ホーム > アーカイブ > 2012-03-12

2012-03-12

外資系企業で活躍するために必要なTOEICスコアとは

外資系企業に入社するため、TOEIC(トーイック)に挑戦する方は多いと思いますが、実際に何点を取れば、企業で活躍できるのでしょうか?
その目安として、TOEICスコアに対し、どれだけ実践的な英会話ができるのかを見てみましょう。

まず、海外での買い物、食事、ホテルでの宿泊など、海外旅行を楽しめるレベルが600点程度だといわれています。企業に就職するためというよりも、海外旅行を英語を使って楽しみたい、という方は600点以上のスコアを目標とするのが現実的でしょう。
英語を使った仕事をするとなると、750点以上が理想的です。
750点以上になると、電話やメールでのやりとりなど、仕事に使う英語を、なんとかやっていける程度のレベルだといえます。
では、外資系で活躍するためにはどの程度のスコアを獲得しているのが現実的なのでしょうか?
一般的には、外資系企業で会議のプレゼンなどを難なくこなすには、TOEICスコア900点以上が必要だといわれています。

しかし、英語力を企業で活用するためには、TOEICのスコアが高ければ良いというわけではありません。TOEICで判定できるのは、「読む」能力と「聴く」能力のみ。900点以上ある方でも、英会話となると全くダメな方もいるのです。
英語を主に使う外資系のような企業では、英語は一つのツールとして考えられています。スコアも大切ですが、英語力は面接をしただけでも十分わかるそう。
企業の面接官が重視しているのは、TOEICのスコアはもちろんのこと、その他の経験や、その英語力を実際に活用できるのか、ということ。点数だけ高くても、すぐに実践に移せないようだとやはり人材としては物足りないということなのです。英語ができた上で、さらに何ができるのか、ということがこれからは大切になってくるでしょう。

外資系で活躍したい、という方は、TOEICのスコアの高さを目指すだけではなく、海外経験を積むことも求められます。TOEICで判定できる能力と、「話す」「書く」といった実践的な能力も同時に磨いていきましょう。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2012-03-12

カレンダー
« 3 月 2012 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る