ホーム > アーカイブ > 2013-01-30

2013-01-30

お子さんの話を、きいていますか?

親子のコミュニケーションとして欠かせないのが、会話です。

食卓や、食後の時間帯などを利用して、たっぷりとお子さんと会話したいものです。

ただ、ちょっと振り返ってみましょう。親が言いたいことばかりを言ってはいませんか?ちゃんと、お子さんの言いたいことを聞いてあげていますか?

懸念するのが、「早く食べなさい」「宿題しなさい」「早く寝なさい」「お風呂に入りなさい」など命令口調ばかりの会話が多すぎはしないか、ということです。

もちろんお子さんがなかなか寝ない時、親として注意することは必要ですが、なぜ寝ないかを考えたことはあるでしょうか?もしかしたら、何か理由があって布団に入りたくないのかもしれません。何か普段と違う、ということは一番身近にいる親が誰よりもわかるとは思いますが、注意ばかりするのではなく、時には「寝れないの?」などと子どもに話をさせることが必要です。

もしかしたら、もっともっと話を聞いてもらいたいのかもしれません。

また、兄弟ゲンカをしている時も、お互いの話を聞いてあげることが大切です。

兄弟ゲンカをしている時は、どうしても、「お姉ちゃんなんだから」と上の子の方を諭そうとしてしまいがちです。ただ、それが上の子の気持ちの整理につながるでしょうか?諭すだけでは、気持ちの整理にはつながりませんよね。

「お姉ちゃんなんだから」の繰り返しでは、ただ我慢し、自分の気持ちをひた隠しにする子に育ってしまうかもしれません。

やはりこの時も、話を聞くことが大切です。

二人の話をじっくりと聞いてあげましょう。話の途中で、矛盾を感じることもあるかもしれませんが、とにかく言いたいことを最後まで聞いてあげることがポイントです。本当は、子どもも、自分で言っていることに矛盾があることに気付いているのです。でも、「お姉ちゃんなんだから」で済まされるのは、絶対に納得いかないからこそもっともっとケンカが大きくなってしまうというわけです。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2013-01-30

カレンダー
« 1 月 2013 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る