ホーム > アーカイブ > 2010-07

2010-07

通信教育は本当に身になるのか?

地方にお住まいの方や、部活に勤しんでいるお子様などには、通信教育は大変人気です。
しかし、通信教育は本当に身になるのかと疑問視している方も多いということをききます。
まずは通信教育のメリットをあげてみましょう。
・自分のペースで勉強できる。・他の習いごとや塾と時間が重なる心配がない。・部活などで帰りが遅い日でもあせる心配がない・体調不良で休んだとしても、勉強に遅れる心配がない。・帰り時間が遅いなどで、怖い目にあう心配がない。・月謝が安い。
以上のことが、通信教育をすることのメリットでしょう。通信教育は主に、時間が自由に使えることから、そのメリットが他のメリットに直結しています。
親としても、塾にあわせて早い時間、もしくは遅い時間に夕食を作ることもなく、月謝も安いなどのメリットがあります。
次に、通信教育のデメリットをあげてみましょう。
・教材を読んでいるだけではつまらないし、わかりづらい。・自分で勉強する時間を作らなくてはいけない。・わからないことがあると聞く人もいないので手間取る。
以上のデメリットがあると思います。
デメリットをまとめると、やはり独学なのでその分手間取るということが大きな不安材料です。
通信教育で学ぶためには、親の協力が大変重要になってきます。
子供はなかなか自分からすすんで勉強はしないものです。だからこそ塾へ行かせる親が多いのだと思うのですが、通信教育を選んだ場合は親が勉強する時間をつくってあげる必要があります。また、わからないことがあった場合は、教えるか、調べるヒントを与えてあげましょう。
通信教育が身になるかということは、一番は親の協力次第だといえるのです。
近年では、インターネットを利用した通信教育も増えてきました。インターネットを通し、直接教師と話すことができる通信教育もうまれています。塾の授業が自宅で好きな時に見られるというものもあります。
自分のライフスタイルに合った通信教育を選びましょう。

RSS リーダーで購読する

小学校受験の現状

子供の学力低下や不登校、学級崩壊などが問題視されている中、一方で小学校受験への関心も高まっていることが現状です。家庭での早期教育の意識も高まっており、わが子は学力低下や不登校などにさせまいとする親御さんが多いのです。
近年の中学受験も狭き門になっており、受験率もかなり高くなっています。
少子化や不景気が叫ばれる世の中であっても、小学校受験者が減少しないのは、学力低下や不登校などの問題が頻繁に取りざたされている背景があるからでしょう。
国立大学に付属している小学校も多数ありますが、注意しなければいけないのは、入学者全員が系列校に進学できるわけではないということです。都内の女子大学付属小学校では、男子はおよそ半数が付属中学校へ進学し、残り半数が中学受験をしなければいけないこともあります。小学校によっては付属中学に全員進学できることもありますし、半数以上が中学受験をして他校へ進学することもあるのです。
これに対し私立の場合は、大学まで小中高大の一貫校か、大学受験に力を入れている小中高一貫校か、中学受験指導に力を入れている学校の3タイプにわけることができます。
小学校受験をめぐる動向から、今後大学付属の小学校が増えることが予想されています。
どの学校を受験するにしても、大切なことは家庭のしつけです。
年中以前から日常的に意識するようにしましょう。季節の草花の名称や年中行事について、また、箸の持ち方や洋服の畳み方。そして日本の文化や生活習慣がどれだけ身についているかということが判断材料となります。
受験の準備期間は、硬く身構えてしまいがちですが、厳しくしつけをするよりも、行事や自然の草花などを親子揃って楽しむことが大切だといえます。
受験だからといってピリピリせずに、日ごろから親子の会話を楽しむようにしましょう。夫婦で話し合うことも増えますし、大変いい機会だといえます。
しつけや日本の文化などを知ることは、受験をしてもしなくても大切なことですので、年中になった頃から受験準備のためのしつけをしていくことが大切です。

RSS リーダーで購読する

こうしたら大人も仕事で英語が使えるようになります!

こんにちは!

