扱われます。

時事問題対策として入試直前に慌てて前年度のニュースをチェックしても、なかなかチェックしきれませんし、それぞれのニュースの内容を一度に覚えるのは大変です。

時事問題はテレビでニュースを見たり、新聞を読んで日頃から対策を行っておかなければなりません。

入試対策だけでなく、時事ニュースのチェックは世の中のことを知るために大人になってからも必要になりますので、ニュースを毎日チェックするよう習慣づけておく方がいいですね。

オリンピックの話題やスポーツの話題などは見ていて楽しいですが、いいニュースばかりではないのでニュースのチェックは決して楽しい作業ではありません。

しかし知識と教養を養うためにも欠かせないため、常日頃からニュースを見るようにしましょう。

就職時の面接でも時事ニュースが話題に取り上げられることもあるので、ニュースのチェックは習慣化しておきたいですね。


RSS リーダーで購読する

ややこしい「be used to~」と「get used to~」の使い分け

過去の習慣を表す「used to~」には「(昔は)よく~したものだ」という意味がありますが、「be used to~」と「get used to~」では意味が違ってきます。

「be used to~」は「~に慣れている、~するのに慣れている」という意味があり、「I’m used to driving.」なら「運転するのに慣れている」と訳します。

習慣などで既に慣れている時は「be used to~」を用い、動詞に「~ing」をつけて使います。

「be used to~ing」、または「be used to 名詞」という形で使用します。

「get used to~」は「~に慣れる」という意味があり、「You’ll soon get used to driving.」なら「すぐに運転に慣れるでしょう」と訳します。

かつては慣れていなかったことに慣れることが出来た状態を指すため、既に慣れている状態の「be used to~」と使い分ける必要があります。

「get used to~」の場合も同じく動詞に「~ing」をつけて使います。

「get used to~ing」、または「get used to 名詞」という形で使用します。

「used to~」は過去の時点での習慣を表し、「昔はよく~したけれど今はしていない」という意味で使います。

例えば「I used to play baseball every Sunday.(昔は毎週日曜日に野球をしていた)」という使い方をします。

「be used to~」と「get used to~」と異なり動詞は原形のまま使用し、「~ing」は用いません。

この点も間違えやすいですが、現在の習慣なのか過去の習慣なのかを覚えていれば使い分けしやすいですね。

「used to」には「used to~」「be used to~」「get used to~」があり、それぞれ意味や使い方が異なるのでややこしいですが3つとも「習慣」を表しています。

