ホーム > アーカイブ > 2009-07-06

2009-07-06

音を聞くのも難しいけれど効果的に聴くのも難しい

こんにちは。

ウザワシステム教育研究所 代表の鵜沢 戸久子です。:razz:

 

小学生のクラスにしては珍しく、CDが余りかかっていない生徒が多くて、

講師が苦労しているクラスがあります。:sad:

何か力になるかと授業に出てみました。

たしかに皆どこか英語的でない読み方をしています。

何度も、何度も、声が枯れるほど、一人一人と一緒に読んで、

英語の発音やリズムを取り戻させようと試みました。

或る程度の改善はありましたが、これでは日本的英語勉強法になってしまうという危機感を覚え、

子供たちに一生懸命話しました。:shock:

「普通の日本人の脳には日本語を使う場所しかない、

でもみんなの脳には日本語のほかに英語を使う場所ができている、

でもCDをかけないとそこがどんどん衰えて使えなくなるよ、」と。

みんな神妙に聴いていましたが、大変よくできる、

しかし発音が今一つ英語的でない生徒が「聞きながら言わなくてもいいんですか?」

と質問してきました!:shock:

まったくびっくりして「聴きながら声を出して読んでいたの!?」と聴きましたら、

そうだ、という答えです。

すると他の生徒達も「えぇ、一緒に言わなくていいの?」と言うではありませんか!!

このクラスがどこか変なのは、いつか講師の言葉を誤解して、

CDを聞きながらちゃんと言わなくてはいけない、と思い込んだようなのです。:shock:

講師の言動は本当に重要です!

これでこのクラスの謎が解けました。

CDを聴きながら読んでしまうと、結局CDの英語ではなく自分の発音しか聞こえず、

従って発音やイントネーションの改良はできません。

いつまでも日本語の領野を使って英語を使うことになります。

大人や高校生ではよくあるので、講師もとても気をつけますが、

まさか小学生のクラスであるとは思いませんでした!:roll:

「聴く時は聴くだけ、読みたかったらそれから読みなさい、でも読まなくていい」

と言いましたらみんな明るい顔になりました。:oops:

子供にとって難しいハリー・ポッターのCDをテキストを見ながら

一緒に読んでCDを聞くことはとても大変で、だから聴かなかったのでしょう。

来週が楽しみです。きっと一気に英語的になるでしょう。

もしテープと一緒に読んでいる方がいらしたらそれはすぐ止めた方がいいと思います。

読みたかったらテープをとめてから読んでください。

そうしないとよくある例で、何年テープを聴いていても結局は日本語で終わります。

  
英語が初めてという方から帰国子女までどんな方でも高い英語力がつく!ウザワシステム

ウザワシステムは楽な努力で誰でも高いレベルの英語をモノにすることができる、
今まで誰も思いもつかなかった斬新な方法です。
英語に自信のある人はどんどん高い英語力がつくので満足するでしょう。
英語が苦手な人はいつの間にか英語が一番得意で好きな科目になっていて驚くでしょう。

小学生中学生高校生ウザワシステム英語英会話教室
各コースに分かれた教育方法です。

                  HP:お問い合わせ
               
英検対策はこちら!
HP:小学生も合格!英検対策NAVI

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2009-07-06

カレンダー
« 7 月 2009 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る