ホーム > アーカイブ > 2011-12

2011-12

「私はモンスターペアレント?」それを考える前に

一時期、ドラマやバラエティーの話題を独占していた「モンスターペアレント」。
当時、テレビで演じられるモンスターペアレントに驚愕し、同時に「確かにいるかも…」というような妙な納得感を多くの方が感じたのではないでしょうか。
そんなブームが去り、最近になってインターネットなどでよく見かけるのが、「私はモンスターペアレントでしょうか?」という疑問です。子どもをもつユーザーが、自身の行動について不安を感じ、ネットユーザーにその内容を示し、モンスターペアレントか否かを判断してもらっているのです。
同じように、モンスターペアレントがブームになったことで、多くの保護者の方々が、自らの行動を省みたかもしれません。

モンスターペアレントかそうでないかは、人それぞれの感じ方によるのではないでしょうか。周囲に少しでも迷惑をかけていたらモンスターペアレントだし、このレベルならまだモンスターペアレントとはいえない…など、尺度があると思います。

『バカ親って言うな!モンスターペアレントの謎』の著者である尾木直樹さんによると、モンスターペアレントは5つのタイプに分けられるそうです。

■我が子中心型
なんでも自分の子どもを中心に考える過保護な親

■ネグレクト型
子どもに無関心で、育児全般が放任状態。児童虐待ともいえるタイプ

■ノーモラル型
常識と非常識の区別がつかない親。近年増えているタイプ

■学校依存型
家庭でやるべき教育や雑事まで学校に頼んでくる親

■権利主張型
自分の要求を通すために法律や権利を振りかざす親

こう羅列してみると、「もしかしたら自分はこのタイプでは…」ということがわかりやすくなると思います。
全てに共通して考えるべきことは、「子どもに悪影響を与える行動をとっていないか」ということでしょう。
過保護に育てられ、親に守られてきたことで自己中心な性格が形成され、望みは全て叶うと思ってしまいます。
また、親が権利を主張すれば、子どもはそれが当たり前のことだと思ってしまいます。教師に注意された時に「教育委員会に言うぞ」が口癖のお子さんもいるのだとか。

子どもは、親の背中を見て成長します。まだ幼い頃は、親のすることは全て正しいと思ってしまうのです。
自身がモンスターペアレントかどうかを考える前に、「この行動は我が子に悪影響を与えてしまわないか」を優先して考えるべきでしょう。

RSS リーダーで購読する

年末にあたって

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

    激動の一年も残り少なくなりました。

    大震災を始め世の中は益々混迷度を増している一年でした。

    そして将来を考えれば子供たちの教育こそ最優先されるべきであるにも関わらず、

    現実の教育はそれから程遠いものがあります。

 

     ウザワは一人でも多くの子供がまともな方法、人間が本来持っている

     自然の仕組みに沿った教育を受けられるように頑張ってきました。

     そして今年はそれが実り始めた年だったと実感しています。

 

     知的教育の基本は小学生、それも低学年の教育にあります。

     従来自分は原理を考え、具体的方法を考えるだけだった、と深く反省し、

     自分自身で小学1年生の英・算・国を自分で教え、もっと大きい生徒たちのクラスも

     たくさん持って4年間が過ぎました。

     その結果が目に見えるようになったのが今年です。

 

      そしてうれしいことに間違っていなかったことを多くの生徒たちが実証してくれています。

 

     その中の一つですが、先日一人のお母さまから大変うれしいメールを頂きました。

 

     今年中学に入ったその生徒さんは、帰国子女受け入れの公立中学に進みましたが、

     2学期が終わって、学年一番をとるほどに英語が出来るとのことでした。

     ネイティヴの講師の評価も高く、勉強としての英語の面では帰国子女を凌ぐまでに

      成長しているようです。

 

     しかも英語はウザワで勉強するだけで、特に家で一生懸命勉強するわけでもなく、

     楽にやっている、その上他の教科も同じようなやり方で楽にクリアしている、

     というお便りでした。

 

     彼女はたしか小2からの入会だったと思いますが、とても気が小さいところがあり

     低学年の頃は授業ではほとんど声も出さず、発表会でもセリフが言えない

     時期が続いていました。

   でもご両親が大変ウザワを信頼して下さっていて、ずっと続けさせて下さいました。

  そして何より有難かったのは、結果が出なくても、こちらの言う通りにして下さったことです。

 

