ホーム > アーカイブ > 2013-06-28

2013-06-28

YesとNoの使い方に要注意!

旅先で、「You didn’t order coffee,did you?」(「コーヒーを注文していませんよね?」)と聞かれ、「はい、注文していません」という意味で「Yes.」と答えたところ、コーヒーが出てきてしまった…という経験がある方もいらっしゃるでしょう。

これは、「注文しました」という意味になってしまうのです。

日本で英語を学習すると、「yes」は「はい」で、「no」は「いいえ」という感覚が身についてしまうため、ついそのような間違いが生じてしまいますが、YesとNOは通常、自分の言いたいことに合わせて使います。

「You didn’t order coffee,did you?」の答えであれば、

「注文しました」は「Yes,I order coffee.」となり、

「注文していません」は「No,I didn’t order coffee.」となります。

「Yes.」と答えてしまったので、「注文した」という意味にとられてしまったというわけです。このままでは、同意したはずではないのに、知らず知らずのうちに同意したことになっていることだってあり得ます。お金が発生するようなやり取りでは特に注意したいですね。

このようなトラブルを防ぐためには、まずは「Yes」=「はい」という考えは捨てましょう。

ただし、どう答えたらいいのかわからなくなる場合もあると思います。ひとまず、応急処置として覚えておきたいことをご紹介します。

質問にうまく答えられるか不安なときは、「はい」には「Right.」を使うといいでしょう。

これは、相槌をうつときに使う便利な言葉で、相手の言ったことを「その通り」と認める言い方です。そのため、「You didn’t order coffee,did you?」の質問に「Right.」と答えたことにより、「はい、注文していません」という意味になるのです。

また、「いいえ」という意味で使いたいのであれば、「I don’t think so.」と答えるのも手です。これは、「私はそうは思いません」と、相手の言うことを否定する意味があるので、「You didn’t order coffee,did you?」の質問に「I don’t think so.」と答えることによって、相手が思っていることの否定となり、その後に「I ~(私は~しました)」と続けることで、相手にうまく伝えることができます。

ただしこの2つの表現はあくまでも応急処置なので、咄嗟の質問にも確実に答えられるようにレッスンすることが大切です。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2013-06-28

カレンダー
« 6 月 2013 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る