ホーム > アーカイブ > 2011-04-04

2011-04-04

【寝る前の勉強は効率的?】

効率的な勉強方法として、早寝・朝起き・朝ごはんが提唱されるようになりました。

この習慣を身につけることで、生活のリズムが改善し、勉強やそれ以外のこともはかどるようになるということを、以前もご紹介させていただきました。

しかし朝ではなく、夜を利用した効率のいい勉強方法もあるようです。

睡眠学習法などというものも一時期流行りましたが、枕の中にテープレコーダーを仕込む、というような睡眠学習法が、果たして効果があるものなのか…とお考えになった方も多かったのではないでしょうか。

しかし科学的には、寝る前の記憶は定着しやすい、ということは実証されているようです。

普段は短期記憶となるものが、睡眠前に学ぶことにより、長期記憶となります。
長期記憶は短期記憶よりも定着しやすく、記憶力も遥かにアップするというのです。

そのため、寝る前の30分~1時間を利用し、暗記ものの勉強をすると効率が上がるそうです。

しかし、勉強をしたらよく眠ることが絶対条件となります。

テスト前にいくら勉強しても、睡眠不足だと記憶が定着しにくくなります。

つまり、睡眠前に勉強をしようと頑張ったとしても、その後十分な睡眠をとることができなければ、逆に記憶力を減退させてしまうのです。

睡眠不足にならないよう、必ず制限時間を決めて、睡眠前学習をするようにしましょう。

また、その時間を使って数学の難しい計算などをしようとすると、頭が冴えてしまって寝付けなくなることも考えられます。

やはり睡眠前は、頭を使わずすんなり勉強できるような、簡単な暗記ものが一番効率的だといえるのです。

そして次の日の朝、前夜勉強したものを復習することにより、しっかりと記憶として刻まれるようになります。

寝る前には新しい勉強、そして朝起きたらその復習。
そんな勉強習慣をつけるのも、効率アップの秘訣かもしれません。

朝起きた後の時間だけでなく、寝る前の時間の使い方も、ぜひ有効に使ってみてください。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2011-04-04

カレンダー
« 4 月 2011 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る