ホーム > アーカイブ > 2012-04-15

2012-04-15

予備校選びのポイントとは?

大学受験を控えている方の中には、予備校に通い始める方も増えてくる季節です。
予備校選びのポイントとして、まず第一に自分の学力レベルがどれくらいなのかを知っておくことが大事です。そしてどんなことを学ぶために進学を考えているのか、どんな学校に行きたいのかをある程度まで明確にしておくべきでしょう。その上で、どんな予備校に行き、学習面においてどこを補うべきなのかが見えてくるはずです。

学習面においてどこを補うかを考えるためには、文系なのか、理系なのか、どちらに進むべきなのかをまず決めます。理系が苦手だから文系…と消去法で決めるのではなく、将来の方向性を考えて進路を決めるべきです。理系の勉強が苦手だったら、予備校で理系に合わせた勉強をすればいいのですから。

どちらに進むのかを決めたら、今度は具体的に学部を決めていきましょう。すでに決まっている方もいらっしゃるかもしれませんが、まだ目標がしっかりと定まっていない方も多いと思います。その場合は、興味のある分野は何かを考え、学部を調べていくことから始めてみましょう。調べていくうちに、希望の学部や希望の大学が徐々に決まっていくはずです。

すでに志望する大学が決まっている場合は、その大学の受験に強い予備校を探すことになるでしょう。予備校の種類は様々ですが、具体的に志望校や志望学部ごとの対策コースを設けている予備校も少なくはありません。
強みにしている部分は予備校によって違いますから、大手の予備校を安易に決めてしまうよりも、使用しているテキストや方針を調べてから慎重に決めた方が後で「失敗だった…」と後悔せずにすむでしょう。

施設や設備にも注目してみましょう。
例えば、大抵の予備校には設けられている自習室。自習室は集中できる環境であることが大前提ですから、集中できる環境かどうかを事前に確かめておきましょう。インターネット環境など、必要な設備が備わっているかもチェックポイントになると思います。

予備校によっては合格率を掲げているところもあり、その数字だけで選んでしまう方も多いかもしれませんが、その数字だけがその予備校のすべてだとはいえません。必ずその予備校の中身もきちんと確認してくださいね。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2012-04-15

カレンダー
« 4 月 2012 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る