ホーム > アーカイブ > 2011-02-08

2011-02-08

英検の結果について二つのトピック

こんにちは。

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

今回ほぼ中1から入会の中2が2級に合格しました。:razz:

小6で入会しましたが中学受験中のため、ほとんどCDもかからずに終ったので、

事実上は中1からです。

帰国子女や、小学校からウザワや音が入っている英語教育を受けていた生徒の中には中2で2級合格もありますが、

中1から英語を初めて習い、たった2年で2級合格は快挙です!:shock:

確かに頭のよい生徒ですが、必ずCDがかかり、毎回必ず宿題を提出していました。

本当にこちらが言う通りにやってきた2年間でした。

そしてそれを為し得たのは本人の「やる気」に尽きるように感じています。

中1用のLittle Womenを9月には終えて、

10月からは中2用のDaddy Long Legsに加えて大学用教材のStory of Englishを併用しました。

Daddy の方はほとんど一人で読み、訳し、暗記ができるようになっていました。

公立中学ですが、帰国子女受け入れ校とのことで、すでに2級を持っている友達がいるようで、

準2級が合格していたので、本人から2級に挑戦してみたい、という申し出がありました。

文法もすでに話法まで進んでいましたので、学校の進路を気にする必要がまったくなかったので、

12月からは週2回2時間の授業はCD教材の一連の活動以外はすべて2級の過去問をやらせました。

もくもくと一人で取り組んでいました。

そして40%くらいから始めて、12月末にはとうとう合格点近くまで伸びていきました。

1月に入ると下降し始め、無意識に蓄えている英語を探り、回路を繋げて正解する、

という作業が限界に達したかのかもしれない、と感じていました。

ところが本番、ギリギリですが合格していました:!:

どんなにかCDをかけたのでしょう!

そして一人で頑張って問題に取り組んできたこと

(間違いを直すときも正解は教えても説明は何もしませんでしたし、本人も単語を覚えたりすることは皆無でした)

それが本番の結果だったと思います。

本番での彼女の脳の中はめまぐるしく活動していたはずです。

意識的に理解し記憶しているものだけが知識の全てではないことを、しっかり証明してくれて、

その意味でも大変嬉しいと思います。:oops:

一方で特に小学生の英検では、合格してもしなくても、偶然合っているだけで何も分かっていないので、

正解が出せても意味がない、というご両親からの反応が結構ありました。:cry:

だんだんにご理解下さるだろうと考えていますが、無意識、半意識の知識の存在がどんなに大きいか:!:

そしてそれがやがて明確な知識に育っていくというプロセスは、理解して頂くのが本当に難しいと、痛感しています。

生徒たちはきっと自分達は英語がわかっている、と肌で感じていると思いますが‥‥。

「日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法」 鵜沢 戸久子著 フォレスト出版

 

 

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2011-02-08

カレンダー
« 2 月 2011 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る