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

よく「仕事ができるけれど英語がまったく出来ない人と、英語は凄くできるけれど仕事が出来ない人と、

どちらを採用したらいいでしょう」という相談を受けます。

実は私も何度も悩んでは、結局即戦力として英語が出来る人を採用して失敗し、

呆れたことには、懲りずにその失敗を繰り返しました。

今は絶対に仕事ができる人を採用すべきだと思っています。

でも「仕事が出来る人を採られた方がいいですよ、」と答えますと、

「でもその英語の出来なさ加減が半端でないんですよね、」という嘆きを聞きます。

かつてウザワでも大人のコースがあり、かなりの生徒さんがきていました。

ある男の方は、会社で一番英語ができない、ということで会社が授業料を出して通ってきました。

頭のよい方で、多分仕事がとても出来る方だったと思います。

だから会社も英語の授業料を出したのでしょう。最初の難関は英語の音でした。

テープを何回聴いても音がチャッチできません。

それでも毎日相当のレベルの英語を聞き流してもらい、授業ではそれを何度でも講師と一緒に読んで、

足し算訳(ウザワ発明の英語を構造的に訳して自然に英語の構造が掴める方法)で訳し、

暗記を助け、単語を覚えてもらいました。

一方で文法を初期からと、レベルの高いものを同時に勉強してもらいました。

他にも色々とやりましたが、基本的にはテープ教材と文法、この二点を着々と勉強し、

1年後には一人でアメリカに出張することができ、4年後には社内で一番英語が出来る人になっていました

(だからもう会社は授業料を出してくれなくなりました)。

一方で、テープもかけず、宿題もしてこないで、始終休み、会話願望が強い人たちは止めていきました。

英語は一日にして成らず、ですが、英語に関してはかなり安易に考えている人が多く、

それで大人のコースは止めたのですが、今もその事情は余り変わっていません。

ちょっと勉強するとすぐ出来るようになると思っている人が本当に多いですね。:cry:

 

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

RSS リーダーで購読する

ことわざで英語を勉強しよう

英語のことわざを学ぶことは、英語のスキルにつながるだけでなく、英語圏の文化も知ることのできる大変興味深い方法だといえます。
日本と同じようなことわざなのに、なぜこういった言い回しなのか、というものがたくさんありますので、英語のことわざを知りながら、文化も学んでいきましょう。
今回は英語のことわざをほんの一部ですがご紹介しましょう。
・Birds of feather.(同じ羽根の鳥は群れる)
日本では「類は友を呼ぶ」のことわざと同じ意味を持つものです。趣味や性格が似ている者同士は自然と集まるということのたとえです。
・Don’t put the cart before the horse.(馬の前に荷車はつけるな)
日本では「本末転倒」が同じような意味で使われています。馬が荷車を引くので、馬の前に荷車がくるということはありえません。ものごとの順序を誤るな、ということをいったことわざです。
・It is no use crying over spilt milk.(こぼれたミルクを嘆いても無駄)
日本では「覆水盆に返らず」が似たような意味で使用されています。取り返しのつかない失敗を嘆いても仕方がないということ、気持の切り替えが大切だということを意味しています。
・Rain before seven,fine before eleven.(7時に雨が降っても、11時には晴れる)
日本では「果報は寝てまて」などが似たような意味で使用されています。いつまでも雨が降っているわけではなく、そのうちに時間が解決してくれる、ということいったことわざです。
・See Naples and then die.(ナポリを見てから死ね)
これは日本でもよく知られいることわざでしょう。日本では「日光を見ずして結構と言うな」が同じような意味で使用されています。ナポリとはイタリア南西部にある都市で、そのナポリ湾は景色が非常に美しいことで有名なのです。死ぬ前に一度は見ておくべきだという意味で、ナポリの美しさを強調したことわざです。
・The proof of the pudding is in the eating.(プリンは食べてこそ証明できる)
日本では「論より証拠」が同じような意味で使用されています。おいしそうなプリンでも、見ただけでは味はわからないもので、物事の善し悪しも、実際にやってみなければわからないものだ、ということわざです。