  5年生くらいからめきめきと力を伸ばし、それにつれて気持ちも強くなり、明るい、

  積極諦な性格になっていきました。

  これが人間本来の知的発達だと思います。

  

  すべてのご両親に、このように100%の信頼を頂けることは中々難しいのですが、

  来年もまた、成果を踏まえてご理解いただけるように努力していきたいと思います。

 

  皆様よいお年をお迎え下さい。

  そして来年の世の中が少しでもよい方向へ向くように願っています。

    

 
 

 

   「奇跡の英語術」 フォレスト出版

 

 

         

「日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法」 鵜沢 戸久子著 フォレスト出版  

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

RSS リーダーで購読する

高校受験、冬休みからの取り組み方

寒さもぐっと増し、受験生もラストスパートをかける時期だと思います。
中学3年生のみなさんは、冬休みからはどのように受験勉強を進めていきますか?保護者の方にとっては、体調を壊さないように、力を全て出しきって…と願うのみかもしれません。食事や防寒などで、体調を崩さないような工夫をしてあげましょう。

受験生にとって、冬休みほど辛い時期はないかもしれません。
寒さが厳しいことももちろんそうですが、焦りや緊張で、全然勉強が手に付かない方も少なくはないでしょう。そんな冬休みですから、とても大切な時期なのです。

冬休みは、受験勉強の仕上げとして過去問のテキストを使うことがベストな勉強方法です。
塾に通わずに独学で受験勉強をしている方は、本屋で売られている過去問のテキストを使用しましょう。また、中学で学習したことのまとめテキストなどがありますので、それを使用するのも良いかもしれません。
塾に通っている方は冬期講習に通うことになると思いますが、それ専用の問題集で学習を進めていくはずなので、それに沿って勉強していきましょう。
どんな受験生にもいえることが、冬休みの最初に取りかかったテキストは、最後まで解ききることです。解ききることで、簡単に解けるところ、つっかえてしまうところ、または全くわからないところをスムーズに抽出することができます。

時々、試験本番は過去問と同じものが出題されるわけではないから、と過去問テキストを使用しない受験生がいます。しかし、過去問はやっておいた方がいいです。
というのも、過去問をやることで受験校の出題の傾向がわかりますし、それが安心感につながるのです。一度でもやっておいた方が、入試対策を考えることができますよ。

過去問を解く時は、時間をはかりながら行うことも必要です。時間内に問題を解く練習になり、試験本番のイメージトレーニングになりますよね。
採点は自分で行い、足りないところは再度勉強し直します。

このような流れで、冬休みの学習計画をたてていきましょう。

RSS リーダーで購読する

無料の英字新聞を活用し、読む力をつける

英字新聞というと、どことなくカッコよく、雑貨店の包装紙に使われているような、そんなオシャレなイメージがありますよね。近年までは、日本でも手に入れにくく、日本人にとっては遠い存在だったかもしれません。
しかしありがたいことに、最近ではインターネットで英字新聞を無料で読むこともできるのです。
ある程度英語を話せる、読める、という方は、無料の英字新聞に挑戦し、より読む力をつけてみてはいかがでしょうか。

しかし、インターネットの無料英字新聞では、読めない記事が存在します。記事内容は気にしないから、とりあえず毎日英字を読む習慣をつけたい、という方はそれでいいかもしれません。しかし、全て読みたいという方にはデメリットですよね。
そんな場合は、英字新聞を購読するという手もあります。

ネットでの無料英字新聞と、英字新聞を購読することの、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

■無料英字新聞
○メリット
・無料で読める
・24時間いつでも読める
・新聞紙の処分に困らない
・世界中のいろんな新聞を読める
×デメリット
・読めない記事がある
・お金がかからないことで、さぼりがちになる可能性も
・パソコンを使うので、目が疲れやすい

■購読英字新聞
○メリット
・記事が全て読める
・読むことを習慣付けしやすい
・持ち歩けばどこでも読める
・購読することで、学習意欲が増す
×デメリット
・購読料がかかる
・新聞を処分する手間がかかる
・全て読まなければならないというプレッシャーを感じる

以上のようになりました。
どちらを選ぶかはそれぞれの選択になりますが、さぼりがちにならないようにしたいという方には購読がお勧めです。
まずは手軽に始めてみたい、という方にはネットの無料英字新聞が向いているでしょう。
ネットの無料英字新聞から始め、後に購読に切り替えるというのも一つの手です。

