ホーム > アーカイブ > 2011-07

2011-07

【早期英語教育の注意点】

英語が必要不可欠な時代に突入し、保護者の方の中には、まだ日本語もうまくしゃべれない我が子に、英語のビデオを見せたり、英語の本の読み聞かせを行っている方はいらっしゃいませんか?
ディズニーなどの英語ビデオが流行り、ディズニーのビデオを幼児の時から見てきた子どもたちが、実に達者に英語を使いこなす、というCMが印象的です。
今の保護者の年代が学生だったころ、学校では、それほど熱心に英語を教えてもらうことは少なかったと思います。
だからこそ、自分にできなかったことを…という思いから、まだ日本語すらしゃべれない幼児に英語を勉強させたい、と思うのは仕方のないことだと思います。

しかし、最初は英語のビデオで喜んでいたとしても、いつしか見なくなり、無理に見せようとすると拒絶されるようになります。
それは子どもの本能であり、母国語を壊すようなものは拒否します。
人間にとって、母国語とはとても大切なものなのです。
中には、母国語を覚えないまま外国にわたり、結局外国語も覚えられずに家族にしかわからない言語でしか話せない子どももいるのだとか。
それはたとえ日本国内であったとしても、引き起こされる可能性のある現象ではないでしょうか。

母国語は、ほおっておいても習得していくもの、ということは決してありません。
お母さんや家族が、一つ一つ単語や文法を教えることで、ぐんぐん吸収していくのです。
ですから、子どもの頃に母国語の教育を親が放棄しているというのは、とても危険な状態なのです。
英語を早期から学ばせたいのであれば、ビデオを見ることなどを強制せず、さりげなく英語の音楽やCDをかけておくことがおすすめです。
生まれたばかりの赤ちゃんは、音に非常に敏感で、さりげなく流しておくだけでも知らず知らずのうちにしっかりと習得しているものです。

幼い頃から英語を中心に学ばせるのではなく、まずは母国語をしっかりと習得させ、英語は強制せず、さりげなくテープをかけておくことが、早期英語教育の丁度いいバランスかもしれませんね。

RSS リーダーで購読する

【親ができる自宅での英語指導】

英語教育の早期化がすすみ、幼稚園児のお子さんも、小学生のお子さんも、英語を勉強し始めた、というご家庭は多いのではないでしょうか。
特に、書く英語よりも、聞き流す英語が効果的であり、CDを使用した英会話教室も増えてきたのではないでしょうか。
自宅でも英語の予習や復習をしていて、親御さんも、「何か手伝ってあげたい」「私にできる指導法はなんだろう」と思っている方も多いかもしれませんね。
そこで、親が自宅でできる英語指導についての提案と、注意点をご紹介します。
まず一番の注意点としては、「干渉しないこと」が大切。
干渉されてしまうと、意識してしまい、英語がうまく入ってきません。
また、無理に勉強を促したり、発音の矯正をしてはいけません。
発音の矯正は、英会話教室の先生と保護者、という、指導者2人が違った指導法をしてしまうと、お子さんもこんがらがってしまいます。
ですから、発音の指導などは全てプロに任せましょう。
と、最初から親の干渉を否定するような注意点でしたが、親御さんができることはたくさんありますよ。
英語が得意な保護者の方は、是非CDを聴き、CDと同じように読むことをおすすめします。
家庭でも指導者がいるということは、お子さんにとっても心強いものです。
英語が得意でない親御さんでしたら、例えば、家の中は100%日本語なので、日常とは違う時間と空間を用意してあげましょう。
客間や、お座敷などは日常的に生活をしているところではないと思いますので、そのような場所を設けてあげると、英語が日本語化されずにすんなりとインプットされるお手伝いができるというわけです。
また、「CDみたいにうまく話せないから、話せるようになったら聞かせてね」など声をかけてあげると、お子さんは断然張り切るはずです。
「自分はお母さんができないものをやっているんだ」と思うことは、大変な底力となります。
干渉も口出しもせず、時々声をかけながら見守っていることで、お子さんはびっくりするくらいに成長するものですよ。