この3つは使い方を間違えやすいので、この機会に覚えておきましょう。


RSS リーダーで購読する

勉強は継続すれば必ず結果が出る

勉強というのは時間をかけて結果を得ていくものです。

よしやるぞ!と思って気合を入れて勉強をしたものの、テストの結果が思わしくないと落ち込んでしまうことでしょう。

でも落ち込むことはないです。

勉強は継続することで必ず結果がついてきます。

結果が出るまでは個人差があったり、勉強法によっても結果が出るまでの時間差があります。

大切なのは勉強を継続することです。

英語の勉強だけでなく全ての教科に言えることです。

テストの結果だけ見れば自分が思っていた以上のものではないこともあるでしょう。

テストはあくまでも通過点のひとつです。

受験という目標に向かっていることを忘れてはいけません。

テストでは自分が苦手な分野や問題が出題されることもあるでしょう。

そういった時に結果が思わしくないと落ち込んでしまう気持ちも分かりますが、大事なのは苦手な問題を克服していくことです。

長文が苦手なら長文の解き方を覚えたり、どうして苦手なのかを考えてみましょう。

反対に考えればテストで苦手な問題が分かるのはラッキーなことです。

苦手問題を克服しておけば試験当日にそういった問題が出題されても慌てず解いていけることでしょう。

逆に試験当日や直前に苦手問題が発覚しては遅いのです。

テストの結果が思わしくないということは苦手な問題であったりしっかり覚えられていない問題であるということです。

テストの結果だけを見ずにどうして思わしい結果でなかったのかを分析してみると今後の勉強につながります。

もしも思うような結果が得られないようなら勉強法を変えてみたり、記憶の仕方などを自分なりに工夫してみることも必要です。

覚えにくい事項は語呂合わせにしたり、身近なものに置き換えたりと工夫次第で記憶しやすくなります。

一度で覚えようとせず覚えたことはしっかり復習をしていくことも必要です。

テスト前日に徹夜で勉強したことは忘れやすいため、記憶として残るように繰り返し覚えていきましょう。

繰り返しになりますが忘れてはいけないのはすぐに結果を求めないことです。

継続することで必ず学力は上がることを忘れず、受験を最終目標に定めて勉強していきましょう。


RSS リーダーで購読する

ミスの確認、難しい問題は飛ばすという試験問題の解き方

試験問題は自分が解ける問題と解きにくい難しい問題とに分かれます。

ここで頭に入れておきたいのは解ける問題も難しい問題も解けば点数になるということです。

難しい問題の方が点数は高いですが、解ける問題を解いていった方が確実に合格に近づけます。

試験では解くのが難しい問題に時間をかけてしまうと、解けるはずの問題を見逃してしまうことになります。

全ての問題を解ければそれはベストですが、試験に合格するにはベターでいいのです。

試験当日は難しい問題は後回しにし、解ける問題から解いていくという方法が最も合格率が高くなります。

解ける問題を解いてしまって時間に余裕があれば難しい問題に取り組んでいきましょう。

全ての問題を解こうとせず、解くのに時間がかかると判断すればさっと飛ばしてしまいましょう。

できれば解ける問題を解いた後で解答に間違いがないかイージーミスがないかなどを確認し、その上で時間が余れば時間いっぱいまで難しい問題に取り組むという解き方が良いでしょう。

自分では間違いなく書いたつもりでも思わぬミスはあるものです。

せっかく解ける問題なのに簡単なミスで得られる点数を逃してしまうのは非常にもったいないです。

問題を解いた後にミスがないかを確認するクセもつけておきましょう。

問題の解き方を覚えるため、試験前に過去問や予想問題などを試験当日と同じように解いてみましょう。

試験当日に上記のことを実践しようと思っても、緊張と焦りで確認を忘れてしまったりペース配分を間違ってしまったりしてしまいます。

過去問を解いてみて時間が足りなくなったならペース配分を見直してみましょう。

解答にミスが多いことが分かればしっかり確認することを意識するだけで確実に点数が上がります。

試験本番と同じようにきっちり時間をはかり、自分が問題を解くペースをつかむことが大切です。

スペルなどにミスがないかを必ず確認し、難しい問題は飛ばすという解き方を試験前に身につけておきましょう。


RSS リーダーで購読する

試験本番に頭を働かせるために夜型から朝型になろう

試験は朝から行われるため夜型の受験生は頑張って朝型にしなければいけません。

夜遅くまで起きているクセがついていると朝起きることがつらいだけでなく、朝は頭が働かない状態となってしまいます。

朝から行われる試験当日に頭が働かないとせっかく勉強したことを発揮できなくなります。

生活を朝型に切り替えることで朝からきちんと頭が働く状態になり、試験本番でしっかりと力を発揮できることでしょう。

ではいつから朝型に切り替えるのが良いのでしょうか?

できれば明日、いえ今日からでも朝型に切り替えていくのがベストです。

試験前に急に朝型に切り替えようと思って布団に入ったはいいものの、夜遅くまで起きているクセがついているのでなかなか寝付けない、ということがあります。

寝付けずに実際に眠りに入った時間が遅くなると朝起きる時間も遅くなってしまいます。

早起きが苦手な方は、はじめ朝が辛いと感じるかもしれませんが、一度早起きすればその日は早く眠くなるので早めに就寝することができるようになります。

そうして早起きする習慣を自分で作っていきましょう。

反対に一度夜更かししてしまうとまた夜型に戻ってしまうので、どうしても寝るのが遅くなってしまう時は眠いのをこらえて翌日は早起きしましょう。

早起きも習慣なので早起きが苦手な方でも徐々に慣れていきます。

朝は静かですし夜と違ってテレビを観てしまうこともないため、早起きをして学校に行く前に勉強するのはとても効率が良いです。

睡眠時間を無理して短くして早起きすると体に良くありませんし、脳は寝ている間に覚えたことを記憶として整理しているため十分な睡眠時間は必要です。

朝型に切り替えるには早く寝る、これがシンプルで一番効果的な方法です。

試験前に朝型に切り替えればいいやと思うのではなく、今から朝型に切り替えていきましょう。

試験前は緊張してなかなか眠れないと思いますが、習慣として早起きするクセがついていれば比較的早く入眠できるでしょう。

夜型から朝型に変えるのは試験本番のためでもあり、日々の勉強のためにもなります。


RSS リーダーで購読する

チョコレートを食べると集中力がアップする理由

受験本番ではできるだけ集中した状態で試験に望みたいですよね。

チョコレートを食べると集中力が上がるとよく言われ、試験直前にチョコレートを食べる受験生も多いようです。

ではなぜチョコレートを食べると集中力が上がるのでしょうか?