■無料英字新聞
【The Japan Times】
http://www.japantimes.co.jp/
【The Mainichi Daily News】
http://mdn.mainichi.jp/
【The Asahi Shimbun】
http://www.asahi.com/english/

■購読英字新聞
【The Japan Times】
http://club.japantimes.co.jp/jt/
【The Mainichi Daily News】
https://form.mainichi.co.jp/annuncio/koudoku/form.html
【The Asahi Shimbun】
https://33.asahi.com/apply/w/engBrandSelect.php

RSS リーダーで購読する

復習の効果をよりアップさせる方法

学んだことをしっかりと身つけるためには、予習・復習は欠かせません。
次の日に学習することを予習しておけば、先生の説明がすんなりと理解できますし、わからなかった部分を解消することができます。
予習と復習、どちらも大切ですが、勉強したところをしっかり身につけるためであれば、やはり復習が大切だといえるでしょう。
そんな復習ですが、皆さんはどのような方法で取り組んでいるでしょうか?
学んだところをしっかりと身につけるために一番効果的な方法は人それぞれかもしれませんね。
しかし様々な方法の中でも、「その日勉強した部分を声に出し、先生になりきる復習方法」もおススメです。

いわゆる一人授業といった感じですが、その日に勉強したことを、あたかも先生が生徒に教えるように口に出してみる方法です。
場所は、リラックスできる自分の部屋や、お風呂場がお勧め。自分の部屋だったら、教科書を見ながら先生のように歩きまわり、架空の生徒が理解できるように丁寧な説明をしてあげましょう。
すると不思議なもので、自分自身が本当に理解しているのか、それとも理解できていなかったかがよくわかるのです。もしも理解できていなかった部分があれば、再度勉強し直すことができますよね。
自分でも、理解できていなかった部分に気づいていないことはよくあること。しかしそれをそのまま放置しておくのは良くありませんから、気付くことが大切なのです。

この復習方法は、「本当にインプットできているのか。そしてそれをしっかりとアウトプットできるのか」を図ります。
これをするとしないとでは、後のテストや試験に大きな差をつけてしまうことになるでしょう。
また、丁寧に説明すればするほど、学習した内容を頭の中で細かく噛み砕くことになります。この時にさらに頭は回転し、脳を刺激します。そうすることで、普通の方法で復習するよりも、より記憶に残りやすくなるのです。
ちょっとした時間を使ってでも構いません。一度、学習したことを声に出し、一人授業を行ってみましょう。

RSS リーダーで購読する

試験・定期テストに強くなるための対策

勉強はしっかりやったはずなのに、大切な試験や定期テストのたびになぜか失敗してしまう。そんな人のことを「本番に弱い」タイプだと言いますが、どうせ勉強してもダメだから…と少しでも諦めの気持ちを抱いたことはないでしょうか?
本番に弱いのは、持って生まれた運の悪さや、性格などの問題ではありません。試験や定期テストに強くなるための、対策を知らないからなのです。

試験や定期テストなど、本番に強くなるための対策をいくつかご紹介しましょう。

・問題を解き始める前に、試験全体を把握する。
これが一番始めの重要なポイントです。
山に登ったとき、その山全体の高さや道のりを知っていれば、それなりのモチベーションで臨めますが、どんな高さの山で、どんな山道なのかが全くわからなければ、歩きようがありません。
試験問題も、どのような問題があるかということを最初にざっと見ておくことで安心感が湧き、時間配分も大まかに計算することができます。
これをしないと、終了時間ギリギリになって焦り始め、解ける問題も解けなくなるといった悪循環が生まれてしまうのです。

・確実に解ける問題から手をつける。
計算問題や文章問題など、試験内容の中で、得意不得意なものをご自分で把握しているでしょうか?きっと誰しも、なんとなく解きやすい問題があると思います。
試験が始まったらまず試験問題全体にざっと目を通し、そして得意分野があればまずはそこからとりかかりましょう。
スタート地点でつまずいたらその後の巻き返しが難しいものですが、出だしから調子がいいとテンポをつかむことができます。また、時間が足りない!というトラブルもあまり発生しなくなるものです。解いている中でわからない問題があれば、いつまでも執着してはいけません。それも後回しにし、解ける問題からどんどん解いていきましょう。