RSS リーダーで購読する

注意したい外来語

ご家庭で子供に英語を教える時、無意識のうちに外来語を使用してしまうことがあるかもしれません。外来語は外国から入って来た言葉を自国の中で使用するようになった語のことを言います。
日本人が英語圏に旅行した時に、自然に外来語を話してしまうことがあるのですが、外来語は全くといっていいほど通じません。通じないどころか、違う意味になってしまうこともあるのです。
子供に英語を教える時に、また、旅行する時などにも気をつけておきたい外来語をご紹介します。
まず、日本では普通に使用している「メール」。英語圏の友達ができた時などに、「メールを送ります」と言うこともあるかもしれません。しかし、英語で「mail(メール)」は、本来は「郵便物」という意味であり、日本でメールとして使用されるような場合は「E-mail」と区別されて使われています。ですから、英語圏の方に「メールを送ります」と言った場合、相手はずっと手紙が届くことを待っているかもしれません。
次に、英語圏の方に言うと大変驚かれる外来語が「マンション」です。
日本でいうマンションとは、アパートよりもやや大型の集合住宅のことですが、本来英語で「mansion(マンション)」とは、玄関までも車で行くような大豪邸のことを指します。ですから、英語圏の友達に「どんな家に住んでいるの?」と聞かれて「マンションに住んでいます」と言えば、大変驚かれることでしょう。場合によっては嘘つきだと思われてしまうこともありますので、注意して使用しなければいけない外来語といえるでしょう。
そして「ナイーブ」も注意して使用しなければいけない外来語です。日本では、素朴な・純情な・無邪気な・天真爛漫ななどの意味として使用されていることがよくありますが、英語もフランス語も「naive(ナイーブ)」はうぶ・世間知らず・お人よし・無警戒・ばか正直などの意味を持ちます。肯定的な意味で言おうとしても、相手には否定的な意味にとられてしまいますので、注意しましょう。

RSS リーダーで購読する

会社の公用語が英語になった!!

こんにちは!

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

先週のブログでは梅雨が嫌ですね、と書きましたら、あっという間に梅雨が明けてしまいましたね!:shock:

今年は本当に暑い夏のようです・・・。

皆さま体調を崩されませんように:oops:

 さて、今マスコミでは会社の公用語が英語になったという話題を盛んに取り上げています。

これでまた、英語ブームが来るのかもしれませんが、少し考えてみる必要がありそうです。

まず一体企業が社員に要求する「英語」とはどんな英語でしょうか。

当然朝出社したら英語で挨拶できる英語ではなく、仕事で使える英語のことです。

企業で英語が日常語になった、というと直ぐに「会話」を連想することが、

日本人が何時までたっても本当の英語が出来ない大きな原因ではないでしょうか。

状況を日本語に置き換えてみると、英語の非常識な常識がよく分かります。

子供が日常会話ができるから、これで日本語ができた、と思う親はいないでしょうし、

私はちゃんと話せるからどこの企業でも採用してくれる、と思う人もいないでしょう。

母国語で何とか人と話ができるようになるのは小学生になる頃ですが、

それから長い、長い間、学校でも家庭でも自分でも、国語を勉強をして、

やっと大人になった時に仕事が出来る国語力がついているはずです。 

もっとも現代の問題は就職時にまともに話せない人が結構いることですが‥‥。

英語も同じことです。会話が出来ても仕事はできません。

私は、小学生のうちから仕事で使える英語の習得を目的とした英語教育をすべきだと、

ずっと提唱し、実践してきましたが、とうとう本当にそういう時代になりました。

一方今、英語に悩んでいる大人の方々にアドバイスしたいと思います。

会話に走らずに、どんなに大変でもちゃんとした「英語の勉強」をお薦めします。

母国語は「聞く→話す→読む→書く」というプロセスで言葉を習得していきますが、

外国語の習得の場合は、「聞いて、読んで、書いて、暗記してが同時にきて、それから話す」というプロセスで

勉強すると効果的です。

我々は母国語による知識をたくさん持っていますから、それを英語に転換して暗記すればよいと思います。

手っ取り早く出来そうだ、ということで安易に会話に走るより、一冊の本の暗記に取り組んで、

根気よく、CDをかけて、英語を口にして、ひたすら努力した方が、結局は早く結果を出すことができます。

 

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

RSS リーダーで購読する

英語のスラングとは?