RSS リーダーで購読する

【英語初期教育の間違い】

「今までの英語教育は間違っていた」
とはよくいいますが、何が間違っていたのか、ということを英語初期教育に重点を置きご紹介したいと思います。
英語を初めて習い始める時、「ABC」から習い始めますよね?
「ABCDEFG」あたりまでをしっかり覚えさせ、「Z」までは簡単に学ぶ、というのが今までの英語初期教育の常識でした。
そのため、「ABCD」あたりはしっかり覚えても、「VXYZ」のあたりになると曖昧だということはないでしょうか?
これは、アルファベットの前半だけが肥大化され、脳にしっかりと刻みこまれ、終わりになると学ぶ時間が少なくなるため、アルファベットの終わりはほとんど脳に刻み込まれておらず、バランス悪くインプットされてしまっているのです。
英語教育全般に同じようなことがいえ、初期にはbe動詞ばかりを練習するため、大人になってもどんな文章にもbe動詞を入れてしまい、へんてこな文章になってしまう方が多いのです。
これは、英語初期教育の間違いともいえる学び方です。
一部だけが肥大化し、バランス悪く英語がインプットされないよう、最初から英語の全体がつかめる勉強方法を進めていかなければなりません。
日本語でも、「あいうえお」がしっかりと言えるようになってから、本の読み聞かせを行う、というお母さんもほとんどいないのではないでしょうか。
「あいうえお」を覚えながらも、いろんな物の名前、文法を教えて、そして自然に覚えていくのではないでしょうか?
英語も、初期からそのように覚えていけばバランスよくインプットしていくことができます。
現在の学校教育では、保護者の方の年代の英語教育よりも、その点は改善されているかもしれませんが、保護者の方が「ABC」からしっかり学ぶのだと思ってしまっていると、お子さんが難しい文法にどんどん挑戦している姿を見て不安を覚えるかもしれませんね。
しかし、英語を全体的にとらえる「聞き流し」はたとえ難しい単語や文法が組み込まれていたとしても、それは理にかなった勉強方法なのです。
我が子がどのように日本語を覚えてきたか、ということを思い出すと、今までの英語初期教育の常識に間違いがあったのだということが、よくわかるのではないでしょうか。

RSS リーダーで購読する

【英語は楽しく学ぶと上達するか?】

近年では、幼稚園児や小学生の頃から英会話教室に通う子どもたちが増えてきましたよね。
小学校の授業で、外国語活動の必修化が行われたため、英会話を学ぶ年齢が低くなったのは当たり前のことなのかもしれません。
その頃の勉強方法というと、ゲームを使って英単語を覚えたり、英語の歌で英語になじみやすくしたりと、楽しみながら英会話を学ぶことが多いと思います。
楽しみながら英語を学ぶことにより、英語への敷居が低くなり、すんなりと英会話を学べるかもしれません。
しかし、楽しみながら英会話を学ぶことが、成績低下につながる可能性を引き起こしてしまうことはご存知でしょうか?

中学校1年生までは大丈夫だと思います。
中1英語はまだまだ簡単なもので、英語を勉強していない生徒でもわりとすんなりと修得できるものが多いのです。
問題は、中2からです。
これは、英語に限らず数学などでもいえることですが、中2になると一気に勉強は専門色を増し、難しくなります。
しかし、幼いころから英語をゲームや歌を交え、「遊びでやるもの」としてインプットされて、しかも中学生の最初の頃、英語は勉強の必要なくいい点がとれると思いこんでしまうと、その後もなかなか勉強する気にはなれません。
しかし中学英語は、楽しみながら勉強していた頃の内容よりも遥かに難しいレベルに突入していきます。
中1の時は成績優秀だったのに、中3、高校生になってから英語が苦手科目になってしまった、という生徒さんは珍しくはありません。
苦手どころか、あまりの難しさに失望感さえ感じてしまい、英語が嫌いになってしまうのです。
小学校から英語を始めても、中学校から英語を始めても、この現象は同じです。

ですから、英語をただ楽しんで学ぼう、という勉強方法は、「危険」ともいえるのです。
ゲームの中で楽しみながら英語を学ぶのではなく、最初から「英語は難しいものだ」と思いその難しい勉強を乗り越えてこそ、その後すんなりと英語を習得できるのではないでしょうか。