チョコレートにはいくつか成分が含まれていますが、成分のひとつであるテオブロミンが集中力を高める作用があります。

テオブロミンは集中力以外に記憶力や思考力も高めてくれます。

陸上のスタートダッシュの実験ではチョコレートを食べた方がスタートに対する反応が早くなったそうです。

集中力アップの時間は30分くらいだそうですが、チョコレートを食べることで一時的に集中力がアップします。

ですので試験の直前にチョコレートを食べることで集中力・思考力がアップし問題に集中できるようになります。

また人間の脳のエネルギー源がブドウ糖であることも関係しています。

ブドウ糖は脳にとって唯一のエネルギー源であるため、頭を働かせるにはブドウ糖を摂取する必要があります。

チョコレートにもブドウ糖が含まれていますので、チョコレートを食べることで脳にエネルギーを供給し頭が働くようになります。

ブドウ糖に限って言えば他のお菓子やブドウ糖を含む食べ物でもいいのですが、チョコレートに含まれるテオブロミンの効果が加わり、集中力と思考力の両方を脳に与えることができるのです。

他にもまだチョコレートによる効果があります。

チョコレートの原料であるカカオが持つ香りには人をリラックスさせる効果があるため、香りによって緊張を和らげさせる効果があります。

食べることで香りも感じることができるので、チョコレートを一口食べると試験前の緊張がほぐれてリラックスした状態で試験にのぞむことができます。

喉が渇くと逆に集中力の妨げになってしまう恐れがあるので、試験前に食べる時はチョコレートを食べた後に必ず飲み物を飲んでおきましょう。

チョコレートはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛といった成分も含まれる栄養価の高い食べ物ですので、勉強する時に一口チョコレートを食べることで脳や体に良い影響を与えてくれます。


RSS リーダーで購読する

得意科目、苦手科目とはどう向き合うべきか

定期テストの点数を伸ばしたいのならば、得意科目と、苦手科目への取り組み方に工夫が必要です。主要5教科の合計点は500点ですが、450点をとるには平均点数が90点あることが必要です。これは、偏差値にすると60第後半から70前後の数値になります。480点をとれば、偏差値70は間違いないといえるでしょう。

しかし、苦手な科目ではなかなか90点以上をとることは難しい場合もあります。

そんな時には、常に得意科目で90点~100点をキープすることが大切です。

450点をとれない多くの場合、得意科目はなかなかいいものの、苦手科目で点数を下げてしまっています。苦手意識の強いある教科では、70点台程度しかとれなく、他の全ての教科で90点とったとしても合計すると450点に届かないという場合があります。

450点以上とるためには、いろいろな方法がありますが、まず1つに、得意な2教科に限っては97点以上を取り続けるという方法があります。

この場合、得意科目の目標を非常に高く設定する必要があります。満点をとるつもりでテストに臨みましょう。

そんな時に気をつけたいのが、ケアレスミスです。満点を目指している時のケアレスミスは本当に大きいです。簡単なミスをしてしまっただけで5教科450点の壁は越えられなくなりますので、間違いはないか念入りに確認する必要があるでしょう。

また、得意科目だけを伸ばすのではなく、苦手科目を克服する努力をして、全ての教科で90点以上をとる方法もあります。

これは、得意科目だけ満点をとるよりも時間がかかる難しい方法なのですが、苦手を克服することに力を注いでいると、受験の時などに必ず役立ちます。

しかし、苦手教科のテスト勉強にだけ力を入れていると、得意科目のテスト勉強がおろそかになり、結局全滅してしまうという危険性もあります。

このように、どちらの方法もメリットとデメリットがあるのですが、テスト前に優先して行うべきは、得意分野を伸ばすことです。満点を目指して、少しでも点数を伸ばせるようにしましょう。

苦手の克服は、日頃の学習に取り入れることが大切です。


RSS リーダーで購読する

プレジデントファミリーから取材

1月にプレジデントファミリーより取材がありました。

プレジデントファミリー 4月号

「天才キッズの育て方」0歳からの英語」

P64、潜入!究極のプレスクール、英語塾 のところに載っています。

是非ご覧下さい!

「日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法」 鵜沢 戸久子著 フォレスト出版    

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!


