ホーム > アーカイブ > 2010-12-05

2010-12-05

中学生のパソコンの使い方

パソコンは、今一番ともいえるほど莫大な情報を得られるメディアになりました。

中学生がパソコンに触れる機会は、この5年間ほどの間で、急激に増加しているといいます。

ご家庭にパソコンを置いていなくても、授業でパソコンに触れる機会があり、

最近では、中学生になるとほぼ全員がパソコンに触れる機会があるといいます。

現代の中学生たちは、このパソコンをどのように利用しているのでしょうか。

最近の中学生の、パソコンの利用方法や利用する頻度などをまとめてみました。

今では、パソコンを使用しないという中学生は少なく、

ほぼ半数が毎日のように使用していて、そうでない人も時々は利用しているようです。

その使い方は、「インターネットでわからないことを調べる」という使い方が一番多く、

他には「ゲーム」や「ブログやmixiなどを介した交流」などという使い方もありました。

わからないことをインターネットを利用して調べることは、インターネットの性質上、疑問や知識が広がりやすく、

実際にインターネットを使用している人ほど知識が豊富であることが多いといいます。

しかし問題点も指摘されており、その情報を鵜呑みにしてしまう危険性もあるということです。

インターネットには誰でも自由にウェブサイトや書き込みができるため、

その情報がすべてではないということは、知っておかなければいけません。

情報を参考に、自分の頭を使って考えるということを大切にしたいですね。

また、無料ゲームなども検索すればすぐに手に入るため、インターネットで何かを調べていると思ったら、

ゲームをしていた、ということもあるわけです。

また、使いすぎにも注意しなければならないでしょう。

保護者の方もこのようなトラブル予防として、様々な策を投じているようです。

例えば

「パソコンは家族で使うものとして、子供が独占しないように曜日や時間などのルールを設けた」

「パソコンを使うときは、宿題などすべきことを全て終えてからという約束を作った」

「夜9時以降はパソコンを使わないようにしている」

「親の考えを伝え、パソコンを使うときには一言声をかけるなど、ルールを作っている」

など、皆さんそれぞれのルールを設けているようです。

特にパソコンを使い始めのころは楽しくて仕方なく、使いすぎてしまうことはあるでしょう。

勉学をおろそかにしないために、中学生であっても、やはりルールを設けたほうがいいのかもしれません。

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2010-12-05

カレンダー
« 12 月 2010 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る