ホーム > アーカイブ > 2011-07-27

2011-07-27

【子どもをネット犯罪から守るために】

近年では、インターネットを使用することは将来のために必須だといわれていますよね。
どこにいってもあらゆる情報を手に入れることのできるインターネットは大変便利で、学習や仕事の効率も上がります。
しかし、有害となるサイトが蔓延しているのも事実です。
有害なサイトには、このようなものがあります。
・インターネットやメールを使って物を売りつけたり、お金だけ振り込ませて商品を送らない「詐欺や悪徳商法」
・援助交際の温床になっている「出会い系・アダルトサイト」
・麻薬など、法を犯した情報を掲載しているサイト
大人だったら有害だと思うサイトを判断し、見ないようにすることができますし、見知らぬ人からメールが来ても返信などはしませんよね。
また、何かに巻き込まれても、冷静に判断し、誰かに相談するという手もあります。
しかし、子どもの場合、いろんなものに興味があり、初めて触れたものの良し悪しの区別はなかなかつかないものです。
また、入会していないのにそのリンクをクリックしただけで勝手に入会扱いされ、利用料金を請求される「ワンクリック詐欺」などは、子どもはきっと罪悪感でいっぱいになり、自分一人で思い悩んでしまうのではないでしょうか。
子どもたちをこのようなネット犯罪から守るためには、親が責任もって対処しなければなりません。

一番手っとり早い方法として、「フィルタリング」という手があります。
フィルタリングとは、子どもに見せたくない有害なサイトをブロックしたり、指定したサイトしか見られないように制限できるソフトウェアのことです。
夜遅くまでゲームなどに没頭させないために、パソコンの利用可能時間を設定することもできます。

フィルタリングを施しておかないと、保護者が常に監視しておかなければならないため、非常に時間の無駄ですし、お子さんにもストレスがかかってしまうでしょう。

フィルタリングソフトには、大きくわけて2種類の方法があり、1つはインターネットプロバイダが提供するフィルタリングサービスを利用することです。
無料、または月額数百円程度で利用可能です。
Yahoo!BBあんしんねっと 無料
http://anshin.yahoo.co.jp/
ODNwebフィルタ 315円
http://www.odn.ne.jp/service/web_filter/index.html

もう一つの方法は、市販のフィルタリングソフトを使用することです。
お店やオンラインショップで購入したパッケージソフトをインストールするフィルタリングソフトを使用しましょう。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2011-07-27

カレンダー
« 7 月 2011 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る