RSS リーダーで購読する

受験当日のハプニング集

受験当日は特別な日。いつも通り過ごそうと思っていても、いつ何があるかわからないのが実情です。また、雪が降ったり、冷え込んだりと、季節のせいもあって予期せぬトラブルが起こる可能性もあります。

今までに実際にあったトラブルをまとめてみました。あまり構える必要はありませんが、万が一このようなトラブルがあった時のことも考え、準備は万端にしておきたいですね。

■小学校受験でのトラブル

○体調不良

・当日に発熱してしまい、受験できない学校があった。

○天候不良

・大雪で電車が遅延。途中でタクシーに飛び乗り、なんとか間に合った。

○その他

・面接前の食事で子どもが服にシミをつけてしまった。

・受験直前に親族に不幸が。当日はお通夜で、受験本番だというのに十分に子どもに手をかけられなかった。

■中学校受験でのトラブル

○体調不良

・試験中に気分が悪くなり、別室で受験させてもらった。

・お正月の帰省で風邪をひいてしまい、受験当日まで治らなかった。

○天候不良

・大雪のため、受験校に着くまでに靴下まで濡れてしまった。冷えと緊張で、腹痛に襲われた。

○道に迷った・乗り間違い

・早朝は乗り換えの電車が別のホームから出ることに気付かず、違う電車に乗ってしまった。

○その他

・早く起きたのは良かったが、朝食も早めだったので受験中お腹がすいてしまった。

・当日になって消しゴムがないことに気付き、コンビニへ買いに走った。

■高校受験でのトラブル

○体調不良

・受験前日、「孫のために」と持ってきた煮物を食べ、お弁当にも入れたところ、傷んでいたのか食べた後にお腹が痛くなってしまった。

○天候不良

・朝は晴れていたので自転車で受験校に向かったが、受験中に大雪になり、自転車は後日取りに行くはめに。

○その他

・一緒に待ち合わせていた友達が遅刻し、あやうく待ち合わせていた全員が間に合わなくなりそうだった。

・高校に着いてから受験票を紛失してしまった。中学校に連絡して本人確認をしてもらったから受験できたが、もしそうでなかったら…。

・受験した教室に時計がなく、腕時計も持っていなかったため、時間配分に苦労した。

■大学・短大受験でのトラブル

○体調不良

・受験のため地方から上京し、2週間にわたるホテル暮らしを経験。緊張と疲れから最後の2、3日は熱や腹痛に悩まされた。

○道に迷った・乗り間違い

・各駅停車しか止まらない駅で降りないといけないのに、間違えて特急に乗ってしまい、先の駅から引き返してきた。

○その他

・面接の日、駅についたところで制服のボタンがはずれてしまった。

・試験2日前の朝、寝違えて首を痛めてしまった。試験中にはさらに痛みが増し、全く試験に集中できなかった。

受験当日のトラブルとして、最も多いのが体調不良のようです。特に、小学校受験では断トツに多いのだとか。

緊張やプレッシャーから引き起こされる体調不良もありますが、交通機関や天候によるトラブルとは違い、ご家庭で注意していれば避けられる可能性が高いトラブルですから、受験前にはしっかりと体調管理を行っておきましょう。

参考【ベネッセ教育情報サイト】より

http://benesse.jp/blog/20110210/p2.html


RSS リーダーで購読する

入試本番!入試問題を配られたら…

入試問題が配られ、いよいよ試験開始です。

試験問題を開いたら、まずは慌てず、問題全体を眺めてみましょう。

何も考えずに問①から解こうとしていくと、時間配分で失敗する可能性があります。まずは冷静に問題全体を眺め、問題量の確認をし、時間配分をざっくりとでいいので考えていきます。

また、得意分野や、好きな範囲の問題があれば、そこからやっていくといいでしょう。最初から難しい問題でつまづいてしまうと、ペースが乱れてしまいます。

解いていって、予定していた時間配分をお幅に超えてしまいそうな問題や、難しくて解けそうにない問題があった場合は、躊躇せずに飛ばしていきましょう。最終的に時間が足りなくなり、解ける問題が解けなかった時ほど悔しいことはありません。

ここで注意したいのが、急がないこと。

急いで、問題文を読み飛ばしてしまうこともあります。焦ってしまうと、いい加減になってしまいますから、時間が迫っていても、とにかく問題文だけは冷静にゆっくりと読んでみましょう。設問の中に答えが隠れていることもありますので、じっくりと読んで損することはありません。

また、急いで字が汚くなることもあります。

自分では読める字でも、採点する人が読めなければ意味がありませんから、他人が読んでもわかるような字を書くようにしましょう。

また、自分でも読めない数字を書いて途中で計算間違いをしてしまうという残念すぎるミスも有り得ます。常に落ちついて、急がず取り組みましょう。

一通り問題を解いたら、必ず見直します。

この際、全て見直せれば一番良いのですが、もしも時間がない時には簡単な問題だけはチェックしておきましょう。簡単な問題の方が、時間がない見直しの中では間違いに気づく可能性が高いのです。

大勢の受験生がいますから、一点が命とりになることもあります。ですから、一点一点を大切にして、難しい問題があっても最後まであきらめず、粘り強く合格を目指しましょう。


RSS リーダーで購読する

ホーム > テスト のアーカイブ

カレンダー
« 6 月 2018 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る