ホーム > アーカイブ > 2014-01-24

2014-01-24

風邪を予防する正しいうがいの方法

寒くなってくると風邪をひきやすくなります。

風邪は人からうつることが多く、ウイルスが原因で風邪をひいてしまいます。

風邪よりも怖いのがインフルエンザで、インフルエンザが流行する時期は特に注意が必要です。

受験は1~3月に行われるわけですが、冬のまっただ中であるこの季節は特に風邪がひきやすいです。

せっかく1年間頑張って勉強しても試験当日に風邪をひいてしまっては実力が発揮しきれません。

受験生にとって風邪は天敵であり、風邪をひかないよう体調管理をしなければなりません。

風邪の予防に一番効果があるのはうがいと手洗いです。

昔から帰ったらすぐにうがい・手洗いをしなさいと言われていますが、風邪の予防に効果があるため昔から言われているのです。

うがいは風邪のウイルスや細菌を取り除くために行なうのですが、うがいをする人としない人では風邪の発症率が40%も違うという研究結果も出ています。

うがいをするだけで効果的な風邪の予防になるため、帰宅したらまずうがいをしましょう。

手洗いをしてからうがいをするのが正しい順番です。

手にも細菌が付いていますので、その手で水をすくってうがいをすると自ら細菌を体に運んでしまうことになります。

ですのでまず手を石鹸やハンドソープでよく洗ってからうがいをします。

次にうがいの方法ですが、回数は3~5回行ないます。

1回では効果が薄いので最低でも3回はうがいします。

正しいうがいの方法は1回目は口に水を含んですすぎ、2回目以降で上を向いてガラガラと喉をすすぎます。

喉だけでなく口の中にも細菌が存在するため、いきなりガラガラと喉をすすぐと口内の細菌を喉に運んでしまうことになります。

ですので1回目のうがいではガラガラしないようにしましょう。

2回目以降のうがいで10秒ほどガラガラと喉をすすいで終了です。

3回うがいするだけでも風邪の予防効果が大きいですので、帰ったら必ずうがいをしましょう。

昔から言われているうがい・手洗いをしなさいという教えは、ちゃんと根拠があるのです。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2014-01-24

カレンダー
« 1 月 2014 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る