ホーム > アーカイブ > 2012-06-30

2012-06-30

やりたがらない習い事を、子どもにやらせるためには?

スポーツをやりたがらない子どもにスポーツをやらせたり、音楽をやりたがらない子どもにピアノやバイオリンを習わせたい、と思うものです。
絶対に将来の役に立つことはわかっていながら、子どもは一向にやりたがらないことがほとんどではないでしょうか?
そんな時、親としてはどのように説得すればいいのでしょうか?

まず心得ておかなければならないのは、「説得」と「強制」は同じことだと、子どもが感じてしまうこともあるということ。
「絶対にやった方がいい」と言ったことに対して子どもが了承したとしても、無理やりやらされていると感じる子どももいるということです。
もしも他にやりたいことがあり、その時間を割いてでも親がやらせたいことを強制するのであれば、子どもの主体性が損なわれる恐れがあります。
子どもの頃から主体性を持つことは、とても大切なことです。
自分がやりたいことを見つけ、それを親に伝え、そして自らが努力して成長していくことは、大人になるためにはなくてはならない成長段階だといえるでしょう。
もちろん食わず嫌いのまま挑戦しないことはとてももったいないことですが、最終的には子どもの判断に任せることが、子どもの主体性を損なわせないための方法です。

スポーツや芸術などの習いごとを子どもにやってもらいたい場合には、説得するよりも、まずはその良さやメリットを伝えてあげましょう。
最後に「やってみる?」と無理のない形で問いかけることで、子どもの主体性は損なわれることなく了承してくれるかもしれません。
しかし、どんなにメリットを伝えても、頑なに拒否し続ける子どももいます。
その場合は、それ以上説得したり、強制するべきではありません。

また、「1日だけやってみよう。それで嫌ならやらなくてもいいから」とお願いする方法もあります。
嫌々ながら1日その物事に挑戦したことで、お子さんがそのおもしろさに気付くこともありますので、最後の手段として利用してみてもいいのではないでしょうか。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2012-06-30

カレンダー
« 6 月 2012 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る