RSS リーダーで購読する

【知っておこう!「情報モラル教育」】

情報社会の進展により、インターネットや携帯電話の普及が増え、現在では小学生でもインターネットを自在に操れるような世の中になってきました。

そんな中で、児童や生徒がトラブルに巻き込まれてしまう事件も増加しています。

最近では、インターネットの掲示板やメールによる悪質ないじめが、多くの学校で問題になっており、「ネットいじめ」という言葉も定着しつつあります。

文部科学省では、今や欠かすことのできないコンピューター、インターネット、携帯電話を利用する上でのモラルに関する様々な対策を実施してきました。

その一つが、今年4月から全面的に実施となった「情報モラル教育」です。

情報に関する道徳や、特別活動などはすでに各学校で取り入れられてきましたが、「情報モラル教育」が取り入れられるようになったのは、2009年からです。

現代の情報社会では、コンピューターを使って資料をまとめたり、必要な情報をインターネットで収集するなどの積極的な活用とそのための学習は否が応でも求められます。

情報モラル教育とは、「情報社会で適正な活動を行うための基になる考え方と態度」であると定義されており、インターネットなどの使用方法を指導するとともに、モラルを持った使い方を指導するというもの。

とりわけ道徳の時間の中で、指導を充実させることになっています。

文部科学省では、「情報発信による他人や社会への影響について考えさせる」「ネットワーク上のルールやマナーを守ることの意味について考えさせる」「情報には自他の権利があることを考えさせる」「情報には誤ったものや危険なものがあることを考えさせる」「健康を害するような行動について考えさせる」というような指導内容の例を提示しています。

情報モラル教育は、日常的に繰り返すことにより、確実に身につけることが大切。

そのため、学校だけでなく、家庭での指導も重要です。

深夜までパソコンにかじりついてはいないかなど注意を向けることが必要ですし、簡単に不審なサイトにアクセスできるようなインターネット環境も避けるようにしましょう。

RSS リーダーで購読する

算数が苦手の子供が多い理由

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

    長い間「なぜ算数、数学が苦手な人が多いのか」と考え続けてきました。

   自分の経験から人間は言葉と同様に数学が自然にわかる遺伝子を持っているという説を信じて、

   色々な本も読み、そして自分でも教え方を工夫してきました。

 

   それでも小学校4年になると中々理解できない生徒が出てきます。

   その長年の疑問がこの頃解けたように思います。

   その原因とは全く簡単なことで、「日常性生活に繰り返しがない」から、ということです。

 

   脳は本当にすぐ忘れます。

   これは英語をやっているといやというほど経験します。

   たった一週間CDがかかっていなかっただけで、長年やってきた「足し算訳」をほとんど忘れてしまう

   小学生もいます。

 

   文法に至っては時にこちらが絶望的になるほど忘れてくれます。

   だから定着までに何十回も文法書を見てもらうわけです。

 

   高2、高3で入会する人たちが、皆他の科目はできるのに、

   そしてそれなりには中高と英語を勉強してきたのに、

   中学の文法も知らないのも多分繰り返しが足りなかったからでしょう。

 

   分数も少数もその場ではとてもよく理解して出来るのに、一週間たつとすっかり忘れています。

   一週間の日常生活の中で分数や少数はありません。

    低学年はまだ算数の内容が少ないので毎日1題足し算や引き算をやり、九九を唱えることができますが、

   内容が多くなるとそれも時間がありません。

 

   数学は人間が生きるのに言葉のように必須ではありませんから、

   ちょうど運動能力や音楽、絵画の能力のように恵まれている人は少数です。

   幼児のころから一人でくるくる逆上がりができる人は別として、

   普通の子供は何度も練習して逆上がりができるようになります。

 

   それと同じで数学の能力に特に優れていないなら、間違えても、間違えてもたくさん問題をやって、

   脳に慣らしてしまうのがよい方法なのではないか、と思い始めました。

   数学は理論だと信じていましたから、今までは始めに理屈を教えてきました。

   でも今はあまり理屈を教えず、まず脳に慣れる、そしてある程度できてから理屈を教える方が

   よいように思います。

 

   そうなると一斉授業は厳しいですね。

   英語は日常生活の中での思い返しがない、という意味では数学と同じですが、

   CDのかけ流しができるだけましかな、と感じています。

 

   生徒が算数に詰まってどうしようもない時、あぁ、英語のかけ流しのようなものが算数にないかなー、

   と思ってしまいます。

 

 

 

 

 

