ホーム > アーカイブ > 2012-03-08

2012-03-08

英語スピーチコンテストにはどんな大会がある?

英語の実力を試すために、スピーチコンテストに出場してみるのもいい経験だと思います。その大会が学習の身近な目標となり、より学習のやり甲斐も感じることができるのではないでしょうか。

小学生対象の、唯一の全国的な英語スピーチコンテストが、「全国こども英語スピーチコンテスト」です。(http://kodomo-speech.jp/index.html)
全国こども英語スピーチコンテストとは、未来を担う子どもたちを対象にし、「国際社会で生きる力」を身につけてほしい、という願いを込めてスタートした大会です。主催は毎日新聞、毎日小学生新聞、TBSが行っています。
まずは電話での録音審査から始まり、それを通過すると全国10ヶ所の地域別の大会、そしてその次に東京で行われる全国大会となります。
1・2年生の部、3・4年生の部、5・6年生の部にわけられ、さらに一般のグループA、英語経験有りの方のためにグループBにわけられます。
各部門の全国大会最優秀者6名には、海外親子短期留学がプレゼントされます。

高校生、大学生向けには、ECC主催の「ホノルル市長杯全日本青少年英語弁論大会」というものがあります。(http://www.ecc.co.jp/support/speech/index.html)
この大会は、ただ英語でスピーチができればいいのではなく、日本と世界に生じている様々な問題を自分たちの問題として捉え、自分なりの解決法を提案することが大会の主旨です。テーマは毎年ごとに違い、例えば2012年の1月に行われた大会では、テーマに「原発とエネルギー問題を考える」が掲げられていました。
大会は、日本全国をA~Cの3ブロックにわけ、高校の部、大学の部からそれぞれ2~3名が全国大会に選出されます。全国大会で優勝すると、ホノルル市長公式訪問やハワイ大学夏期セミナーの受講が可能となります。

他にも、「ブリガム・ヤング大学ハワイ校全国高校生英語スピーチコンテスト」「鳳凰杯・全国中学生英語スピーチコンテスト」「全国高等学校英語スピーチコンテスト」など、様々な英語スピーチコンテストが設けられています。
個人で出場できる大会もありますので、英語学習の1つの目標として出場を目指してみるのもいいのではないでしょうか。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2012-03-08

カレンダー
« 3 月 2012 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る