ホーム > アーカイブ > 2011-08-14

2011-08-14

高校受験のための、学校見学のポイント

夏までに、体験授業、学校説明会などに参加し、秋の行事に合わせて学校見学に行きたい、と考えているご家庭も少なくはないでしょう。
また、中学2年生のこの時期に高校受験を意識する生徒が多いため、3年生以外の学年の生徒もこの時期の学校見学が多いようです。
そこで、秋の行事にあわせた学校見学のポイントをご紹介したいと思います。

まずは、学校見学時服装や持ち物の確認です。
制服なら制服、私服なら清潔感のある服装や髪型を心がけましょう。
自分が入学するかもしれない、ということを忘れずに、礼儀正しく、あいさつをしっかりし、生徒の邪魔にならないように気をつけましょう。
特に友達同士で見学に行く時は気もゆるみがちになってしまいますので、注意点などを出かける際に保護者から一言かけてあげるといいでしょう。
説明会ではないので、特別な持ち物は必要ありませんが、メモや筆記用具、カメラなどを持っていくといいでしょう。
一度見学に行っても他の学校に見学に行っているうちに印象が薄れてしまうこともありますから、きちんと記録しておくことが比較する際に役に立ちます。

また、行事は生徒たちの様子を見るための絶好の機会だといえます。
行事の中でチェックするポイントは、
・生徒たちが自主的に、楽しそうに行事に取り組んでいるか
・礼儀正しくあいさつができる生徒たちか
・先生と生徒の関係性はどうか
・お互いに助け合って行事を行っているか
など、生徒の雰囲気や自主性などをみておきましょう。
校風というのは、入学までのその1、2年間だけではそうそう変わるものではありません。
自分が、または自分の子どもがその学校と相性がいいのかということを見極めましょう。
「派手すぎて自分には向いていない」「先輩後輩の仲が良く、信頼しあっているような印象を受けた」など、学校見学のあとはできればその日のうちに、保護者、友達、先生などと話し合ってみましょう。

学校見学の機会はなかなかない貴重なものです。
せっかく行くのですから、意味のある見学になるよう、最初に「どのようなポイントをチェックするか」ということを決めてから足を運ぶといいでしょう。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2011-08-14

カレンダー
« 8 月 2011 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る