ホーム > アーカイブ > 2012-08-08

2012-08-08

中学入試用語を知ろう!【あ行~か行】

これから中学入試を控えているご家庭もあるでしょう。
入試についていろいろと調べているうちに、知らない言葉が出てくる、ということはよくあることです。
そこで、こちらでは中学入試で使われる、用語についてまとめてみました。今回は、あ行~か行をご紹介しています。

【あ行】

・足きり点
受験科目ごとに設けられた、合格最低ラインの基準点のことです。足きり点が1科目でもある場合は、他の科目の点数がどれだけ良くても不合格となってしまいます。全体の教科のバランスをみることを目的としています。

・1月校
都道府県の私学協会などの取り決めで、中学入試の開始日は毎年地域によって決められています。中学入試を、1月に実施される埼玉県、千葉県の私立中学入試、東京会場を設定している地方の中学のことを1月校と呼びます。

・オープンスクール
入試への理解と興味を深めるため、学校選びの参考にしてもらうために受験生とその保護者を対象に、授業を行い、部活動などの様子を公開するイベントのことです。実際に校風を知ることで、志望校を絞ることができます。

・押さえ校
いわゆる「滑り止め」学校のこと。

【か行】

・過去問
過去に出題された入試問題のことです。5年~10年程度の過去問がまとめられた問題集が毎年発売されており、それを解くことで各学校の出題傾向をつかむことができます。志望校を絞り始める6年生の2学期頃から、第一志望校をはじめ、受験予定の学校の過去問を複数解いておくことがいい受験対策になります。

・学校説明会
中学受験を検討している受験生とその保護者のために、学校のことをより知ってもらうために開催される説明会のことです。春と秋に複数回行う学校が多いです。

・科目選択入試
受験生が科目を選んで受験できる入試のことです。4科目での入試方法を採用する学校が増えていますが、午後入試や複数回入試を実施する学校では、科目選択入試を採用することが多いようです。

・繰り上げ合格
合格発表が行われた後に、入学者が辞退した場合、追加で合格者を出すこと。入学手続きの状況をみて、定員に満たない場合には順次繰り上げ合格としています。学校によっては、合格発表時に補欠候補者を発表することもあります。

・公立中高一貫
中高一貫教育を行う公立の学校のことです。
種類としては、「一つの学校として6年間、中高一貫教育を行う学校」「同一の設置者が中学校と高校を併設。中学からは無試験で高校に進学できる学校」「既存の市町村立の中学校と、都道府県立の高校が、教育課程の編成や教育・生徒間交流の連帯を深めるかたちで中高一貫教育を実施している」3種類があります。

・午後入試
午後に行われる入試のこと。午前中に別の学校の入試を受け、その後に受験することができます。人気校の入試が多い日に実施されていることが多いです。

・御三家
中学入試において、東京都にある私立難関中学校のこと。「男子御三家」は、麻布・開成・武蔵、「女子御三家」は、桜蔭・女子学院・雙葉を指して使われることがほとんど。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2012-08-08

カレンダー
« 8 月 2012 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る