ホーム > アーカイブ > 2011-06-26

2011-06-26

【留学に人気の国~アメリカ~】

近年、日本から海外への留学生が減少しているといわれています。

日本で英語を学ぶのももちろんいいですが、時には大勢のネイティブスピーカーに囲まれて学んでみるのも、刺激的で面白いのではないでしょうか。

留学をしたことない人にとって、英語を学ぶならアメリカ、と思い浮かぶ方も多いかもしれませんが、実はアメリカは、日本人留学生が他国よりも少ないことで知られています。

以前は、正に「留学といえばアメリカ」という留学生は大勢いました。

しかし現在では、この不況のためか少しでも費用を抑えられるオーストラリアやニュージーランドなどへの留学生が増えているようです。

しかし、やっぱりアメリカはアメリカならではの魅力がありますよね。

その魅力を存分に満喫できるのが、ニューヨークではないでしょうか。

24時間眠らない大都会と呼ばれるニューヨークには、様々な目的を胸に、世界各国から大勢の人々が集まります。

他の都市に比べて物価はやや高めですが、交通や買い物で困ることはまずないでしょう。

ニューヨークは、マンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタテン島を含む5つのエリアに分けられており、それぞれ違う雰囲気を持っています。

学びたい目的と、住みやすい場所から、じっくりと探してみましょう。

語学学校が多く、日本からの留学生が多い都市といえば、サンフランシスコではないでしょうか。

大都市ではあるものの治安が良く、アメリカ人の中でも住みたい街ナンバー1だといわれています。

サンフランシスコ近郊のシリコンバレーは、アップル、hp、インテル、Yahoo!、googleなど、世界的なIT企業が本社を構えているエリアです。

IT関係に興味がある方にとっては、大変興味深い街です。

都会すぎる都市は向いていないかも、という方には、シアトルがおすすめ。

シアトルは気候も治安もよく、日本人にとっては大変暮らしやすい都市だといわれています。

語学学校はサンフランシスコに比べれば少なめですが、スターバックスやマイクロソフトなど大企業の誕生地でもあり、今徐々に人気が高くなりつつある都市です。

アメリカと一口にいっても、その都市や雰囲気は様々。

治安が悪いというイメージもあるようですが、決して全ての都市が治安が悪いわけではありませんので、是非暮らしやすい都市を選んでみてくださいね。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2011-06-26

カレンダー
« 6 月 2011 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る