ホーム > アーカイブ > 2012-01-08

2012-01-08

ビジネスで使える英語の略語

英語を習得し始めの頃は、なるべく丁寧な言葉でメールなり会話をしたいものですよね。しかし少し慣れてくると、ネイティブスピーカーと同じような話し方、書き方で英語を使いたいとも思うのではないでしょうか。

時々、知っている単語のはずなのに、聞いたこともない言い方・表記の仕方をされることはないでしょうか。それは恐らく、「略語」と呼ばれるものです。略語とはその名の通り単語などを短くした言い方のことで、ネイティブスピーカーの中では頻繁に使用されているものです。

ネイティブスピーカーの場合は、相手がある程度英語を話せる人だと思ったら、容赦なく略語を使用してきます。特に、会話よりもチャットやメールなどで使用する方が多いようです。また、英語圏内の国を歩いていれば、街にも略語の表記が溢れていますし、日本でもそれとは知らずにすでに定着している略語もあります。

英語を習得してきたら、略語を覚えておいても損はないでしょう。

今回は、ビジネスにおいてもよく使用されている略語をご紹介します。

・a/c…アカウント

・asap…as soon as possible(できるだけ早く)

・b/c…because(なぜなら)

・cc…copy to(コピー先)

・CEO…chief executive officer(最高経営責任者)

・CIO…chief information officer(最高情報責任者)

・e-g…for example(たとえば)

・etc.…and the rest(…など)

・FAQ…frequently asked questions(よくある質問)

・HQ…headquarters(本社)

・hr…hour(時間)

・i.e.…that is(つまり)

・info…information(情報)

・max.…maximum(最大)

・min.…minimum(最小)

・NB…please note(「注意せよ」という意味で、文末によく使用されます。)

・pls…please(お願いします)

・PTO…please turn over(「裏面に続く」という意味で、その頁の最後によく使用されます。)

・re.…with reference to(~に関して)

・RSVP…please reply(「お返事をお願いします」という意味で、招待状などによく使用されます。)

・thx…thanks(「ありがとうございます」の少しくだけた言い方です。)

・VIP…very important person(重要人物)

・w/…with(~と一緒に)

・wd…would(疑問文においての丁寧な言い方)

・w/o…without(~なしで)

以上が、ビジネスでも、日常会話の中でも時々使用されている英語の略語です。日本でもお馴染みの略語もありますよね。機会があれば使ってみてもいいかもしれません。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2012-01-08

カレンダー
« 1 月 2012 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る