ホーム > アーカイブ > 2010-12-21

2010-12-21

意識しないのは本物の証拠?

こんにちは!

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

よい本に出会いました。「首の後ろを押すと病気が治る」というタイトルの本です。

私は若い頃に左肺を三分の二切除し、その際に背骨を3本半取ってしまったので、

支えが悪いらしく、年を取るにつれて左首の具合が悪くなっていましたが、

今年の夏前から首が痛くてたまらなくなり、つらい日々を過ごしていました。

整形外科に行ってもよいことはなさそうだし、整骨院に行く時間もないし、と悩んでいました。

そんな時書店で「首」という文字が目に入り、早速買って読みました。:idea:

それはとてもしっかりした本物の内容で、素晴らしいお医者様が書かれた本でした。

さっそく書いてある通りに首の後ろをおしてみたら、本当に奇跡のように首の痛みが一度で軽くなりました:shock:

結局一カ月経って、まだ少しは違和感が残ってはいますが、ほとんど痛みが取れ、楽になり、

気持ちも前向きになっています。:razz:

ところ面白い感覚を経験しました。

奇跡的に利いたので、ふと本当に首押しの効果なのか、それとも自然によくなったのだろうかと感じる時があります。

それほど自然なのです。

そしてこれはCDのかけ流しみたいだ、と気がつきました。:idea:

訳ができなかったり、文法が分からない時、CDをかけたり、講師と一緒に英語のテキストを2,3ページ読むと、

ウソのようにすっと出来てしまいます。

その時多くの生徒は分からなかったことすら忘れるようで出来るのは当たり前だ、という表情をします。

脳が英語になったからできたのよ、と言っても曖昧に笑っています。

この本を書かれた松久先生はめったにない名医でしょう。

だからその治療を受けるとあまりに自然に直るので、ほっておいても自然に直ってしまったのではないか、

と思わせる部分があるだろう、と思いました。

ウザワの英語の指導がよいと意識はしないけれど、ただウザワが好きだから通っていたら英語が自然にできるようになった、

と生徒が感じたらそれは本物の証拠なのかもしれません:razz:

「日本人の小学生に100%英語をマスターさせる法」 鵜沢 戸久子著 フォレスト出版

 

 

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2010-12-21

カレンダー
« 12 月 2010 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る