ホーム > アーカイブ > 2011-11-24

2011-11-24

九九の覚え方アイディア集

小学生の勉強で、最初につまずくのは「九九」であるお子さんも少なくはないでしょう。
初めて勉強する掛算ですから、戸惑ってしまうのは当たり前ですよね。
九九でつまずいているという方も実際に多く、インターネット上では様々な九九の覚え方のアイディアが飛び交っています。
そんな九九の覚え方のアイディアを、こちらでまとめてみました。同じく九九の覚え方で苦労しているお子さんに、ぜひ試してみてもらいたいアイディアです。

・とにかく練習!
九九を自作でつくり、毎日解き続けることで上達します。

・とにかく暗唱!
1×1から、9×9までを毎日とにかく暗唱します。毎日繰り返すことで体に覚えさせていく方法です。

・九九の歌で覚える
教材などに入っているCDを利用し、歌に合わせて暗記。

・友達と一緒に覚えさせる
子どもの頃は友達と張り合いたいもの。
九九も、友達や兄弟と張り合わせることで、ライバル心が燃え、必死に覚えようとします。

・苦手なところは苦手と認識
数が大きくなるにつれて、九九は覚えにくいものですよね。
そこで、苦手なところは苦手として認識して、例えば7の段が苦手だったら「7×2」は「2×7」として計算します。
また、7の段は2の段と5の段を足してできたものなので、「7×7」は「2×7+5×7」として計算していきます。

・九九をしりとりで
お子さんと、九九をしりとりの要領で言い合います。
はじめの人が好きな九九を言ってスタートします。次の人が前の人が言った九九の答えの1の位の数と同じ段の九九を言います。例えば、「4×7=28」のあとは「8×9=72」で、その次は7の段の九九になります。誰かが間違えたり、1の位が0の九九を言ったら終了です。

・お風呂派が意外と多い!?
お風呂で大声で暗唱することで、覚えられた方が多いようです。机に向かうとなかなか覚えようとしないお子さんでも、お風呂の中は開放的。お風呂の中での九九の暗唱を日課にすることで、覚えやすくなりますよね。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2011-11-24

カレンダー
« 11 月 2011 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る