・最後の最後まで諦めず、とにかく書き込む。
時に、悪あがきをしたことで明暗を分けることがあります。
記述形式の回答は部分点がもらえることがありますので、とにかく書き込むことが大切です。選択問題も、全くわからなくてもどこかにチェックを入れてみましょう。
最後の最後まで諦めず、終了の声が響くまで、かじりついてでも問題を解き続けることが、1点でも2点でもアップさせる方法なのです。

RSS リーダーで購読する

学力低下は、悪い姿勢が原因?子どもの姿勢矯正方法

「姿勢を正しなさい」と、お子さんに注意したことのある親御さんは多いと思います。
正しい姿勢は見た目も美しいですし、姿勢を正すことで身体が疲れにくくなります。
「成績がいい子は姿勢が良い」「成績が悪い子は姿勢が悪い」というようなことを聞いたことがないでしょうか。実際に、姿勢の悪さと学力はどのような関係があるのでしょうか?

姿勢の悪さが学力の低下につながると言われているのは、姿勢の悪さから引き起こされる身体の症状にあります。
姿勢が悪くなると、子どもの時から肩こりや腰痛になってしまうことが考えられますし、前のめりでテレビゲームをすることで視力低下につながります。
やはり一番は、集中力が欠けてしまうことでしょう。
腰が曲っていたり、猫背になっていたりすると胸の辺りが圧迫され、呼吸が浅くなります。血液の流れも悪くなり、脳に酸素が行き渡りにくくなります。その結果、頭がぼうっとしてしまい、身体が疲れやすくなることでより一層集中力低下に拍車をかけてしまうこととなるのです。
姿勢が良くなるだけで、自然と集中力がアップするといっても過言ではありません。
集中力が欠けてしまうと、勉強する時間も短くなってしまいますし、机に向かっていても勉強している内容が頭に入ってこなくなるでしょう。結果、姿勢が悪いほど、学力低下の可能性が高くなるというわけです。

子どもの姿勢を良くするためには、正しい姿勢を習慣付けることが大切。習慣になれば、子どもも自然と正しい姿勢ができるようになります。
何度も「姿勢を正しなさい」と注意しても効果がないと嘆いている親御さんもいらっしゃるかもしれませんが、言わないより言った方がマシです。言った時には正しい姿勢ができるのであれば、その注意は続けるべきでしょう。

姿勢の矯正法ですが、体を動かす時間をつくってあげることが一番自然で効果的な方法です。本格的なスポーツというわけではなく、親子のコミュニケーションを通して行う、キャッチボールなどがお勧め。座っている時間が長ければ長いほど姿勢は崩れやすくなりますので、ゲームやパソコンばかりやっていないで、時には外で身体を動かすよう誘ってみましょう。

RSS リーダーで購読する

子どものうちが肝心!視力低下予防

近年、子どもの視力低下が急速に進んでいます。親御さんの年代では、子どもの頃にメガネをかけていた子どもはそれほど多くなかったのではないでしょうか?しかし最近では、メガネやコンタクトをしている子どもたちが増加し、1つのクラスで裸眼で生活をできる生徒の方が少ない、ということが大半です。

視力低下する子どもが急速に増えた背景には、ポケットタイプのゲーム機や、インターネットの普及があります。
遠くからテレビを見ている程度なら、すぐに視力が低下するということはありません。目と画面との距離が極端に近いことが視力低下の一番の原因であり、その距離が簡単に変化することによる目の筋肉の緊張が、近視の原因になりやすいのです。
また、姿勢の悪い状態でゲームをすると、片方の目だけ悪くなってしまい、一般的な近視用メガネでは矯正できなくなってしまいます。

子どもの視力低下は、大人の視力低下に比べると3倍以上の早さで進行するといわれています。春の視力検査で判定がAでも、次の年にはC判定になっていた、ということも十分に考えられるのです。
特に幼稚園児から小学校低学年の間は要注意期間です。
この年代の子どもたちはまだ視力が完成しておらず、脳や眼球が非常に柔軟で、環境の影響を受けやすいのです。

子どもの視力低下を予防するために、特に要注意期間である小学校低学年までは、携帯型のゲーム機は与えないことが一番の予防策だといえるでしょう。
子どものうちは、広い公園や山や川などでたくさんの自然を見て、たくさん遊ぶことが視力低下の予防になります。ですから、緑がたくさんある環境で育ってきた人ほど、大人になっても裸眼で過ごせる方が高いのです。
都市部にお住まいで、そのような環境があまりない、という方は野球やサッカーなどの習い事を始めてみてもいいでしょう。

