ホーム > アーカイブ > 2012-08-17

2012-08-17

中学入試用語を知ろう!【な行~は行】

これから中学入試を控えているご家庭もあるでしょう。
入試についていろいろと調べているうちに、知らない言葉が出てくる、ということはよくあることです。
そこで、こちらでは中学入試で使われる、用語についてまとめてみました。今回は、な行~は行をご紹介しています。

【な行】

・2期制・3期制
4月~9月の「前期」と、10月~3月の「後期」で1年を2期にわけることを2期制と呼びます。また、1年を1学期、2学期、3学期の3期にわけることを3期制と呼びます。各学期の間にはそれぞれ長期休暇をはさみ、各期中間テストと期末テスト、そして3学期には学年末テストが課せられます。テストが多い3期制に比べ、2期制はテスト回数が少なめです。

・入試解禁日
各都道府県の私学協会が定める中学受験の入学試験開始日のことです。東京・神奈川は2月1日、千葉は1月19日、埼玉は1月10日、地方学校の東京会場は1月です。

【は行】

・複数回入試
複数にわたって実施される入学試験のことです。入学試験が一回のみという学校は、御三家クラスの難関校のみとなります。他の学校のほとんどは複数回入試を実施していますが、その理由としては、本気で入学を希望している受験生にできるだけチャンスを与えたい、難関校受験は失敗したができるだけ優秀な生徒に入学してもらいたい、といったことがあげられます。

・付属校・系列校・系属校
「付属校」は、大学付属の学校で、原則としてその大学に進学することが前提とされています。「系列校・系属校」は、大学名がついている学校のうち、大学の関連校ではあるものの内部進学者でも試験などの選抜が課せられている学校のことです。一定の基準が設けられているので、必ずしも全員が系列の大学に入学できるわけではありません。

・分割授業
人数を分割して行われる少人数の授業のこと。少人数の方が効果的である場合に実施されています。

・併願
複数の学校を受験すること。

・偏差値
ある試験での受験者全体の平均点から、自分の得点がどの位置にいるかを表す数値のことです。
中学受験においては、四谷大塚・日能研・首都圏模試センターのいずれかの模試を受ける受験生が多いので、その数値によって合格可能性を測ることが多いです。模試の得点が平均点と同じなら、偏差値50となります。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2012-08-17

カレンダー
« 8 月 2012 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る