「日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法」 鵜沢 戸久子著 フォレスト出版

 

 

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

RSS リーダーで購読する

【正しい日本語の勉強方法】

「正しい日本語を使おう」という動きが近年高まりつつあります。

では、そもそも正しい日本語とは何だろう、と思われた方も少なくはないでしょう。

いつの時代も、「間違った日本語=若者が使う言葉」という認識があるものです。

しかし、例えば1990年代から流行し始めた「むかつく」という言葉。

これは本来「吐き気を催す。
むかむかする」といった意味であり、正しい日本語としては全く適さない、といわれてきました。

しかし現在辞書で「むかつく」と調べてみると、「腹が立つ。
しゃくにさわる」と、若者たちが使っている意味も表記されているのです。

以前は間違った日本語として教師に指摘された学生もいるでしょうが、現在では一般的に普及し、国語辞典にも載っていますので、決して、間違った日本語とはいえないのです。

このように、以前は正しくなかったものが、それと認識されることにより国語辞典に掲載されるほどに定着していくものもあります。

しかし、「むかつく」という言葉を子どもに使わせたくないという親御さんも多いでしょう。

そんな言葉も正しい日本語として認識されている今、正しい日本語の基準とは一体何なのでしょうか?

現在、正しい日本語を最も手軽に見ることのできる媒体は、新聞だといえます。

新聞各社は、旧国語審議会の答申を受けて内閣が告示したものに従い、正しい日本語を表記しています。

内閣告示は簡単に見ることのできるものではないため、新聞社が出版している「用語の手引き」などは大変強力な基準だといえます。

また、新聞の記事では読者に良く思われない言葉は使うことがないため、正しい日本語を知るにはもってこいの媒体なのです。

そのため、正しい日本語を勉強するためには、新聞を読み、時には記事を書き出すという方法が一番力になります。

新聞記事の中でも、コラムは、文章を書くことの専門家が書いているため、わかりやすい文体であり、子どもでも興味深く読むことができるでしょう。

毎日必ず新聞を読むこと、そして書き写すことにより、国語力や文章力は磨かれていくはずです。

「日本語を知らない若者だ」と言わせないためにも、国語の勉強として、新聞を参考書代わりにしてみるのもいいかもしれませんね。

(906文字)

【使用キーワード】

(正しい日本語,正しい日本語,勉強方法)

———————-
⑫タイトル【知っておこう!「情報モラル教育」】

情報社会の進展により、インターネットや携帯電話の普及が増え、現在では小学生でもインターネットを自在に操れるような世の中になってきました。

そんな中で、児童や生徒がトラブルに巻き込まれてしまう事件も増加しています。

最近では、インターネットの掲示板やメールによる悪質ないじめが、多くの学校で問題になっており、「ネットいじめ」という言葉も定着しつつあります。

文部科学省では、今や欠かすことのできないコンピューター、インターネット、携帯電話を利用する上でのモラルに関する様々な対策を実施してきました。

その一つが、今年4月から全面的に実施となった「情報モラル教育」です。

情報に関する道徳や、特別活動などはすでに各学校で取り入れられてきましたが、「情報モラル教育」が取り入れられるようになったのは、2009年からです。

現代の情報社会では、コンピューターを使って資料をまとめたり、必要な情報をインターネットで収集するなどの積極的な活用とそのための学習は否が応でも求められます。

情報モラル教育とは、「情報社会で適正な活動を行うための基になる考え方と態度」であると定義されており、インターネットなどの使用方法を指導するとともに、モラルを持った使い方を指導するというもの。

とりわけ道徳の時間の中で、指導を充実させることになっています。

文部科学省では、「情報発信による他人や社会への影響について考えさせる」「ネットワーク上のルールやマナーを守ることの意味について考えさせる」「情報には自他の権利があることを考えさせる」「情報には誤ったものや危険なものがあることを考えさせる」「健康を害するような行動について考えさせる」というような指導内容の例を提示しています。

情報モラル教育は、日常的に繰り返すことにより、確実に身につけることが大切。

そのため、学校だけでなく、家庭での指導も重要です。

深夜までパソコンにかじりついてはいないかなど注意を向けることが必要ですし、簡単に不審なサイトにアクセスできるようなインターネット環境も避けるようにしましょう。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2011-07

カレンダー
« 7 月 2011 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る