携帯型ゲーム機をあまり持たせない、悪い姿勢でゲームをさせない、できるだけ広い場所で遊ばせたりスポーツをさせることが、子どもの視力低下予防になるはずです。

RSS リーダーで購読する

高校受験、志望校の選び方

秋から冬にかけて、高校受験のために志望校を絞っていく方も多いでしょう。この時期は高校受験を本格的に考えなければならないとても大切な時期です。
偏差値も違うし、校風も違う学校を、ここがいい!とはすぐに決められませんよね。夏から、学校見学などを経てある程度絞ってきたとは思いますが、冬休み前の三者面談で受験する高校を保護者と先生と受験生で確認し合いますので、今の時期に絞っておく必要があります。

志望校の選び方としては、まずは条件の優先順位を決めましょう。
条件は人それぞれだと思いますが、おおざっぱな条件として「男女共学か、別々か」「国立・公立・私立」「通学時間」「部活動の実績」「就職実績」「校風」「大学の付属校か」などがあげられます。
細かくあげていくとキリがありませんが、受験する生徒が「これがなきゃダメ!」という条件を洗いだしていきましょう。
高校卒業後の進路も念頭に置いて条件を上げるとあとで後悔せずにすむと思います。例えば、将来的にはこんな企業で働きたい、という希望があるのであれば、大学進学の方が有利です。
条件を絞っていって、より条件に合う高校を見つけましょう。

保護者としては、まずはお子さんの希望を聞くことから始めましょう。
保護者も、多少なりともお子さんに行って欲しい学校があるはずです。しかし親の希望をお子さんに伝えてしまうと、お子さんにとってはプレッシャーとなり、三者面談で突然「本当は違う高校に行きたい」とも言い出しかねません。
お子さんとしっかり話していると思っていても、お子さんは「話しを聞いてくれない」「自分の志望校を決められてしまった」などと思い悩んでいることが意外にも多いのです。
ですから、まずはお子さんが全ての希望を伝え終わるまではじっとお子さんの話を聞いてあげましょう。たとえ間違ったことをお子さんが言っていたとしても、すべて言い終わってからアドバイスをしてあげると、後でトラブルにならずにすみます。

RSS リーダーで購読する

子どものストレスから現れる症状とは

大人がストレスを感じると、胃が痛くなったり、食事がのどを通らなくなったり、お酒やタバコに依存するようになったりします。しかし、子どもの場合は、大人と同じような症状が現れるとは限りません。
大人は、ストレスが溜まったら自分のやり方でストレスを解消しようとします。しかし子どもはストレスを解消するすべを知らず、どんどん溜めこんでしまいます。そしてそれが一気に爆発してしまうことであらゆる症状を引き起こしたり、不登校や非行につながることになるのです。そうならないためにも、大人が子どものストレスにいち早く気付いてあげることが大切です。

子どものストレスによる症状の一つに、パニック症状があります。ストレスを抱え込むと、あらゆる心配や不安に支配されることがあり、その気持ちがピークに達したことによりパニックを起こすのです。
パニックに陥ると呼吸困難になったり、手足が冷たくなったり、動悸がして立っていられないほどの症状を引き起こす場合も考えられます。子どもは、その症状とうまく付き合えないもの。そのような症状に陥ったときに一番不安を感じるのは子ども自身です。一度パニックを起こすと、今度いつ同じ症状になるのか不安を抱えてしまい、さらなるストレスにもなりかねません。

子どもがパニックを起こしたら、まずは親御さんが落ち着かせてあげてください。手を握ってあげたり、優しい言葉をかけてあげたり、抱きしめてあげたりと、親の寛容さや子どもへの理解をしっかりと指し示すことにより、子どもは落ち着きやすくなります。

子どもがストレスを溜めこんでこのような症状に陥る前に、大人が上手にストレスを発散させてあげましょう。
子どもは時々、学校で嫌なことがあったことなど、不安な思いを打ち明ける時があります。そんなときは、叱ったりせずに全部聞いてあげることが大切。家族も聞いてくれないのだ、と子どもが思ってしまったら、もう吐き出す場所がなくなってしまうのです。
子どもがストレスによる症状を引き起こさないよう、家族が一番の理解者であることを伝え、「嫌なことはいつでも吐き出してね」と伝えましょう。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2011-12

カレンダー
« 12 月 2011 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る