ホーム > アーカイブ > 2011-02-17

2011-02-17

【小学校の必修外国語活動について】

いよいよ2011年から、小学校での外国語活動が必修になります。

文部省の調査によると、全国の公立小学校のうち、なんらかの形で英語活動を実施している学校は平成19年度の時点で97%以上に及んでいたようです。

しかし、活動内容を具体的に調べてみたところ、週に2回学習を行っているところもあれば、年に1回コミュニケーションという形で外国語活動を行っているところもあるのだとか。

その活動の頻度が学校ごとに大幅に異なるため、このばらつきを解消しようと、23年度からは一定の基準のもので、全国の公立小学校、5、6年生で、週1回の外国語(英語)活動が必修として行われることに決定されたのです。

小学校での外国語の活動の目標は、「コミュニケーション能力の素地を育むこと」です。

小学校では、英語の教育よりも国語の教育が先ではないか?という声もありますが、国語の学習に支障が出ることはないでしょう。

小学校のうちに外国語に触れることにより、子どもたちは今使っている日本語と他の言語の違いを意識し、言葉に対する意識が向上することも考えられます。

また、日本語と外国語だけでなく、算数や社会など全ての教科がお互いに関連しながら、子どもたちの言語力を総合的に伸ばしていきます。

国語を伸ばすために国語の授業だけに力を入れることよりも、様々な学習をしていくことで、国語の学習にもつながるはずなのです。

しかし、小学校の外国語活動だけで英語力が伸びるか、といったらそうだとは言い切れません。

小学校では、外国語活動を教科としてではなく、領域として位置づけられます。
そのため、英語のスキルを伸ばすための学習はしません。
単語のスペルを覚えさえることもしませんし、そのスペルを書けるかどうかのテストを行うこともないのです。

評価の仕方は、「一生懸命活動に取り組んでいた」「楽しそうに取り組んでいた」などに留まります。

ですから、本格的に外国語、英語を伸ばしたい、というご家庭は、やはり学校以外のスクールなどで学習する必要があるでしょう。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2011-02-17

カレンダー
« 2 月 2011 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る