ホーム > アーカイブ > 2009-08-24

2009-08-24

外国語の文法は200回当たらなければ使えない!

ウザワシステム教育研究所  の鵜沢 戸久子です。

確かドイツ語の大家の先生の本だったと思うのですが、

生徒達が中々文法を習得しなくて悩んでいた時に、

この見出しのような言葉が目に飛び込んできました。

そうだよね、:neutral:とひどく納得しました。

日本語だって生まれてから死ぬまでに”おはよう”と何十回、何百回言っているから、

無意識にでも朝になれば”おはよう”と言える。

それからは生徒達にもこの言葉を伝えて励ます一方で、

何度も何度も文法を繰り返すことができるカリキュラムを作っています。

文法自体の勉強として、3単現から仮定法まで、

中1から高3までレベルを上げつつ螺旋的に10回繰り返し

同時にたくさんの訳、英作、自由なライティングの中で、

間違える度に文法に返っていますから、

多分ウザワの生徒たちは中高6年間で、それぞれの文法事項に優に200回は当たっているでしょう:shock:

それでやっと、「ウザワの生徒は文法はできる」と評価され、

留学した生徒たちが現地の友だちに文法を教えることができるまでになります。

但し文法学習には一つの問題があります。

人間は感覚的には万人が言葉を習得しますが、体系的な言語習得となると、

多分、数学が得意な人と同じくらいの人しか習得できない、という一面があります。

どの層まで文法をきちんと習得させることが出来るのか、これは難しい問題です。

結局モノゴトを理屈で会得するには、本人の自由意志が欠かせません。

教師を含む他人が、会得への道を9割まで連れて行くことはできます。

でも最後にゴールインすること、最終的に「わかる」という行為は本人の脳しかできません。:cry:

いかにゴールインさせるか、これは教師にとって最大にチャレンジです。:!:

 
 英語が初めてという方から帰国子女までどんな方でも高い英語力がつく!ウザワシステム

 ウザワシステムは楽な努力で誰でも高いレベルの英語をモノにすることができる、
 今まで誰も思いもつかなかった斬新な方法です。
英語に自信のある人はどんどん高い英語力がつくので満足するでしょう。
英語が苦手な人はいつの間にか英語が一番得意で好きな科目になっていて驚くでしょう。

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
渋谷区・新宿区をはじめ、都内どこからでも通えます!

英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2009-08-24

カレンダー
« 8 月 2009 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る