日本語を習いたての外国人が丁寧な日本語を話す時に、不自然に感じることがよくあります。それは、現代では使われていない丁寧な日本語を話しているからです。
同じく日本人が英語を話す時も、堅苦しくない程度の表現で会話をした方が、よりネイティブに近づけるといわれています。
留学をしたり、身近にネイティブがいる方はご存じだと思うのですが、ネイティブは時々教科書では使わない砕けた言い方をすることがあります。
それが英語のスラングというものです。
スラングとはもともと、同一の生活環境の中で過ごす人達だけが使う俗語のことです。
日本でいう流行語や、若者が使い年配の方が理解できないような言葉も、このスラングに当てはまります。
英語でもスラングを使用することにより、よりネイティブに近づくことができるのですが、スラングは流行語と同じように、時間がたてば古くなってしまうことがあります。日本で覚えたスラングを現地で使う頃には、もう誰も使っていない、ということがよくあるのです。
また、限られた地域でのみ使用されていることが多いので、アメリカの中でもカリフォルニア州ではほとんどの人が使用しているのに、別の地域に行くと誰にも通じないということも珍しくはないことでしょう。
スラングを使用することによってネイティブに近づけるのならば、勉強した方がいいのかと思いがちですが、スラングは勉強する必要はないものといえます。
英語のスラングには、特に下品なものが含まれることが多いのです。また、人種に絡んだスラングも使用されていることも多く、覚えたからといって意味も知らずに使用してしまうと大変危険です。
外国人が現代では使われていない丁寧な言葉を話すことは不自然ではありますが、同時にとても美しいことです。
日本人すら忘れてしまった丁寧な言葉を話していることは、日本人としてもとても勉強になることです。
あえてスラングを勉強するのではなく、正しく丁寧な言葉を話すように心掛けていきましょう。

RSS リーダーで購読する

バイリンガル教育について

バイリンガルとは、2カ国語を日常的なコミュニケーションにおいてスムーズに話せる人のことです。
現代では早期英語教育も一部の家庭で取り入れられており、英語を日常的に話せる子供も増えてきました。家庭の中での会話は全て英語にする、毎日英語の読み聞かせを行う、というような親の努力によって、子供をバイリンガルにしているケースもあります。外国に住んでいる場合は、家庭では逆に日本語しか話さないようにして母国語を忘れないようにすることも行っているようです。
しかし、子供をバイリンガルにしようとしているうちに、日本語も英語も中途半端になってしまう危険性があるといわれています。子供が英語を話せるようになっても、読み書きを習得していなければ、バイリンガルとはいえません。また、日本語をきちんと覚えていない時期に英語を詰め込みすぎてしまうことにより、正しい日本語すら習得できていないということもよくあるのです。これでは読書に支障が生じ、将来大人になってから勉学に励むことが困難になってしまう可能性もあるのです。
こういった事態を避けるためにも、子供をバイリンガルにするために英語を吸収しやすい時期と悪い時期を知っておきましょう。
日本人は幼児期に2000語を覚え、小学校低学年では5000語、高学年では更に7500語、中学校では10,000語の単語を覚えるのだそうです。ですから、小学校高学年で急激に語彙が増える時期に英語も覚えさせようとするのは、子供が望まない限りは避けた方がいいということになります。
一番丁度いい時期というと、低学年か中学校にあがってからではないでしょうか。
また、英語がペラペラ話せるようになったことで、バイリンガルになったと勘違いしてしまうこともよくあります。
バイリンガルとは、2カ国語を話せることはもちろん、2カ国の文化的背景も理解することも大切なのです。バイリンガルにしたいのなら、積極的に外国の文化に触れさせ、語学力とともに外国への興味や理解も深めていきましょう。

