ホーム > アーカイブ > 2011-07-05

2011-07-05

【英語は楽しく学ぶと上達するか?】

近年では、幼稚園児や小学生の頃から英会話教室に通う子どもたちが増えてきましたよね。
小学校の授業で、外国語活動の必修化が行われたため、英会話を学ぶ年齢が低くなったのは当たり前のことなのかもしれません。
その頃の勉強方法というと、ゲームを使って英単語を覚えたり、英語の歌で英語になじみやすくしたりと、楽しみながら英会話を学ぶことが多いと思います。
楽しみながら英語を学ぶことにより、英語への敷居が低くなり、すんなりと英会話を学べるかもしれません。
しかし、楽しみながら英会話を学ぶことが、成績低下につながる可能性を引き起こしてしまうことはご存知でしょうか?

中学校1年生までは大丈夫だと思います。
中1英語はまだまだ簡単なもので、英語を勉強していない生徒でもわりとすんなりと修得できるものが多いのです。
問題は、中2からです。
これは、英語に限らず数学などでもいえることですが、中2になると一気に勉強は専門色を増し、難しくなります。
しかし、幼いころから英語をゲームや歌を交え、「遊びでやるもの」としてインプットされて、しかも中学生の最初の頃、英語は勉強の必要なくいい点がとれると思いこんでしまうと、その後もなかなか勉強する気にはなれません。
しかし中学英語は、楽しみながら勉強していた頃の内容よりも遥かに難しいレベルに突入していきます。
中1の時は成績優秀だったのに、中3、高校生になってから英語が苦手科目になってしまった、という生徒さんは珍しくはありません。
苦手どころか、あまりの難しさに失望感さえ感じてしまい、英語が嫌いになってしまうのです。
小学校から英語を始めても、中学校から英語を始めても、この現象は同じです。

ですから、英語をただ楽しんで学ぼう、という勉強方法は、「危険」ともいえるのです。
ゲームの中で楽しみながら英語を学ぶのではなく、最初から「英語は難しいものだ」と思いその難しい勉強を乗り越えてこそ、その後すんなりと英語を習得できるのではないでしょうか。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2011-07-05

カレンダー
« 7 月 2011 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る