ホーム > アーカイブ > 2012-06-28

2012-06-28

奨学金の種類

将来の希望をかなえるためには、大学に進学して基礎から専門知識までを学ぶことが大事です。しかし金銭的な事情によって、大学で学ぶことが難しい場合もあります。
そんな学生に対して、進学に必要な経費を援助するためにつくられたのが、奨学金制度です。

こちらでは、代表的な奨学金の種類をご紹介しましょう。

・日本学生支援機構の奨学金
日本学生支援機構、通称JASSOの奨学金とは、国からの予算と、奨学金を利用した卒業生の返済金によって運営されている奨学金です。
大学生への奨学金だけでなく、留学のための奨学金や、専門学校・短大・大学院など、様々な目的で利用することができます。
JASSOの奨学金はすべて貸与型で、利子がない第一種と、利子がつく第二種があり、申し込みの条件としては「学力」と「家計」が審査されます。
家計の審査は、保護者の年収がJASSOが定めた上限以内であることが条件です。
無利子である第一種の方が審査は厳しくなります。

・大学独自の奨学金
大学独自で奨学金を設けている場合は、その大学に在学し、経済的な理由で勉強を続けることが難しい学生を支援するためのものです。種類は貸与型、給付型など様々。
一般的には、給付型の場合は入試の成績優秀者に与えられることが多く、2年生以降はその春に応募を受け付けて、前年に取得した単位や成績から選考します。
貸与型に関しては給付型よりも審査は緩く、大学が提携する金融機関で借りることのできる教育ローンや奨学金制度があります。

・民間育英団体の奨学金
民間育英団体の奨学金とは、財団法人や育英会などの民間団体を通して募集が行われ、地域の篤志家などがお金を出すことが大半です。
種類は給付型も貸与型もあり、審査基準などもまちまちです。貸与型の場合は、無利子のものが多いようです。
奨学金の目的としては優れた人材を育成することで、大学だけでなくスポーツや芸術などの分野でも利用されています。

・地方公共団体による奨学金
教育委員会が運営している奨学金で、都道府県や市町村の自治体で実施されています。どの自治体でも行われているわけではないので、確認してみましょう。
他の奨学金制度と併用できるものとできないものがあるので、そこもしっかり確認しておくべきでしょう。
大学生の場合は、無利子の貸与型であることがほとんどです。審査基準や金額もそれぞれなので、各自治体に問い合わせてみるか、HPをチェックしてみてください。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2012-06-28

カレンダー
« 6 月 2012 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る