RSS リーダーで購読する

留学に必要な語学力

中学や高校のお子様をもつ親御さんの中には、留学を視野に入れていらっしゃる方もいるでしょう。
留学資金さえあれば現地で語学は身につく、なんてこともいいますが、留学するための語学力を事前に身につけておくことは大切なことです。語学を学ぶために留学をするのだから、それほど準備は必要ない、と思われている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、日本とは全く違う外国で過ごすことは、子供にとっては大変な冒険であり、同時にストレスもかかるものです。そんな中で言葉の違いや壁を感じ、予定よりも早く帰国してしまう、という子供も実際にいるのです。
留学を成功させるためには、ただ授業で習うだけの語学力ではなく、留学するための語学力が必要なのです。
留学するための語学力というのは、現地で授業を受け、生活できるだけの力のことです。
アメリカやイギリスでは特に、教師は生徒とコミュニケーションをとりたがります。日本の授業のように、教科書を読みながら板書し、それをノートにまとめる、というような授業を想像していると、現地で痛い目を見てしまいます。
教師と生徒が会話をしてコミュニケーションをとりながら授業を進めていくのが、通常のスタイルです。
ですから、留学を失敗させないためにも、発言力、コミュニケーション力をつけておくことも大切でしょう。
また、留学で発言力とコミュニケーション力をつけさせたいという考え方もあると思います。
実際にそのような考えから、子供を海外に送り出す親御さんもいるのです。
現地に行けば、頼りになるのは自分一人。そんな環境の中で、他の人とコミュニケーションをとったり発言せざるを得なくなるのです。
親御さんにとっては身を引き裂かれる思いかもしれませんが、子供は思っているほど子供ではないのです。親の心子知らずで、案外ケロッとして帰ってくるものです。
子供から大人になる段階として、発言力やコミュニケーション力を鍛えられる留学は、特に引っ込み思案なお子様には大変いい経験となることでしょう。

RSS リーダーで購読する

使えるようになるには無意識まで落としこまなければならない!

こんにちは!

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

毎日梅雨空が続いていて嫌ですね。:cry:

早く梅雨が明けて欲しいですが、この年になると30度以上の暑い日が続くのも辛い感じです・・。:neutral:

ほんとに気持ちいいすがすがしい日は少ないですね!

 さて、ほとんど英語を知らなかった中1の生徒たちが、大分英語ができるようになってきました。

一応Be動詞、一般動詞、三単現の区別もついてきました。

でも面白いことに、同じ教材の問題だとできるのですが、教材が変わるとまったく出来なくなる、という現象がみられます。

脳はある環境に中では識別できていますが、環境が変わるとまったく別物と判断するようです。

例えば、日本文を英語にする練習問題はできるのに、一見簡単に見える(  )埋めがまったくできなかったりします。

これは理解が不足しているのではなく、量が不足していることを示しています。

先日もあるお母さんから、「子供がもう判ったからbe動詞をやりたくない、と言っています。先へ進めて下さい」

というメールが入りました。

これは多分生徒ではなく、親御さんの意向だと思います。

一体日本語は同じレベルの同じことをどれだけたくさんやるでしょうか。:!:

だから日本語は忘れず、どんな状況でも使えます。

幼児の時は何度も同じことをあきもせずに繰り返えしていたお母さんが、

小学校に入って学校できちんと文字を習い、算数で「数」を習い始めると、

途端に子供の「分かる、分からない、」について誤解してしまうようです。

それは、先生もご両親も「習ったんだから分かるはず」と思い込んでしまうということです。

ところがどうして、一度習ったものが他のどんな場合でも使えるようになるためには本当にたくさんの、

気が遠くなるような量が必要です。

理屈が分かったらよいのではなく、たくさん経験してもう一度理屈が消えて意識せずに使えるまで

落としこまなければなりません。

理屈だけで満足しているようでは大きく知力をつけることはできません。

かつてとても優秀な生徒がいました。

彼は生徒会長をし、部活の部長をし、それでも常に一番でした。友達はみんな「彼は天才だ、」と云いましたが、

彼がある時、日曜日にはボールペンがすぐになくなる、というのを聞いたことがあります。

そうなのです。:idea:

周りはまるで彼は全く勉強しないで出来るように思っていましたが、実は誰も知らないところで、

彼は他の誰よりもたくさん勉強していたのです。

たくさんの宿題をきちんとしてきて、教材は誰よりも進んでいました。

理解が人より早くても、それだけではすぐに消えてしまいます。

理解したものを繰り返して、繰り返して、初めて本当の知識となります。

彼は優秀だからそれを知っていたのでしょう。

ほとんど間違わない宿題をもくもくとやっていました。

今、英語が分かってきた中1のみなさん、文法をほとんど間違えないからと言って、

どんどん先へ行ってしまわないよう、量をたくさんやりましょう。:!:

文法自体の先取りよりも、たくさんの英語を聴いて、読んで、訳して、出来れば暗記したいところでです。

今分かってきた英語が使えるものになるために、文法問題をたくさんやって、

そしてたくさんの本当の英語に接して下さい!:razz:

 

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2010-07

カレンダー
« 7 月 2010 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る