ホーム > アーカイブ > 2011-02-01

2011-02-01

英語にカナをふるべきか否か

英単語を覚える時に、カナをふると間違った発音で覚えてしまう、と不安に感じている方も多いでしょう。

間違ったカナのふり方をする教師が多いため、違う発音で覚えてしまうことはよくあります。

ですから、カナをふって発音を覚えることは、あまり良くないことではあるのです。

しかし、英語を習いたての子供に、全く勉強したことのない英単語が並んだ長文を聞かせたところで、どの程度聞き取れるでしょうか?
全く聞き取れないといってもいいでしょう。

その長文をずっと聞き続けていても、意味どころではなく、聞き取りすら至難の伎であることがほとんどです。

繰り返し聞くことも大切ですが、やはり効率も悪く、それを聞きとるまでには相当な時間がかかってしまうことでしょう。

そんなときにどうしたらいいかというと、やはりカナをふるべきなのです。

例えば本を読んでいる時にわからない漢字があった時、カナがふられていてすんなりと読めたというご経験はないでしょうか。

知らない言葉に知っている言葉で読み方が記されているために、すんなりと読めたのですね。

ここで注目すべきは、「知っている言葉でカナをふる」ということ。

カナをふると間違った発音で覚えてしまうと言われているのは、英語には日本語にない発音があるため。

日本にある発音だけでカナをふってしまうので、発音の間違いが生じやすいのです。

日本語の発音だけで表現できない単語には、カタカナだけを利用するのではなく、「T」や「D」なども利用しましょう。

それぞれの発音を学びさえすれば、そのアルファベットがふられていることにより、正しい発音に近づくことができます。

「but」を「バットゥ」とふるのではなく「バァt」とふることにより、日本語にない発音や表現の難しいアクセントでも、すんなりと読めるようになるでしょう。

また、カナをふるのはあくまでも聞き取りやすくするためであり、カナだけを読んでいては、上達のしようがありません。

カナは、聞き取りの手がかりのみにすることが、上達するための秘訣です。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2011-02-01

カレンダー
« 2 月 2011 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る